木村翔がまたもや中国で6RKO勝ちし、2度目の防衛に成功 VSフロイラン・サルダール

木村翔(青木)VSフロイラン・サルダール(フィリピン)

WBO世界フライ級タイトルマッチ(2018年7月27日)IN 中国(青島)

木村は、19戦16勝9KO1敗2分け、30歳。

1年前に、中国(上海)で国民的英雄のゾウ・シミンに、大番車わせのTKO勝ちでタイトルを獲得しました。

サルダールは、山中竜也からタイトルを奪ったビック・サルダールの実兄です。

31戦28勝19KO2敗1分け、29歳。

2年前に、井上拓真と対戦し、ダウンを奪いながら後半失速し、判定負けを喫しています。

お互い身長は165㎝ですが、サルダールは10㎝もリーチが長く、木村がこの距離をつぶせることが出来るかどうかが、勝敗の分かれ目となるでしょう。

木村のパンチが届かない

身長は同じですが、リーチの長いサルダールの方が、大きく見えますね。

初回からいつものように、木村は前に出て、何とか懐に入ろうとしています。

サルダールの右のカウンターが怖いですね。

木村はガードを固めて前に出ますが、まだ、パンチは空を切り、距離があっていない感じです。

逆にサルダールの左右のロングパンチが、木村の顔面をとらえます。

 

2ラウンドに入ると、木村がややプレッシャーを強めました。

サルダールは、落ち着いてこれを捌きます。

相変わらず木村のパンチは届きませんが、少しずつ距離は詰まっている感じです。

サルダールのパンチを受けても、木村は前進を止めません。

ここまではサルダールのペースですね。

サルダールが少しずつ押されていますが、まだ、木村は距離をつぶすことが出来ていません。

愚直に前に出てパンチを放つ木村を、サルダールが捌く展開が続きます。

木村のボディブローが効いてきた

しかし、4ラウンド後半ぐらいから、ようやく木村左ジャブが届くようになり、ロープに詰まったサルダールに木村がボディの連打を放ちます。

やや、サルダールがボディブローを嫌がっている感じです。

木村の左が結構、サルダールのボディをとらえるようになってきましたが、右はまだ距離が合っていませんね。

 

5ラウンドも木村がガンガン前に出てプレッシャーをかけます。

サルダールの左ジャブでは、もう木村の前進を止めることが出来ません。

1分過ぎたあたりから、木村のボディブローで、サルダールは完全に腰が引けた状態で、パンチにも威力がなくなります。

ロープに詰めて、木村が顔面への連打を浴びせます。

そして、残り1分。執拗な木村の左ボディブローで、ついにサルダールが膝をつきます。

かなり苦しそうですが、何とか立ってきます。

こうなったら木村の前進は止まりません。

木村は、完全にサルダールを捕まえましたね。サルダールも必死に応戦し、何とかこの回を凌ぎます。

 

6ラウンド。コーナーに詰めて、木村がサルダールに連打を浴びせます。

何とか応戦するサルダールが、最後の力を振り絞り反撃します。

しかし、これをなんなく凌いだ木村が、上下のパンチでサルダールを追いつめ、最後はやはり左フック。

サルダールの右わき腹をえぐった左ボディブローで、サルダールがダウン。

レフリーがカウントアウトして、木村がKOで2度目の防衛に成功しました。

 

顔面へのパンチは、サルダールも上体の動きで殺していましたが、左のボディブローが4ラウンドあたりから、かなり効いていたようです。

次は田中恒成

木村は、わずか2か月のインターバルで3度目の防衛戦を、田中恒成と行います。

テクニック、スピード、パンチのキレはすべて田中が上回っていますが、タフネス木村の執拗な攻撃は侮れません。

前半に、田中がしっかりポイントを奪い、後半の木村の攻勢を捌ければ、田中が判定でタイトルを奪えるでしょう。

しかし、木村ワールドの術中にはまると、田中は大苦戦、下手をすると倒されますよ。

いずれにして、楽しみなカードですね。何とかテレビで生中継してほしいものです。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)