速報)アンドレ・ウォードがダウンを挽回し、僅差で判定勝ち!VSセルゲイ・コバレフ

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSアンドレ・ウォード(アメリカ)

 

WBAスーパー・IBF・WBOライトヘビー級タイトルマッチ(2016年11月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20161122112415j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161122112424j:plain

(出典:WOWOW)

チャンピオンのコバレフは31戦30勝26KO1分け、33歳。

ウォードは30戦30勝15KO,32歳。

リング誌のパウンド・フォー・パウンドではコバレフが2位で、ウォードがPFP4位ですが、ロマゴンの1位に?がつきますので、この対戦が事実上の1位決定戦と言ってもいいでしょうね。

 

私には、ウォードが倒れる姿を想像することが出来ません。しかし、ウォードにコバレフを倒すパンチ力はありません。したがって、この試合、間違いなく判定勝負になると思います。

 

ズバリ、負けないボクシングをするウォードの小差判定勝ちでしょう。

 

試合経過

ウォードは実に落ち着いた、余裕の表情をしています。コバレフの方が若干落ち着きがなさそうに見えます。

1R)

お互い左の突き合いで様子を見ています。コバレフの左ジャブがヒットしウォードが大勢を崩しました。やはりコバレフはパンチ力はがありますね。

2R)

コバレフがプレッシャーを強めます。距離はコバレフの方が長いような気がします。

コバレフの右はパワーがありますね。ウォードは押され気味です。

 

コバレフの右のカウンターでウォードがダウン!

f:id:stonemeintothegroove:20161122112516j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161122112525j:plain

(もう少しきっちりナックルパートがヒットしてれば、ウォードは立てなかったかもしれません)

f:id:stonemeintothegroove:20161122112540j:plain

ウォード苦しい。こんなウォードは初めて見ました。

3R)

ウォードはまだダメージが残っている感じです。

そして、またコバレフの右のオーバーハンドがヒットしました。

中盤、ウォードも必死に反撃しますが、ペースはコバレフです。力みがないスムーズなボクシングをします。

4R)

さあ、ウォードどうするか。

ちょっともみ合い。ウォードの左ジャブにコバレフが右をかぶせてくるので、なかなかウォードが左ジャブを打てません。

コバレフの右はホントにスムーズに出ますね。

ウォードは左ジャブが出ません。逆にコバレフの左ジャブがヒット。ウォード苦しいですね。

5R)

この回もコバレフが前に出てプレッシャーをかけます。

しかし、ようやくウォードの左ジャブがきまり、すこしペースを取り戻しつつあります。お互い至近距離で打ち合います。怖いパンチが交錯します。

6R)

やっとウォードが本来の動きを取り戻しましたね。

しかし、コバレフの右カウンターは、相変わらず怖いタイミングで飛んできますが、この右はウォードも読めてきたようです。

7R)

ウォードが左ジャブから右をヒット。ウィードは左の打ち方を変えてきました。右をかぶされないように、突き上げるように打ちます。

すこしコバレフが集中力を欠くシーンがでてきました。

終盤、コバレフの左ストレートがヒット。

8R)

ウォードが完全にペースを取り戻してきましたね。ウォードが積極的にパンチをヒットします。

そして、ウォードは左ジャブで丹念にボディを突きます。

9R)

この回も序盤はウォードが積極的に前に出ます。

コバレフのパンチが見えてきたようです。しかし、もみ合うシーンが増えてきました。

嫌いな展開です。

コバレフのスピードが少し落ちてきましたね。

そして、ウォードは、コバレフの右は完全に読めているようです。

10R)

ウォードが仕掛けます。依然として、ウォードの左ジャブは速いです。

お互いのパンチが相討ちでヒットしますが、明らかにコバレフに疲れが見え始めました。

11R)

ウォードまだポイントは負けているかな。コバレフに疲れが、見えます。スピードも落ちてきました。

お互いのパンチが交錯が、ウォードはうまくパンチを殺しています。

ウォードの左ジャブがコバレフをとらえ、ペースは完全にウォードが握りました。

12R)

飯田さんはここまでイーブン。浜田さんコバレフ有利。

 

ウォードの左がヒット。コバレフも応戦します。

さすがにお互い疲れました。

終盤、ウォードのボディブローでコバレフが顔をしかめました。効きましたね。

ウォードが危険を冒して、打ち合いに挑みます。そして、ゴング。

 

前半、コバレフ、後半ウォード。ダウンの分だけコバレフが勝ちだと思いしたが、勝ったのはウォード!

3-0(3者とも114-113)。ホントに微妙な判定でしたね。

No tags for this post.

4 Comments

ネコ二世

予想通りのハイレベルな試合でした
コバレフはダウン取ったところで決めたかったですね
しかしコバレフには確かに隙があるとはいえ今まで誰一人としてそこにつけこめなかったのに…さすがはSOGです

返信する
まんじろう

ウォードはコバレフ対策がうまかったですね。
なんか長期政権を築くような気がします。
今後、スティーブンソンやベテルビエフのようなめちゃくちゃ豪腕の選手との対戦がみたいところです。

返信する
stonemeintothegroove

ネコ二世さん、コメントありがとうございます。
ダウンを奪ったコバレフもすごいけど、そこから挽回したウォードもすごい!

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさん、コメントありがとうございます。
やっぱりウォードは負けないボクシングをしますね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です