カラム・スミスがWBSSの優勝賞金11億円をゲット! WBA王者ジョージ・グローブスをKO

ジョージ・グローブス(イギリス)VSカラム・スミス(イギリス)

WBA世界S・ミドル級タイトルマッチ&WBSSスーパーミドル級決勝(2018年9月28日)

(出典:WOWOW)

グローブスは、31戦28勝20KO3敗、30歳。WBA王者。

クリス・ユーバンクに判定勝ちして、WBSSの決勝に進出しましたが、肩の負傷で6月2日の決勝戦が延期になっていました。

スミスは、24戦全勝17KO,28歳。WBC1位。

スミス4兄弟の4男。兄弟の中では一番才能があると言われています。

ただ、WBSSの準決勝は今一つパッとせず、評価を落としています。

カラム・スミスは大きく評価を下げる。代役(WBC35位)に後半失速し辛うじて逃げ切る    VSニーキー・ホルツケン

この試合は、グローブスの保持するWBAタイトルの3度目の防衛戦ですが、WBSSのS・ミドル級の決勝戦でもあります。

「わしボク」としては、グローブスの豪快なパンチで、スミスをマットに這わしてほしいですね。

距離が遠いスミス

長身(191㎝)のスミスは、グローブスに比べると、一回り大きく見えます。リーチ差は何と15㎝。

グローブスにとっては、かなり距離が遠い感じがします。

不用意に中に入っていくと、スミスの右ストレートが飛んできます。

スミスも、スピードのあるグローブスに対して、かなり慎重。ガードを高くしてじわじわと前にプレッシャーをかけ、グローブスの打ち終わりを狙って右を放ち放ちますが、積極的に打って出ることはありません。

3ラウンドにグローブスがステップインしたところへ、スミスの右ストレートがカンターでヒットし、グローブスが足をばたつかせますが、ここはグローブスが上手く追撃を阻みます。

グローブスが左ジャブでペースをつかみかけるが

4ラウンドあたりから、ようやくグローブスが速い左ジャブを突いて、距離をつかみはじめます。

スミスの右もボディワークで外し、リズムが良くなってきました。

しかし、6ラウンドに入ると、スミスがプレッシャーを強めてきます。

スミスの手数が増え、グローブスも速い左ジャブで応戦しますが、少しずつ押され気味になってきます。

そして、7回。

先にグローブスの右はヒットするのですが、すぐに左フックを返され、ごろーぶすが大きく体勢を崩し、ロープにもたれかかったところへ、スミスが連打を畳みかけます。

(先にグローブスが右を打ち込みますが、スミスはコンパクトに左を折りたたんでフックを返します)

(ダメージは明白。グローブスは大きく体勢を崩し、ロープにもたれかかります)

グローブスのダメージは明白です。ロープにもたれかかりガードを固めるグローブスに襲い掛かります。

(右フックをボディに叩き込み、とどめの右アッパーでグローブスの腰が折れます)

(完全にグロッキーのグローブスはテンカウントを聞きます)

スミスが連打を浴びせ、コーナーに詰まったグローブスに右フックのボディブローから止めの右アッパーを突き上げると、スミスの腰が折れ、コーナーに崩れ落ちます。

グローブスは、カウントアウトされ、KO負け。どうやら、コーナーに詰まった時の右ブディブローが効いたようですね。

勝ったスミスは、WBAタイトルを獲得するとともに、WBSSの優勝賞金約11億2000万円を手にしました。

しかし、今回のS・ミドル級のWBSSは参加者が今一つでしたね。

バンタム級のように、今の世界チャンピオンをシード選手として、ベストメンバーでもう一度WBSSをやったら面白いと思います。

 

ところで、バンタム級の優勝賞金はいくらんなんでしょうね。

No tags for this post.

2 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。
これ、決勝だったのですね。英語放送を何気なく見ていましたが顔ぶれからして準決勝か準々決勝だと思ってました。 このクラスは人材不足ですね。なんでWBSSのターゲットになったのかわからない位です。

返信する
わしボク

団長さん、コメントありがとうございます。
このクラスは、確かに人材不足ですね。
私は、S・ミドル級の注目度を上げるために、WBSSを試験的に始めたのだと思っています。
でも、カラム・スミス程度だと、ライトヘビー級の世界ランカーにたくさんいるような気がしますね。
村田も階級を上げれば、また世界を狙えるかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)