こんにゃくボクサー、ホセ・ペドロサがライト級で再浮上 VSアントニオ・モラン

アントニオ・モラン(メキシコ)VSホセ・ペドロサ(プエルトリコ)

WBO中南米ライト級タイトルマッチ(2018年6月9日)

(出典:WOWOW)

チャンピオンのモランは、24戦22勝15KO2敗、25歳。WBO5位。

現在、3連続KO勝利中です。

ペドロサは、ジャーボンテイ・デービスに7RTKO負けで、IBF世界S・フェザー級タイトルを失ってから、これが再起第2戦となります。

ワシル・ロマチェンコに強敵現る! IBF新王者ジャーボンテイ・デービス VSホセ・ペドロサ

24戦23勝12KO1敗、29歳。

WBO5位のチャンピオンに勝って、再浮上を狙っています。

パワー対こんにゃく

チャンピオンのモランは183㎝の長身で、恵まれた体型をしています。

スピードはないものの、パンチはパワフルです。

ペドロサはそのパワーに、スピードとこんにゃくのようなボディワークで対抗し、モランの打ち終わりを狙ってパンチをヒットします。

2ラウンドには、モランのパンチを見切った感じで、ペースをつかみかけます。

しかし、3ラウンドは、モランが前に出るペドロサをパワーでねじ伏せにかかります。

ロープに詰めてペドロサに連打を浴びせ、ペースを引き寄せます。

4ラウンドは完全にモランがパワーで圧倒しますが、ペドロサもこんにゃくのようなボディワークで、クリーンヒットを許しません。

打ち終わりにカウンターを返しますが、流れはモランに傾きかけます。

モランが後半失速

モランのパンチは大振りで、パワーはあるものの、当て勘が悪く、スタミナのロスも大きいようですね。

5ラウンドあたりから、手数が減り、6ラウンドにはペドロサが完全に距離を支配した感じです。

7ラウンドにペースを取り戻そうと、プレッシャーをかけて前に出るモランに、ペドロサのボディブローがヒットし、モランの動きが止まります。

ただ、ペドロサも少し余裕を持ちすぎたのか、モランの時折放つ右ストレートの打ち下ろしを不用意にもらいます。

ペドロサがサウスポーにスイッチ

時折サウスポーにスイッチしていたペドロサが、8ラウンドから完全にサウスポースタイルで戦います。

解説の西岡利晃さんが「モランの右をもらわないように、左にスイッチ下のかもしれませんね」と言ったように、モランの右が遠くなり、逆にペドロサの左ストレートが再三ヒットするようになります。

ペドロサのボディブローもかなり効いているようで、モランの動きが悪くなってきた感じです。

モランはどうやらサウスポーが苦手のようで、何とかペースを取り戻そうと、前に出るものの手が出ません。

完全に攻めあぐねているようです。

ペドロサは、その隙をついて、ポンポンとパンチを当て、ペースを譲りません。

パンチの当て勘と、スキルでは完全にペドロサに軍配が上がりますね。

 

判定はジャッジ3者とも96-94と、意外に僅差でしたが、ペドロサの明確な勝利でした。

これで、「こんにゃく」ペドロサは、WBO14位から2位に浮上。8月25日に、WBOチャンピオンのレイムンド・ベルトランに挑戦することが決まっています。

ベルトランといえば、2015年に粟生隆寛とWBO世界ライト級タイトルマッチを行い、体重超過でタイトルは剥奪されたものの、2RTKO勝ちしています。しかし、その後薬物陽性反応で、無効試合になっています。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)