ファン・カルロス・パヤノが、悪童ルイス・ネリと対戦。善戦及ばず、9R強烈な左ボディブローに沈む

ルイス・ネリ(メキシコ)VSファン・カルロス・パヤノ(メキシコ)

(出典:WOWOW)

WBCシルバー王座決定戦12回戦(2019年7月20日)

ネリは。29戦全勝23KO、24歳のサウスポー。WBC1位。

薬物と体重超過で山中に反則勝ちした、日本のボクシングファンにとっては、不愉快極まりないボクサーです。

パヤノは、22戦20勝9KO2敗、35歳のサウスポー。WBC6位。

井上尚弥に70秒でKO負けしたことで、不名誉な有名人となっていますね。その後2019年3月にダミアン・バスケスに判定勝ちして再起戦を飾っています。

1R)

前半強い(解説の浜田さん:談)ネリですが、初回はまだ様子見といった感じで、前に出ますが、それほど手は出してません。下がりながらもワンツーを放つ、パヤノの方が手数は多いですね。

2R)

序盤は、パヤノが上手く距離をとって、ネリの強打を外しています。ネリは前に出ますが、止まるとパヤノが軽いワンツーを放ち、手数で上回ってます。終盤、ネリが強引にパンチを打ちこみますが、パヤノは下がりながらクリンチで回避します。

3R)

序盤、パヤノが積極的に打って出ます。ネリはなんとか捕まえようと、じりじりと前に出ますが、パヤノが先にパンチを放ち、速いフットワークで、パヤノの追撃をかわします。手数ではパヤノが優っています。

4R)

ネリが少し強めに出てきました。しかし、パヤノも回転の速い連打で応戦します。ネリが手を休めると、すかさずパヤノがパンチを放ちます。パヤノはなかなかうまく戦っていますね。しかし、終盤、ネリがパワーに任せて、大きなパンチを強振してパヤノを追いつめます。

5R)

ネリが前に出てパヤノを追いつめますが、パヤノも負けずに応戦します。お互いかなり危ない距離でパンチが交錯します。しかし、パヤノの距離の取り方はうまいですね。ネリのパンチはまだ距離が合っていない感じです。ラウンド後半は、じわじわとネリが前に出て、パヤノが押され気味になってきました。

6R)

パヤノに比べると、ネリはまだ、かなり余裕が感じられます。パヤノは必死に手数で応戦しますが、ネリのプレッシャーに押されてきました。そして、ネリの恐いパンチが飛んできます。それでも、パヤノはロープに詰まると勇敢に打ち合います。パヤノはネリが打つ前に先にパンチを放ち、ネリは少してこずっている感じですね。

7R)

ネリは前に出てプレッシャーをかけますが、先に手を出すパヤノに、なかなか強いパンチを打ちこめません。しかし、ラウンド中盤、ネリのパンチがようやくヒットし、パヤノを追いつめます。パヤノはクリンチで追撃を回避。しかし、ネリはパワーがありますね。ネリが強いパンチを打ちこんで、ややパヤノはタジタジになってきました。

8R)

ネリのプレッシャーが強くなってきました。パヤノは右ジャブで何とか距離をとろうとしますが、ネリはお構いなしにパンチを振り回してきます。ネリのパンチがかなりクリーンヒットするようになってきましたね。パヤノも必死で応戦しますが、パンチ力が違います。

9R)

ネリがさらにプレッシャーを強めてきました。パヤノも右ジャブで応戦しますが、ネリはお構いなしに前に出てパンチを打ちこんできます。パヤノが下がりながら、懸命にワンツーを放ちますが、ネリは余裕を持ってパヤノを追いつめます。そして、1分30秒、ネリがコーナーに詰めて連打を畳み込み、左ボディブローがパヤノをとらえます。もみ合うようにして、パヤノがダウンしました。

(このボディブローをもらったら立てないでしょう)

かなり効いています。必死に立とうとしますが、パヤノは仰向けに倒れこんだところで、レフリーがカウントアウトしました。

やはり力の差は相当あったようです。ネリはじっくりと攻めて、最後に仕留めました。9RKO勝ちです。

ネリはやはりかなり強いですね。手数の多いパヤノにてこずった感じですが、終始余裕を持って戦っていたと思います。そして、チャンスが来れば一気に畳みかけるパワーは相当なものです。あの左ボディは強烈でしたね。WBC王者のノルダン・ウーバーリも、ネリとはやりたくないでしょう。やはり、井上尚弥にとっては一番危険なボクサーですね。

No tags for this post.

6 Comments

ネリの怖いとこは狙ったパンチでKOしてないとこだと思います
井上は狙って左ボディー、パヤノをKOしたパンチも狙ったワン・ツー。
井上は強弱を使い分けますよね。
ネリは振り回してたら当たってKO.ネリは連続して強打が打てるので、いつどれが当たるのかが分からない。もちろんネリもパヤノへのボディーは狙ってますけど、雑な一撃がたまたまクリーンヒットしただけのような気がします。

ま~でも井上のほうが精度が高いので先に強打が当たる確率は高いですけど。

返信する
わしボク

確かにjさんの言う通り、ネリのボクシングは雑ですね。
しかし、どれが当たるか分からないのも不気味ですよ。お互いのパンチが交錯した時にかなり危険な気がします。
それと、パヤノ戦はあまり本気で試合をしていない感じがしてなりません。ボクシングをなめてます。
何とか痛い目に合わせてみたいですね。

返信する
名無しの太郎さん

パヤノをKOしてるのに
>パヤノ戦はあまり本気で試合をしていない感じがしてなりません。
>ボクシングをなめてます。
という評価になるのは面白いです

井上は別格なので比較する必要はありませんが
ネリも山中からバトンを受け取った(奪い取った)身なので
いろいろありましたが、山中のためにもネリには勝ち続けてほしいです

返信する
わしボク

名無しの太郎さん、コメントありがとうございます。
ネリのボクシングには、悪意さえ感じられます。
しかし、こいつを倒すのは井上しかいないでしょうね。

返信する
怒りの王子

ネリの攻撃にはセオリーがないし、ディフェンスも出来るから井上兄弟もウーバーリもうかうかはしてられないでしょうね。

返信する
わしボク

怒りの王子さんの言う通り、ネリの攻撃は読みずらいですし、ディフェンスも巧みですね。
この試合でも、ほとんどまともにパンチをもらっていません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)