ワイルダー危うし!強すぎるタイソン・フューリー、全勝のトム・シュワルツを2Rに粉砕

タイソン・フューリー(イギリス)VSトム・シュワルツ(ドイツ)

(出典:WOWOW)

WBOインターコンチネンタルヘビー級タイトルマッチ(2019年6月15日)

フューリーは、28戦27勝19KO1分け、30歳スイッチヒッター。WBC2位。

昨年12月に、ディオンテイ・ワイルダーと大激戦を演じ、引き分けた身長206㎝(120キロ)の巨漢ボクサーです。

シュワルツは、24戦全勝16KO、25歳。WBO2位。

アメリカのリング初登場です。ガードが堅く、中量級のようなコンパクトなパンチを打ちます。ドイツ期待ののヘビー級ホープです。

試合経過)

シュワルツも197㎝(110キロ)ありますが、フューリーと対峙するとさすがに小さく見ますね。フューリーは体に似合わず、スピードがあります。シュワルツがスピード負けするようだと、試合にならないかもしれません。

1R)

フューリーはオーソドックススタイルに構えていますね。そして、予想通りシュワルツが前に出て距離を詰めます。しかし、フューリーの速い左ジャブがシュワルツの顔面をとらえました。

シュワルツはガードを高くして、間合いを図っています。フューリーは、下がりながらコンパクトなワンツーを放ちます。シュワルツが距離を詰める前に、フューリーの軽いパンチが先に飛んできます。シュワルツの右フックは、フューリーの速いボディワークで難なくかわされます。この回は、シュワルツは何もできませんでしたね。

2R)

シュワルツが少しプレッシャーを強めて前に出ます。フューリーはサウスポーにスイッチしました。シュワルツはやや戸惑っている感じです。フューリーが軽いパンチをポンポンとヒットし、 シュワルツはなかなか手が出ません。

シュワルツがフューリーをコーナーに詰め、強引に打って出ますが、すべてのパンチをボディワークでかわされ、体を入れ替えたフューリーの右フックから返しの左アッパーがシュワルツの顎をとらえます。飯田さんが「見切っていますね」という通り、フューリーはもうシュワルツの攻撃パターンを完全に読んでいますね。

そして、今度はフューリーが前に出て、左ストレートをシュワルツの顔面に叩き込むと、シュワルツの鼻から出血。シュワルツのステップがやや怪しくなってきました。それでも、シュワルツが反撃に転じ、フューリーをロープに詰めて、連打を放ちますが、すべて見切られ、ボディワークでかわされます。今度はフューリーが反撃。そして、シュワルツをロープに詰め、左右のワンツーを叩き込むと、シュワルツが座り込むようにダウンしました。

(この右ストレートは強烈でした)

シュワルツは過ぎに立ってきて、試合再開。残り20秒です。フューリーがシュワルツとコーナーに詰め、連打を浴びせると、防戦一方になったシュワルツを見て、レフリーが試合をストップしました。

フューリーが力の差を見せ付けて、2RTKO勝ち。あの右ストレートをもらったら、ワイルダーも立っていられないでしょう。フューリーは完全に復活しましたね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)