現役日本人最強ボクサーは誰だ!(第10回/2019年10月)

(出典:日テレG+)

さて、今回も今まで通り、5項目の戦闘能力のベスト5を選び、総合ランキングを検討していきたいと思います。

「パンチ力」ベスト5

1位 井上尚弥 WBA・IBFバンタム級チャンピオン

2位 田中恒成 WBOフライ級チャンピオン

3位  拳四朗  WBCライトフライ級チャンピオン

4位 勅使河原弘晶 OPBFスーパーバンタム級チャンピオン

5位 吉野修一郎 OPBF・WBOAPライト級チャンピオン

勅使河原弘晶のTKO防衛、吉野修一郎の1RTKOでダブルタイトルを獲得した試合を評価して、思い切ってランクインさせました。

「スピード」ベスト5

1位 井岡一翔  WBOスーパーフライ級チャンピオン

2位 井上拓真 WBCバンタム級暫定チャンピオン

3位 亀田和毅 WBCスーパーバンタム級8位

4位 ホルヘ・リナレス WBCライト級8位

5位 井上尚弥 WBA・IBFバンタム級チャンピオン

今回から、日本で世界を狙うホルヘ・リナレスを「日本人最強」に加えることにしました。もう一度世界を!の願いを込めて4位ランクインさせました。

「テクニック」ベスト5

1位 井上尚弥 WBAバンタム級チャンピオン

3位 井岡一翔  WBOスーパーフライ級チャンピオン

2位 井上拓真  WBCバンタム級暫定チャンピオン

4位 中谷潤人  WBAフライ級2位・WBCフライ級3位

5位 拳四朗  WBCライトフライ級チャンピオン

ちょっとした気まぐれで、2位の井上拓真と井岡一翔を入れ替えてみました。他のメンバーは全く一緒です。

「スタミナ&打たれ強さ」ベスト5

1位  井上尚弥  WBA・IBFバンタム級チャンピオン

2位  亀田和毅  WBCスーパーバンタム級8位

3位  木村翔  WBOLフライ級9位

4位 井上岳志 IBFスーパーウェルター級15位

5位 中谷正義 IBFライト級7位

結局、井上がトップに躍り出てしまいました。しかし、それ以外のメンバーは木村翔と亀田和毅を残し、海外で善戦した井上岳志と中谷正義をランクインさせました。ここは、毎回、ころころ入れ替わりますね。

「アグレッシブ&パワー」ベスト5

1位 井上尚弥  WBA・IBFバンタム級チャンピオン

2位 村田諒太 WBAミドル級チャンピオン

3位 木村翔  WBOライトフライ級9位

4位 京口紘人 WBAライトフライ級チャンピオン

5位 中谷潤人  WBAフライ級2位・WBCフライ級3位

4位までは同じです。5位にミラン・メリンドに何もさせなかった、中谷潤人をランクインさせました。

「わしボク」現役日本人最強ベスト10

( )は前回順位

1位 井上尚弥 WBAバンタム級チャンピオン(1)

2位 田中恒成 WBOフライ級チャンピオン(2)

3位 井岡一翔  WBOスーパーフライ級チャンピオン (3)

4位 拳四朗  WBCライトフライ級チャンピオン(4)

5位 村田諒太 WBAミドル級チャンピオン(5)

6位  中谷潤人  WBCフライ級3位 (9)

7位 井上拓真  WBCバンタム級暫定チャンピオン (6)

8位 木村翔  WBAライトフライ級8位 (8)

9位 京口紘人  WBAライトフライ級チャンピオン (7)

10位 勅使河原弘晶  OPBFスーパーバンタム級チャンピオン (―)

期待を込めて、中谷を一気に6位に抜擢しました。10位は、吉野修一郎と悩んだのですが、今回は大森将平をTKOで倒した勅使河原にしました。安定感では吉野かなとも思います。木村はフライ級の戻ることを前提に8位に残しました。

11月~12月がビッグな試合が組まれていますので、大きく順位が変わるかもしれません。

「わしボク」注目の国内試合

11月7日 井上尚弥(大橋)VSノニト・ドネア(フィリピン)

11月7日 井上拓真(大橋)VSノルディン・ウーバーリ(フランス)

11月15日 栗原慶太(一力)VSスックプラサード・ポンピタック(タイ)

12月23日 村田諒太(帝拳)VSスティーブン・バトラー(カナダ)

12月23日 拳四朗(BMB)VSフェリクス・アルバラード(ニカラグア)

12月23日 八重樫東(大橋)VSモルティ・ムザラネ(南アフリカ)

12月31日  井岡一翔(Reason大貫)VSジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)

もう一つ付け加えるとしたら、年末に、比嘉大吾が返ってくるぞ!

No tags for this post.

4 Comments

わしボク

せなさん、コメントありがとうございます。
テレビでボーッと見てるだけですので、わしボクには、センスのかけらもございません。ご指摘の通りでございます。

返信する
団長

わしボクさん、こんにちは。
自分の意見を言わずに批判だけする非建設的な人は無視しましょう!

さてボクシングにおけるスピードって、人によって捉え方が違うんだと思います。単なるハンドスピードなのか、ステップ・反射・上半身のこなし方含めた総合的なスピードなのか。私は後者で捕らえていますがそうすると井岡選手はけっこう上位に来ると思います。でも私の見立てはスタミナ・打たれ強さ以外は全て井上尚弥選手が一位です。

さて今日はプログレイス vs.テイラーを楽しみましょう!

返信する
わしボク

団長さんの意見が正論だと思います。
確かに左フックやステップインの速さなんかは、抜きんでていますね。
一方、打たれ強さ、という点では、打たれていないですから、これは他の選手に譲ってもいいでしょう。
ところで、プログレイスVSテイラーは、まさかのテイラー判定勝ち。
「わしボク」の好みはプログレイスだけに、この結果は残念です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)