⇒井上尚弥の特別番組が3/29放送決定!

速報)村田諒太が5RTKO勝ちで初防衛に成功 VSスティーブン・バトラー(WBA世界ミドル級タイトルマッチ)

(出典:フジテレビ)

村田諒太(帝拳)VSスティーブン・バトラー(カナダ)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2019年12月23日)

村田は、17戦15勝12KO2敗、33歳。

今年の7月、ロブ・ブラントとの再戦で見事リベンジを果たし、タイトルを取り返しています。

バトラーは、30戦28勝24KO1敗1分け、24歳。WBA8位。

WBAでは8位ですが、WBOでは1位にIBFでも8位にランクされていますので、決して侮れない相手です。2017年にブランドン・クックにTKO負けしてからは、10連勝(9KO)中です。

予備検診

バトラーは、リーチが2メートルという触れ込みでしたが、予備検診では、両選手とも190㎝でした。

     身長       リーチ    胸囲   首回り

村田   183,5cm  190㎝   97㎝   39㎝

バトラー 181,8cm  190㎝   91㎝   39㎝

まあ、測り方によって誤差もあるでしょうから、体格ではほぼ互角と言っていいでしょうね。

試合経過)

1R)村田が前に出る

村田が前にでます。村田の右ストレートがヒット。村田の左ボディ!しかし、バトラーも長いワインツーで応戦してきます。

2R)バトラーは打ち終わりを狙う

村田はそれほど攻勢をかけません。バトラーは村田の打ち終わりを狙っています。村田の右ボディに対して、バトラーは右ストレートを返してきます。なかなか、やりますね。

3R)村田がプレッシャーを強める

村田が前にでます。左ジャブから右ストレートを放ちます。少し村田がプレッシャーを強めます。右アッパーから一気に攻勢をかけます。終盤、村田が右の連打でバトラーを追いつめます。

4R)バトラーは手数で応戦

村田がプッシャーをかけます。しかし、バトラーは手数で応戦してきます。村田の打ち終わりにパンチをうまく返してきます。終盤、村田が右のフックで追いつめました。

5R)村田の右フックでぐらつく

村田が左ジャブで前に出ます。村田が右フックを打ち込みます。バトラーもボディワークで、パンチをうまく殺しています。

そして、ラウンド終盤、村田が連打をたたみかけ、残り20秒、右フックでバトラーの体がぐらつき、チャンスと見た村田が左右のパンチで追い打ちをかけます。

そして、コーナーに詰まったバトラーの顎を、会心の左フックがヒットし、バトラーはコーナーに沈むようにダウン。すぐにレフリーが試合をストップしました。

5RTKOで村田が初防衛に成功

さあ、次はどうするのでしょうね。カネロ?ゴロフキン?なかなか実現は難しいと思いますよ。でも、勝敗は別にして、多くのファンは対戦を望んでいるでしょうね。

4 Comments

パンチャーファン

早い決着のKO勝利なのに会場も盛り上がっていないようだし、眠くなる。 もう変えようもない体力ごり押しの戦法。
ゴロとアルバレスの両方とやらせたいようだが、
どちらにも勝てるわけはないので、
 そうは言っても この階級で日本人でトップとやれるのは
金輪際いないだろうから、私としては カネロ戦を見たい。
GGG先にやったら見れなくなるでしょ。

返信する
わしボク

パンチャーファンさん、かなりストレスがたまったようですね。
村田が、強い!と思ったのは、デビュー戦で東洋王者の柴田を圧倒した時です。
同時に、この階級の日本のレベルの低さも通過しました。
カネロにしても、GGGにしても、日本に呼ぶのはお金がかかりすぎて無理でしょうね。
アメリカでやるにしても、カネロには村田と戦うメリットがありません。

返信する
わしボク

jさん、返事が遅くなって申し訳ありません。昨日はもうぐったりで、パソコンを開く気になりませんでした。
村田のボクシングは相変わらず単調で、馬力にまかせて、右を叩き込むスタイルは変わっていませんでしたね。
幸い、相手に恵まれて、圧勝できましたが、カネロやゴロフキンには通用しないでしょうね。
でも、最後に倒した左フックは、コンパクトでキレがありました。あのフックをもう少し多用すれば、と思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)