現役世界最強ボクサーは誰だ!(第12回)わしボクが選ぶPFP(パウンド・フォー・パウンド)2019年9月

まずはリング誌の最新*PFP (2019年10月12日)

(出典:WOWOW)

*PFP(すべてのボクサーの体重が同じだと仮定したら、果たして誰が一番強いか、てな感じの意味です。毎度、いい加減な説明で申し訳ありません)

1位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) ライト級 14勝10KO1敗

2位  テレンス・クロフォード(アメリカ)ウェルター級 35勝26KO

位 カネロ・アルバレス(メキシコ) ミドル級 52勝35KO1敗2分け

4位 井上尚弥(大橋)バンタム級 18勝16KO

5位 オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)クルーザー級 17勝13KO

6位 エロール・スペンスJR(アメリカ)ウェルター級 26勝21KO

7位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)ミドル級 40勝35KO1敗1分け

8位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)S・フライ級 40勝27KO3敗

9位 マイキー・ガルシア(アメリカ)ライト級 39勝30KO1敗

10位 マニー・パッキャオ(フィリピン)ウェルター級 62勝39KO7敗2分け

1位から9位までは、6月の発表と全く同じでした。そして、10位にドニー・ニエテスに変わり、マニー・パッキャオが戻ってきました。ニエテスよりはパッキャオの方が納得できますね。しかし、エストラーダの8位は、気に入りませんね。

独断と偏見の「わしボク」PFP

( )内は前回のランキング です。

1位  井上尚弥(大橋)バンタム級(1)

2位  テレンス・クロフォード(アメリカ)ウェルター級(2)

3位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)ライト級(3)

4位 カネロ・アルバレス(メキシコ)ミドル級(4)

5位 ジャーボンテイ・デービス(アメリカ) ライト級(7)

6位  エロール・スペンス(アメリカ)ウェルター級(6)

7位  ルイス・ネリ(メキシコ)バンタム級 (13)

8位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)ミドル級(5)

9位 ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ) ヘビー級(10)

10位  ホセ・ラミレス(アメリカ) S・ライト級 (11)

4位までは変動なしです。リカルド・ヌネスに圧勝したジャーボンテイ・デービスを5位にあげ、ルイス・ネリを一気に7位にランクインさせました。モーリス・フッカーにTKO勝ちしたホセ・ラミレスを10位に上げ、最近やや不安定な試合が続くアルツール・ベテルビエフと、やや色あせてきた感じのマイキー・ガルシアをベスト10から外しました。

(11位以下のランキング)

  • 11位  アルツール・ベテルビエフ(ロシア) L・ヘビー級 (8)
  • 12位  ギジェルモ・リゴンドー(キューバ) S・バンタム級 (18)
  • 13位  マイキー・ガルシア(アメリカ)S・ライト級(7)
  • 14位  タイソン・フューリー(イギリス)ヘビー級 (14)
  • 15位  カラム・スミス(イギリス) S・ミドル級 (15)
  • 16位 デビッド・べナビデス(アメリカ)S・ミドル級(―)
  • 17位  ショーン・ポーター(アメリカ) ウェルター級(20)
  • 18位 ドミトリー・ビボル(ロシア) L・ヘビー級(12)
  • 19位 オレクサンダー・クボジーク(ウクライナ)L・ヘビー級(―)
  • 20位  オレクサンダー・ウシク(クルーザー級) (17)

好戦的なスタイルに変貌したギジェルモ・リゴンドーを12位にランアップさせました。アンソニー・ディレルに圧勝してWBC王者に返り咲いたデビッド・べナビデスを一気に16位に、オレクサンダー・クボジークを19位にランクインさせました。ショーン・ポーターはもう少し上でもいいかな~。ウシクは、ヘビー級での試合での実績を、もう少し見てから判断しようと思います。ドミトリー・ビボルはつまらないボクサーになりましたね。

差のないところでは、マヌエル・ナバレッテ、ダニエル・ジェイコブス、ケル・ブルック、アンディ・ルイス・ジュニアなどです。ハイメ・ムンギアは最近の試合がちょっとがっかりですね。

No tags for this post.

4 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。

いろいろ意見はあるでしょうが、上位は紙一重なのでそのまま置いといて、ネリを上げるかどうかはロドリゲス戦を見てからでも良かったのではないかと思います。その分、昨日の生中継を観てやはりベテルビエフの破壊力は凄いと思ったのでベスト10に残す、と言うのが私の見方です。

返信する
わしボク

団長さん、ネリは勝ちますよ。自信を無くしたロドリゲスは、ネリの生殺し作戦の術中にはまるでしょうね。
しかし、ベテルビエフエフがクボジークに勝つとは思っていませんでした。ベテルビエフの強さを再認識した次第です。
ベテルビエフに関しては、団長さんの見解が正解ですが、ネリは相当曲者ですよ。

返信する
匿名

ライト級以上の選手が多い中で
軽量級で入っている井上は当然として、ルイス・ネリー選手もすごいですね
ロドリゲスにはっきり勝てればまだ上も狙えそうですし
単純に相手選びというか強敵との連戦がすごいです

ネリー自身はまだ王者ではなくただの世界ランカーに過ぎないのに
まるで王者が指名挑戦者を迎え撃つかのようなキツイ試合を毎回組むところがです
がんばってほしいですね

返信する
わしボク

匿名さん、コメントありがとうございます。
ネリもそうですが、ロドリゲスにとっても、これから世界戦線に残れるかどうかの正念場になるでしょうね。
「わしボク」個人的には、ロドリゲスに勝ってほしいのですが、恐らくネリが勝つと思いますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)