マニー・パッキャオがキース・サーマンに僅差の判定勝ち(2-1)(WBAスーパー世界ウェルター級タイトルマッチ)

キース・サーマン(アメリカ)VSマニー・パッキャオ(フィリピン)

(出典:WOWOW)

WBAスーパー世界ウェルター級タイトルマッチ・2019年7月21日)

サーマンは、30戦29勝22KO、1NC、30歳。WBAスーパーチャンピオン。

右ひじを傷めてからの復帰戦でホセシト・ロペスに大苦戦。全盛期のサーマンにはまだまだ程遠い状態ですね。

パッキャオは、70戦61勝39KO7敗2分け、40歳。WBA正規王者です。

パッキャオは、ネームバリューがあって、勝てそうな相手を探す天才ですね。エロール・スペンスを選ばないところが、パッキャオの小ずるさでしょう。

「わしボク」の勝手な予想

サーマンがどこまで全盛期の状態に戻っているか、それが勝敗のキーポイントでしょうね。サーマンはウェルター級としては、パワー不足です。そこをスピードとパンチのキレでカバーしてきたと思います。パワーならパッキャオでしょう。パッキャオのパワフルなステップインに、サーマンがスピードで対応できれば、サーマンの早い回でのKOも期待できます。

しかし、パッキャオのパワーに押されて、本来のスピードもパンチのキレも殺されてしまうと、苦しい展開になるでしょうね。パッキャオはやみくもにパンチを放つだけで、決して当て勘はよくなりません。サーマンが押され気味になっても、倒されることはないでしょう。「わしボク」個人的には、サーマンのカウンターでパッキャオに引導を渡しほしいと思っています。

残念ながら、どちらが勝つにしても、煮え切らない判定決着になるでしょう。

試合経過)

「わしボク」が注目しているのは、メインの凡戦ではなく、アンダーカードのルイス・ネリVSファン・カルロス・パヤノです。しかし、また練りがやらかしましたね。2度目の計量で何とかクリアしたようですが、ホントに懲りないやつです。それでもどうやら、ネリが9RにKO勝ちしたようです。朝10時頃からの試合でしたが、録画でもいいから見たかったですね。

1R)

サーマンの動きはいいですね。パッキャオはサーマンがどしっりと構えているので、なかなか入りにくそうです。サーマンの木々ストレートが軽くヒット。しかし、パッキャオの左ボディから右の返しがサーマンの顎をとらえて、サーマンがダウン!下がりながら、ちょっと足が揃ったところにパンチをもらいましたね。ダメージはそれほどなさそうに見えましたが、この後のサーマンの動きは明らかにおかしくなっていますね。

(ダメージはなさそうに見えましたが)

2R)

この回はサーマンが先に仕掛けます。しかしパッキャオも手かすが増えてきました。踏み込みも速くなってリズムが出てきましたね。サーマンが後手に回っています。さーマンはスイッチしながら、立て直しを図っていますが、終盤、パッキャオの早い動きに翻弄されています。

3R)

サーマンが左ジャブを突いて前に出ます。パッキャオの速い動きに、なかなか右の距離が合わないようです。終盤、サーマンがプレッシャーをかけてパッキャオを追いつめます。この回はサーマンがボディブローを狙っていますね。

4R)

サーマンがプレッシャーをかけて前に出ます。パッキャオもボディブローを返します。動きの速いパッキャオに対して、サーマンは軽いパンチで応戦します。後半は、またパッキャオの速い動きにサーマンがまた攻め込まれます。

5R)

サーマンが腰を落として、前に出ます。パッキャオは下がりながらも手数で応戦します。中盤、ロープに詰めてサーマンの右フックがヒット。サーマンの右の照準があってきた感じです。しかし、パッキャオも終盤、速い動きで連打を畳みかけます。

6R)

先手を取るのはサーマンです。しかし、速い動きのパッキャオをとらえることが出来ません。サーマンの軽い右がヒット。終盤はまたパッキャオが速い動きで、サーマンを追い立てます。

7R)

サーマンがボディブローの連打で、パッキャオを追いつめます。サーマンのショートの右がカウンターでヒット。さらに、サーマンが下がりながらのワンツーが、パッキャオの顎をとらえます。ようやくサーマンにリズムが出てきました。終盤、お互いのパンチが交錯します。

8R)

サーマンが前に出てプレッシャーをかけます。しかし、パッキャオも動きながら、パンチを返します。お互いのパンチがヒット。結構スリリングなパンチが交錯します。この回は、パッキャオの攻勢が目立ちます。サーマンの動きが少し悪いですね。

9R)

サーマンが左をついて前に出ます。サーマンの軽い右が、パッキャオの顎をとらえます。後半、パッキャオが攻勢をかけます。終盤、サーマンが連打でパッキャオをロープに詰めます。パッキャオも負けじと反撃しますが、ちょっとパンチが雑です。

10R)

サーマンが少し力を込めてパンチを放ってきます。しかし、パッキャオも反撃してきます。そして、中盤、パッキャオの左ボディアッパーで、サーマンの腰が折れます。

(きれいにレバーをとらえています)

サーマンが腰を引きながら逃げます。かなり効いていますね。終盤、サーマンも打ち疲れたパッキャオに反撃しますが、ちょっと力がありません。

11R)

サーマンが反撃に転じます。パッキャオはもちろんボディを狙っています。サーマンもそれがあるのか、思い切ってパンチを打ちこめません。パッキャオも前のラウンドの疲れか、手数が減りました。そして、サーマンの右ストレートがパッキャオの顎をとらえ、パッキャオがロープまで後退します。

(サーマンのこの日一番の右)

ちょっと効いたか。しかし、サーマンもそれほど畳みかけません。パッキャオも一息ついた感じです。

12R)

恐らくサーマンがポイントで負けているでしょう。しかし、サーマンもそれほど思い切った攻撃をかけません。お互い疲れたか。中盤、パッキャオがまた連打でサーマンを追いつめます。サーマンもパンチを返しますが、ちょっと雑ですね。

2-1(113-114、115-112、115-112)でパッキャオが判定でタイトルを獲得しました。サーマンは初黒星です。スピリットでしたが、パッキャオの完勝と言っていいでしょう。サーマンは、初回のダウンが最後まで尾を引いた感じがします。

No tags for this post.

4 Comments

1

相変わらずパッキャオの悪口を言ってますね。
悲しいです。KOが出なくなったんですが、6階級制覇はすごいですよ。

返信する
わしボク

1さん、コメントありがとうございます。
パッキャオが偉大なボクサーであることは、認めていますが、彼の全盛期の強さを知っているだけに、
今のパッキャオが許せないのですよ。でも、今日のパッキャオの動きは素晴らしかったですね。脱帽です。

返信する
京楽

パッキャオは全盛期の反応不可能の飛び込みはなくなりましたが、ブローナー戦や今回と、プレスをかけつつ省エネ戦法+まとめ打ちでホプキンスのような職人タイプへ生まれ変わりましたね。
たまに見せる切れ味の良い左をチラつかせて体力温存、ついでに相手をロープへ下がらせる。
いやはや体が小さいのにすごいですね。

サーマンは手術で必殺のフックの破壊力が落ち、
ポーター戦後のケガで足のバネが衰えて昔のようにピョンピョン跳ねるステップを失ってしまいましたね…

ポーターの突進にカウンターをぶち込むセンス、
頭が床につくほど低空ダッキングをしたかと思ったらそこからフルスイングのパンチが打てる謎の運動神経。

ケガの衰えが無ければ勝ち負け以外にも見てて楽しい選手でしたが…

返信する
わしボク

京楽さん、長文のコメントありがとうございます。
確かにサーマンの足のバネ、パンチのキレは全盛期のそれではありませんでしたね。
しかしパッキャオの運動神経はびっくりです。
初回のダウンを奪ったパンチも、サーマンの予想を超えて伸びてきたのでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)