パッキャオに勝った男「ジェフ・ホーン」がなすすべなしの完敗 VSテレンス・クロフォード

ジェフ・ホーン(オーストラリア)VSテレンス・クロフォード(アメリカ)

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2018年6月9日)

ホーンは、19戦18勝12KO1分け、30歳。

世界的には全く無名だったホーンは、昨年7月にパッキャオに勝って、一躍スターダムにのし上がりました。

パッキャオもまさか負けるとは思わなかったでしょうね。

昨年12月には、無事に初防衛にも成功していますが、魅力的なボクサーとはお世辞にも言えません。

名前だけが先行するホーンの初防衛戦 ↓

パッキャオに勝って、一躍有名人になったジェフ・ホーンだけど、やっぱりつまらんボクサーだった Vゲイリー・コーコラン

クロフォードは、32戦全勝23KO、30歳。元来スイッチヒッターですが、最近の試合ではほとんどサウスポースタイルで戦っています。WBO1位。前4団体統一世界S・ライト級チャンピオン。

言わずと知れたPFP(パウンド・フォー・パウンド)の常連ですね。ロマチェンコやゴロフキンとトップを争う、こちらは正真正銘の「スーパースター」です。

9月に第8回を発表する予定です「わしボクPFP」  ↓

現役世界最強ボクサーは誰だ!(第7回)わしボクが選ぶPFP(パウンド・フォー・パウンド)2018年6月

パワーだけは勝っている?ホーン

リング上で両者が対峙すると、やはりライト級から上がってきたクロフォードは一回り小さく見えますね。

ホーンとしては、パワーで勝負するしかないでしょう。

前に出てプレッシャーをかけ、クロフォードを追いつめます。

しかし、いきなりクロフォードの左のカウンターがホーンの顎をとらえ、ホーンが大きく体勢を崩します。

ホーンの圧力に、クロフォードはやや押され気味ながらも、しっかりホーンのパンチを外し左右のカウンターをヒットします。

序盤でホーンのパンチを見切る

ホーンがプレッシャーをかけ、突っ込むとクロフォードのカウンターが待っています。右フックは絶妙のタイミングで放ちます。

止まると、ノーモーションの左ストレートが飛んできます。

2ラウンドの時点でクロフォードは、距離とホーンのパンチを完全に見切ったようですね。

こうなったらもう、ホーンはなす術がありません。ホーンに残された武器は「頭」ぐらいですね。

クロフォードのすごさは、頭から突っ込んでくるホーンの「頭」もしっかりディフェンスしているところです。

ホーンはサンドバッグ状態

6ラウンドには身体を振って前進するホーンに、クロフォードが珍しくロープに詰まりますが、ロープ際で放つクロフォードのパンチがホーンをとらえ、ホーンのパンチは空を切るばかりです。

せっかくのホーンの工夫も、クロフォードには全く通用しません。

さらにクロフォードのボディブローがカウンターでヒットすると、ホーンの動きが鈍くなります。

ホーンの前進力が弱まると、今度はクロフォードが前に出て、あらゆるパンチを浴びせ、正にサンドバッグ状態。

もう、いつ倒れてもおかしくない展開ですが、ホーンは打たれ強いですね。

試合後半は、ほとんどクロフォードのやりたい放題です。

これだけ打たれたら

8ラウンド後半から、またもやクロフォードの連打にさらされ、ラウンド終盤には、ホーンがダウン寸前に追い込まれます。

9ラウンド。当然、クロフォードが倒しに行きます。

ホーンは前に出ることで応戦しますが、クロフォードの正確なパンチがホーンを狙い撃ちします。

これでもかというほど、パンチを浴びせたクロフォードが、ラウンド後半、左フックでホーンをロープ際まで下がらせ、さらに左フックがテンプルをとらえると、ホーンはようやくダウン。

(左フックでホーンをロープ際に詰め、さらに左フックがテンプルをとらえるとようやくホーンはダウン)

しかし、しぶといですね。ホーンは立ってきましたよ。

さすがのクロフォードもパンチがやや雑になってきた感じですが、左フックがホーンの顎をとらえると、ロープまで下がり、防戦一方になったところで、レフリーがストップしました。

(左フックがホーンの顎にヒットし、ロープに下がり防戦一方になったところでレフリーがストップ)

9RTKO勝ちで、クロフォードが3階級制覇に成功しました。

クロフォードのボクシングは完璧ですね。非の打ちどころがありません。これだけ欠点の少ないボクサーも少ないでしょう。

無理やり問題点を見つけるとしたら、やはり体格でしょうね。ホーンに粘られたのもそこに原因があるような気がします。

エロール・スペンスとの対決が楽しみですね~。

ちなみに、ウェルター級の「わしボク」ランキング

1位 テレンス・クロフォード

2位 エロール・スペンス

3位 ショーン・ポーター

4位 マニー・パッキャオ

5位 キース・サーマン

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)