セルゲイ・コバレフがイギリスのホープに薄氷を踏むTKO勝ち。次はカネロ・アルバレス? VSアンソニー・ヤード

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSアンソニー・ヤード(イギリス)

(出典:WOWOW)

WBO世界Lヘビー級タイトルマッチ(2019年8発24日)

コバレフは、37戦33勝28KO3敗1分け、36歳。3度目の防衛戦。

Lヘビー級の四天王の一人ですが、最近ややその破壊力に陰りが見えてきました。

ヤードは、18戦全勝17KO、28歳。WBO1位。

イギリス期待のホープです。KO率94%、16連続KO勝利中と、コバレフにとってはかなり危険な相手ですね。

試合経過)

1R)ジャブの差し合い

ヤードの背中の筋肉は、パワーがありそうですね。

まずは左ジャブの差し合いです。コバレフが左ジャブを突いて、じわじわと前に出ます。ヤードはL字ガードから右オーバーハンドを放ちます。コバレフが接近すると、ヤードは速い左フックを放ちます。

2R)手数ではコバレフ、スピードではヤード

コバレフが左ジャブを突いて、じわじわと前に出ます。コバレフが距離を詰めると、ヤードは左ジャブから左フックを返します。

3R)コバレフの左ジャブが増える

コバレフは左ジャブを多用します。ヤードは接近すると左右のフックを放ちます。コバレフが左ジャブを突いて、前に出ます。ヤードは落ち着いて、コバレフの動きをよく見ています。

4R)コバレフの手数が増える

ヤードはフリッカー気味の左ジャブを放ちます。コバレフも、前に出てワンツーを少し強めに打ちこみます。コバレフの手数が増えてきました。ヤードは相変わらず手数が少ないですね。

5R)コバレフのペースに

前に出るルコバレフに、ヤードはワンツーを放って、押し返します。

ラウンド中盤、コバレフの左ストレートが、きれいにヤードの顎をとらえました。この回はコバレフの左ジャブも、結構ヒットするようになってきました。ややコバレフのペースになってきた感じです。ヤードのパンチは、コバレフのボディワークで、空を切る場面が目立ちます。

6R)コバレフがペースを握る

コバレフの左ジャブは結構、ヤードの顔面をとらえていますね。対するヤードのパンチは、コバレフのボディワークに阻まれ、ほとんどヒットしません。完全にコバレフがペースをつかんだ感じです。ヤードのパンチは、スピードはありますが、当て勘が悪いですね。

7R)ヤードがボディブローで反撃

ヤードがペースを取り戻そうと、前に出てきました。コバレフは相変わらず、左ジャブをしっかり打って、ペースを譲りません。

中盤から、ヤードが前に出て、ボディへパンチを集めてきました。2分過ぎに、ヤードの左フックがコバレフのわき腹をきれいにとらえました。ヤードのボディブローで、コバレフが下がり出しました。コバレフは、結構が効いているようです。やや動きが悪くなってきました。

8R)コバレフ大ピンチ

ヤードが出てきました。コバレフの左ジャブでは止まりません。そして、ヤードの左ボディがヒット。さらにヤードの左ボディブローが、アッパー気味にコバレフのストマックをとらえました。コバレフは苦しくなりましたね。ヤードは強引に前に出て、顔面へのパンチも当たり出しました。

そして2分過ぎ、ヤードの右ダブルが、コバレフの顔面からボディをとらえます。ここから、ヤードの連打をまともにもらい、コバレフは大ピンチです。かなり効いていますね。必死でクリンチして逃れます。ダウン寸前に陥りますが、ヤードも打ち疲れて、仕留めきれません。

9R)ヤードが失速

ダメージの残るコバレフに対して、やや打ち疲れたヤード。コバレフは左ジャブを突いて、何とか立て直そうとしています。ヤードは前に出ますが、手が出ていません。コバレフは下がりながらも、結構パンチをヒットしています。

ヤードは大きく口をあけ、かなり疲れた表情をしています。コバレフは軽いパンチで、少しずつダメージの回復をはかります。そして、残り1分、コバレフのワンツーがヒットし、今度はヤードが苦しくなります。コバレフは、軽いパンチをポンポンヒットさせ、完全にペースを取り戻しましたね。

10R)今度はヤードが大ピンチ

コバレフが左ジャブを突いて、右オーバーハンドをたたきつけます。コバレフの動きは見違えるようによくなりました。ヤードは完全に失速。前に出てもパンチが出ません。

中盤、コバレフが細かいパンチでヤードを追いつめます。2分過ぎ、コバレフの強めのワンツーがヤードをとらえ、ヤードが大きく体勢を崩します。ヤードはもう反撃のパワーが残ってないですね。コバレフは、休憩しながら、じっくり攻めます。そして、ラウンド終盤、コバレフがヤードをコナーに詰め連打を浴びせます。

11R)力尽きたヤード

ヤードが最後の力を振り絞って、前に出ますが、そのパンチに力がありません。うまく休んだコバレフが、反撃に転じ、軽いパンチを上下に打ち込みます。スタミナを温存させながら、うまく攻めています。

そして、残り1分。コバレフの左ストレートがヤードを顔面をとらえ、ついにヤードがダウン。力尽きたようなダウンでしたね。立てないと判断したレフリーが試合をストップしました。

コバレフが11RTKO勝ち。いや~苦しい苦しい防衛戦でしたね。

次は、サウル・カネロ・アルバレスという噂ですが、今日のコバレフはかなりダメージ負っているでしょうから、半年以上は休まないと無理でしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)