「わしボク」が気になる海外4月のカード ワシル・ロマチェンコ&ハイメ・ムンギア&ピーター・クイリン&テオフィモ・ロペス

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSアンソニー・クロラ(イギリス)

WBAスーパー・WBO世界ライト級タイトルマッチ(2019年4月12日)

ロマチェンコは、13戦12勝9KO、1敗。31歳のサウスポー。

クロラは、43戦34勝13KO6敗3分け、32歳。

両者に共通の対戦相手は、ホルヘ・リナレスです。ロマチェンコはプロ初のダウンを奪われながらも、最後はTKO勝ち。クロラは、2回戦って2度とも判定負けしています。

ただ、ロマチェンコはライト級に階級を上げてから、やや不本意な試合が続いています。PFPでは圧倒的な1位でしたが、「わしボク」は1月のランキングで3位に下げました。やはり、ライト級ではロマチェンコらしさが半減しているように思います。

クロラは、全く危険のない安全な相手ですね。この試合で「ロマチェンコ勝ち」出来なかったら、さっさとライト級は諦めて、S・フェザー級に戻るべきです。

ハイメ・ムンギア(メキシコ)VSデニス・ホーガン(アイルランド)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2019年4月13日)

ムンギアは、32戦全勝26KO、22歳。

ホーガンは、30戦28勝7KO1敗1分け、34歳。WBO1位。

ムンギアはホントに精力的に防衛戦を行いっていますね。今年の1月26日に井上岳志に判定勝ちして2度目の防衛を果たしたばっかりですよ。大差の判定勝ちでしたが、井上の右に対して無防備だったのが気になります。点差ほど楽な試合ではなかったと思います。

ホーガンは、戦績を見る限り、怖いパンチはなさそうですね。2017年に野中悠樹に大差の判定で勝っています。

やっぱり、ムンギアらしい豪快なKOを見たいですね。でもこういうパンチ力のない選手に、意外と苦戦しそうな気がします。攻めあぐむムンギアの姿が浮かんできます。

ピーター・クイリン(アメリカ)VSケイレブ・トゥルーアックス(アメリカ)

S・ミドル級10回戦(2019年4月13日)

クイリンは、34戦32勝23KO1敗1分け、35歳。IBF4位。

トゥルーアックスは、36戦30勝19KO4敗2分け、35歳。WBC4位、IBF5位。

トゥルーアックスは、ジェームス・デケイルに番狂わせで勝って一気に名前を上げましたが、再戦を含め、とても褒められた試合内容ではありません。→(再戦)https://www.boxing-blog.com/entry/20180607

クイリンが、1R衝撃のTKO負けを喫したダニエル・ジェイコブスとも対戦しています。2015年4月に12TKO負けを喫しています。クイリンは、2015年12月でした。

クイリンがレスラーのようなトゥルーアックスに苦戦するようですと、そろそろ年貢の納め時かもしれませんね。

テオフィモ・ロペス(アメリカ)VSエディス・タトリ(フィンランド)

ライト級10回戦(2019年4月20日)

ロペスは、12戦全勝9KO、21歳。WBC5位、WBA4位、IBF9位、WBO5位。

タトリは、33戦31勝10KO2敗、31歳。WBC10位、IBF3位、WBO3位。

この試合は、テレンス・クロフォードVSアミール・カーンのアンダーカードとして行われます。

ロペスは、ライト級大注目のホープです。ランキング上位のタトリをあっさり倒すようですと、年内にも世界戦が実現するかもしれませんね。

No tags for this post.

2 Comments

団長

わしボクさん、
4月の注目試合、何か抜けているような気がずっとしていたのですが、テテvsドネアでした! 井上選手の対戦相手が決まる試合ですのでしっかり見届けたいと思います。 心情的にはドネアに勝ってほしい。しかも圧勝で。 

返信する
わしボク

団長さん、残念ですけど、今のドネアの実力ではテテに勝てないと思いますよ。
恐らく、勝ちに徹したテテがかみ合わないボクシングを展開し、凡戦を制すると予想しています。
でも、ドネアがテテをなぎ倒すシーンを見てみたいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)