井岡一翔がアメリカ、ロサンゼルスでカムバック VSマックウィリアムズ・アローヨ 9月8日に「スーパーフライ」に参戦

井岡一翔(SANKYO)VSマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)

S・フライ級10回戦(日本時間 2018年9月9日)IN ロサンゼルス

昨年末に突然表明しました井岡が、これまたいきなり現役復帰を発表しましたね。

しかも1階級上げて、アメリカで9月8日に行われる「Super fly3」に参戦するという大胆なカムバックです。

対戦相手は、マックウィリアムズ・アローヨ。かなりの強敵です。決して「タイの観光ボクサー」ではありませんよ。

 

井岡は、23戦22勝13KO1敗、29歳。カムバック宣言と同時に、WBA2位にいきなりランクインしました。

アローヨは20戦17勝14KO3敗、32歳。WBC2位、WBO2位。

2018年2月にカルロス・クアドラスに判定勝ちして、WBCのシルバータイトルを獲得しています。

ちなみにクアドラスはこの後、ドーピング検査を拒否し、薬物とアルコール中毒でリハビリ施設に入所したらしいですね。世界ランクからも姿を消しています。

戦力比較

アローヨは2016年に、ローマン・ゴンザレスとも対戦しています。

大差の判定負けとなっていますが、「わしボク」の感想は、アローヨはパワーがあってガードが固く、難攻不落の強敵という印象です。

ロマゴンVSアローヨ  ↓

速報)ロマゴン倒せず!苦労しましたが結局大差の判定勝ち

 

共通の対戦相手がいますね。

井岡に唯一の黒星をつけたアムナット・ルエンロン。2014年5月にIBF世界フライ級王者だったルエンロンに挑戦し、老獪なテクニックに手を焼き、全く力を出せずに判定負けを喫しています。2-1の判定でしたが、完敗といえる内容でしたね。

アローヨも2014年9月に対戦し、同じ2-1の判定でしたが、いずれもわずか1ポイント差の惜敗でした。しかも、敵地タイでの試合でした。アメリカでやっていたら勝っていたかもしれません。

まあ、4年も前の話ですから、ここから両者の戦力を比較するのはやや強引ですが、少なくともこの時点ではアローヨの方がすべての面で上回っていたと言えるかもしれません。

 

一応体格比較をしてみると

井岡    165㎝   168㎝

アローヨ  163㎝   163㎝

体格面では井岡の方がやや上回っていますが、フィジカルの強さはアローヨに軍配が上がります。

1年半のブランクがあって、いきなり1階級上のS・フライ級で対戦する井岡に対して、今年の2月にすでにS・フライ級でクアドラスに勝っているアローヨ。

井岡がどのぐらいS・フライ級の体を作ってくるか、ですが、やや線の細い感じの井岡に、いきなりS・フライ級はかなり厳し感じがします。

 

強引に戦闘能力比較してみると

(井岡がフライ級時代の戦力を維持していると考えて)

                井岡      アローヨ

パンチ力            10      10

スピード            10       9

テクニック(オフェンス)    10       9

テクニック(ディフェンス)    9      10

スタミナ            10       9

パワー              8      10

打たれ強さ            9      10

総合              66      67

勝敗予想

アローヨはおそらく万全に仕上げてくるでしょうね。

問題は、井岡がどこまで仕上げてくるかに、勝敗のすべてがかかっているような気がします。

それにして、井岡にプラスの要素がほとんどないだけに苦しいですね。

1か月半ぶりの実践、初めてのS・フライ級、いきなりアメリカでカムバック…

いずれにしても判定決着になるのは、大方のメディアの共通した予想ですが、「わしボク」としては、井岡に勝ち目はほとんどないと断言します。

(でも、最近、日本選手が海外で活躍していますからね~)

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)