12月「わしボク」注目の海外ファイト ディオンテイ・ワイルダー&ワシル・ロマチェンコ

ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSタイソン・フューリー(イギリス)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2018年12月1日)

12月2日12時からWOWOWで生中継

ワイルダーは、40戦全勝39KO、33歳。

前回の防衛戦では、ルイス・オルティスにストップ寸前まで追い込まれ、薄氷を踏む防衛戦となりました。

速報)ディオンテイ・ワイルダー 過去最強の挑戦者を迎える VSルイス・オルティス WBC世界ヘビー級タイトルマッチ 大苦戦の末、10RTKO勝ちで防衛成功

フューリーは、27戦全勝18KO、30歳。WBC3位。

2015年11月にウラジミール・クリチコを判定に下し、長年続いたクリチコ時代に終止符を打ちましたが、その後がいただけません。

退屈なヘビー級タイトル戦 クリチコVSフューリー&ポペトキン

病気や薬物などで、もう完全に引退状態になっていましたが、今年の6月に、2年7か月ぶりに復帰戦を行い、8月にも試合を行い2連勝で世界戦線に返り咲いています。

さすがのワイルダーも倒せないか

まず、直近の試合でのサイズを比較してみましょう。

       身長   リーチ   体重

ワイルダー  201㎝  211㎝   97,5キロ

フューリー  206㎝  216㎝   117キロ

ワイルダーが、これだけデカい相手と対戦するのは、初めてかもしれませんね。身長、リーチで5㎝上回り、なんといっても体重の差。いくらヘビー級でも、20キロの差はかなり大きいでしょう。

フューリーが、クリチコと対戦した頃の状態にどこまで戻っているか、がポイントになりますね。

いずれにしても、ワイルダーがこの巨漢を倒すのは至難の業ですよ。フューリーは、巨漢の割に体が柔らかくディフェンス勘がいいですから、そう簡単にワイルダーの強打をまともにもらうとはないでしょう。

ただ、フューリーのパンチで、ワイルダーが倒れることも考えられません。

12ラウンド、噛み合わない凡戦も覚悟しなければなりませんね。

でも、ワイルダーがフューリーをぶっ倒すところが、どうしても見たい!

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSホセ・ペドラサ(プエルトリコ)

WBA・WBO世界ライト級王座統一戦(2018年12月8日)

12月9日12時からWOWOWで生中継

ロマチェンコは、12戦11勝9KO1敗、30歳。サウスポー。WBAスーパー王者。

ご存知、PFP1位のスーパースターです。リナレスにダウンを奪われた時は驚きましたが、最後はしっかり倒してその強さを再認識しました。

ホルヘ・リナレス戦で痛めた肩の手術で、8月に予定されていたこの試合が、12月に延期となっています。

ペドラサは、26戦25勝12KO1敗、29歳。WBO王者。

ご存知「こんにゃくボクサー」です。

レイムンド・ベルトランが「こんにゃく」にダウンを奪われる完敗で初防衛失敗 VSホセ・ペドラサ

いまやS・フェザー級最強のジャーボンテイ・デービスには、いいところなく7Rにストップされ、IBF世界S・フェザー級タイトルを失っています。これが唯一の1敗です。

ロマチェンコの仕上がり具合だけ

ペドラサがロマチェンコに勝っているのは、179㎝のリーチだけでしょう。その差13㎝。

ロマチェンコにとって一番気になるのは、手術後、どこまで本来のロマチェンコに戻っているか、ということだけでしょうね。

万全な状態であれば、あとはこの「こんにゃく」を後半以降に追いつめて、「ロマチェンコ勝ち」に持ち込むと思われます。

デービスが7Rにストップしていますから、ロマチェンコも中盤にはギブアップさせてほしいですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)