コンゴ共和国のイルンガ・マカブが強打者対決を制する VSアレクセイ・パピン

イルンガ・マカブ(コンゴ共和国)VSアレクセイ・パピン(ロシア)

(出典:WOWOW)

WBCシルバークルーザー悠タイトルマッチ(2019年8月24日)

マカブは、27戦25勝24KO2敗、31歳のサウスポー。WBC1位。

コンゴは正確には、コンゴ民主共和国と言います。その首都、キンシャサといえば、モハメッド・アリVSジョージ・フォアマンの「キンシャサの奇跡」を思い出しますね。

パピンは、11戦全勝10KO、31歳。IBF14位。

キックボクシング出身で、なかなかの実績を残しているようです。

KO必死のハードパンチャー対決ですね。どちらもKO率90%ですから、当たれば間違いなく倒れるでしょう。

試合経過)

序盤はマカブが手数で上回る

パピンは、がっしりした体格をしていますが、なんだか体が硬そうな感じがします。

序盤からもっとガンガン打ち合うのかと思いましたが、意外と静かな立ち上がりで、試合が動いたのは3ラウンドです。マカブが積極的にパンチを繰り出し、前に出てプレッシャーをかけます。4ラウンドは、マカブが距離を詰めて、ボディブローを積極的に打って出ます。

7ラウンドにマカブのボディブローが効いた

5ラウンドも前に出て、積極的にパンチを放つのはマカブです。パピンも下がりながらカウンターを放ちますが、少しずつ押され気味になっていきます。

そして、7ラウンドにマカブのボディブローがカウンター気味にヒットし、パピンの動きがおかしくなります。8ラウンドはボディが完全に効いたパピンがダウンすますが、これはスリップの裁定。しかし、ダメージはかなりありそうです。

ところが、パピンの左アッパーがカウンター気味にヒットすると、今度はマカブの動きがおかしくなります。ただ、パピンもダメージが回復していないのか、追撃できません。

終盤は消耗戦

前に出るのはマカブですが、前半ほどの勢いはありません。パピンも必死に応戦しますが、手数ではマカブが上回ります。いいパンチが決まれば、どちらが倒れてもおかしくない展開です。

それでも、前に出て先に手を出すのはマカブです。パピンはどうしても後手に回ってしまいます。パピンが連打を畳みかけても、必ずマカブが倍以上のパンチを返してきます。

11ラウンド終盤は、マカブのアッパーで、パピンがダウン寸前に追い込まれます。そして、最終ラウンド終盤に、マカブの連打から左ストレートでついにパピンがダウンしました。

立ち上がったパピンが、今度は反撃に転じます。最後はヨレヨレになったマカブでしたが、何とかゴングに救われました。

判定は2-0(113-113、115-113、115-113)でマカブがタイトルを防衛しました。引き分けはないでしょうね。マカブの勝利は明白です。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)