速報)フリオ・セサール・マルティネスが9RTKO勝ちで王座獲得 VSクリストファー・ロサレス(WBC世界フライ級王座決定戦)DAZNで生配信

フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア)

(出典:DAZN)

WBC世界フライ級王座決定戦(2019年12月20日)

マルチネスは、16戦14勝11KO1敗1NC,24歳。

ロサレスは、33戦29勝20KO4敗、25歳。

ロサレスは、比嘉大吾から奪ったタイトルを、チャーリー・エドワーズに奪われています。マルチネスは、そのエドワーズと今年8月に対戦していますが、無効試合となっています。しかし、そのエドワーズがタイトルを返上し、S・フライ級に階級を上げたため、空位になったタイトルを争うことになったようです。

試合経過)

1R)マルチネスが積極的に打って出る

10cm背の低いマルチネスが、積極的に打って出ます。ロサレスは、下がりながらカウンターを狙っています。マルチネスの連打が速いですね。そして、左のパンチが多彩です。ロサレスは下がりながら、長いワンツーで応戦します。

2R)マルチネスが右目をカット

マルチネスが前に出て、ロサレスの遅いパンチに左のカウンターがヒット。しかし、ロサレスも右のストレートを返します。マルチネスは頻繁にスイッチしますね。終盤は、マルチネスの左右の連打でロサレスを追いつめます。

しかし、マルチネスは右目をカットしたようです。

3R)マルチネスのスイッチにロサレスが幻惑

マルチネスがサウスポーにスイッチします。ロサレスは、左ジャブで距離をとります。マルチネスの左フックがロサレスの顎をとらえます。マルチネスはやはり右構えの方が、スムーズにパンチが出ますね、

ラウンド終盤は、マルチネスが連打を畳みかけます。

5R)マルチネスの左が多彩

この回もマルチネスが前に出て、プレッシャーをかけます。ロサレスは、左ジャブを突いて、とにかく距離を取ろうとしています。マルチネスの左アッパーがヒット。マルチネスの左はホントに多彩です。

ラウンド中盤、マルチネスの左フックがラサレスのボディにヒットし、そこから左右のフックを上下に放ちます。終盤は、マルチネスの連打。

6R)やや一方的な展開に

マルチネスが頻繁にスイッチしながら、左ジャブがロサレスの顔面をとらえます。そして、左右のアッパーがヒットします。さらに左ボディから上にパンチを返します。

ラウンド終盤、マルチネスの右ストレートでラサレスの顔が上がります。

7R)ロサレスは防戦一方に

マルチネスの左アッパーからボディへ。さらに左右のパンチが上下にヒットします。そして、マルチネスの左ボディショットが効いて、ロングのワンツーで何とか逃げようとします。しかし、ラウンド終盤、マルチネスが連打を畳みかけ、やや一方的な展開になってきます。

8R)ロサレスはボディショットが効いてきた

マルチネスの左ジャブは速いですね。ロサレスも長いワンツーで鵜応戦しますが、距離が詰まるとマルチネスの連打にさらされます。ロサレスは明らかにボディショットを嫌がっていますね。

ロサレスの長い左ジャブに、マルチネスの右がカウンターでヒットします。

9R)最後はボディから連打

マルチネスは頻繁にスイッチします。このラウンドも少しそれで、休んでいる感じでした。しかし、ラウンド開始1分、左右のボディブローでロサレスをロープに詰めると、一気に連打を畳みかけ、ロサレスが防戦一方になったところところで、レフリーが試合をストップしました。1分19秒。マルチネスのTKO勝ちで、タイトルを獲得しました。

マルチネスは、同じフライ級の田中恒成にとっては、かなりの難敵だと思います。対戦すれば、間違いなくかみ合います。スリリングなパンチの交錯が期待できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)