ボクシング観戦記(日本人編)

明暗を分けた日本選手の海外試合 木村翔&小原佳太

木村翔(青木)VSウィチャー・プライカオ(タイ)

OPBFフライ級シルバー王座決定戦(2019年3月30日、IN 中国・上海)

木村は、21戦17勝10KO2敗2分け、30歳。WBO6位。

昨年9月に田中恒成と大激戦を展開し、惜しくも判定負けで、WBOタイトルを失い、これが再起戦となります。

プライカオは、72戦60勝24KO10敗2分け、37歳。

リングネームは、ビグミー・ゴーキャットジム。日本選手とは加納陸、坂本真宏と対戦し、いずれも敗れています。

プライカオは、前日計量で1,2キロの体重オーバーで失格。当日56キロの制限をなんとかパスして、試合は予定通り行われました。

木村翔 3RTKO ウイチャー・プライカオ

中国で人気者の木村が、序盤から優位に試合を展開し、3ラウンドに3度のダウンを奪って快勝しました。

ちなみに、同じリングに登場し、世界ランカーにと対戦した2選手の結果は以下の通りです。

山内涼太(角海老宝石)VSウラン・トロハツ(中国)

WBAインターナショナル・フライ級王座決定

同じ日に登場し、世界ランカーのトロハツと対戦した山内(4戦全勝4KO、24歳)は、ダウンの応酬の末、惜しくも判定で敗れたようです。

今野裕介(角海老宝石)VSバイシャンボ・ナスイウラ(中国)

WBAアジア・Sライト級タイトルマッチ

初回にダウンを奪った今野(18戦14勝7KO4敗、34歳)が、世界ランカーのナスイウラにKO勝ちしたようですよ!

小原佳太(三迫)VS クドラティーリョ・アブドカクロフ (ウズベキスタン)

IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦(2019年3月30日・IN アメリカ・フィラデルフィア)

小原は、24戦19勝17KO3敗1分け、32歳。IBF5位。

2016年にIBF世界S・ライト級タイトルに挑戦し、エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)に2RTKO負けして、タイトル獲得に失敗しています。

アブドカクロフは、16戦全勝9KO、25歳。IBF4位。

地力の差

豊富なアマチュア経験を持つアブドカクロフが、回を追うごとに地力の差を見せ、小原も何とか最終ラウンドまで粘りましたが、判定で敗れました。

0-3(113-115、110-118、111-117)

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)