因縁のリマッチに決着 アンドレ・ディレルVSホセ・ウスカテギ

アンドレ・ディレル(アメリカ)VSホセ・ウスカテギ(ベネズエラ)

IBF暫定世界S・ミドル級タイトルマッチ(2018年3月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20180305150841j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305150851j:plain

(出典:WOWOW)

まさにこの二人は因縁のリマッチですね。

詳細はこちらを。   ↓

 

www.boxing-blog.com

 暫定王者のディレルは、28戦26勝16KO2敗、サウスポー。

ウスカテギは28戦26勝22KO2敗、27歳。

ディレルも185㎝となかなかいい体格をしていますが、ウスカテギは188㎝の長身で、しかもがっしりした体格をしています。

 

 

危うく前回の二の舞

ウスカテギは、前回の試合の時よりパワーアップした感じがします。

大きな体をかがめて、プレッシャーをかけます。

初回の後半には、早くもディレルは押され気味の展開になります。

ウスカテギがサウスポーのディレルに、いきなりの長い右ストレートが再三ヒットします。

序盤から完全にウスカテギのペースで進み、そして、問題の3ラウンド終盤。

 

またもゴング間際にウスカテギがディレルをコーナーに追い込み、右アッパーをボディにヒットし、返しの左フックがディレルのテンプルをとらえます。

このパンチで、ディレルはガクッと膝を折り、膝がマットについたように思われましたが、体勢を崩しただけで、マットにはタッチしていませんでした。

後で確かめましたが、右アッパーはぎりぎりゴングに間に合っていますが、返しの左は明らかにゴング後でしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20180305153626j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180305153636j:plain

(ウスカテギの右アッパーがボディをとらえ、返しの左がディレルのテンプルに)

f:id:stonemeintothegroove:20180305153922j:plain

(膝をついたように見えましたが、なんとか持ちこたえたようです)

f:id:stonemeintothegroove:20180305154043j:plain

(かなり強烈な右アッパーがボディにヒットしています)

当然のごとくウスカテギがガンガン前に出て、パンチを放ちます。

ディレルもここは足を止めて必死に応戦しますが、完全にパワー負けしています。

f:id:stonemeintothegroove:20180305154310j:plain

(ウスカテギの強い右がディレルのガードを割ります)

 

ディレルがペースを取り戻しに

セコンドからはっぱをかけられ、ディレルが6ラウンドから少しパンチに力を込めてペースを取り返しに来ます。

しかし、ジャブの威力が違いますね。どうしてもウスカテギのパワーに押され、ディレルは、なかなかペースを奪うことが出来ません。

それでも、7ラウンドは何とかディレルがやや盛り返したように見えましたが、余裕は感じられませんでした。

 

最後はパワーの差

ペースをつかみかけたのもつかの間。8ラウンドにウスカテギがかなり強めにパンチを放ってきました。

ディレルはまたロープに詰められ、連打をあびるシーンが増えてきます。

ディレルも時折、いいパンチを返しますが、ウスカテギの強パワフルなパンチが、それを帳消しにしてしまいます。

8ラウンド終盤に、ウスカテギの強烈な左ストレートがヒットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180305155729j:plain

(この左ストレートは強烈でした)

このままではディレルのダメージが蓄積するだけ、と判断したセコンドが、ディレルにギブアップを勧めます。

f:id:stonemeintothegroove:20180305155925j:plain

これを拒否したディレルの要望で、もう1ラウンドだけ様子を見ることになりました。

が、結局、9ラウンドのゴングが鳴ってもセコンドに阻まれ、ディレルはコーナーから出ることが出来ませんでした。

 

ジョー小泉さんは、ウスカテギを高く評価。「正規チャンピオンのケイレブ・トゥルーアックスに勝てるでしょう。」

「唯一の欠点は名前が言いにくことですね」

まさ、同感です。ウスカテギはパワーはもちろんですが、ディフェンスもうまい。上体だけでディレルのパンチを外していました。

S・ミドル級も少しずつ魅力的な選手が台頭してきましたね。

No tags for this post.

2 Comments

g1j2p5i5

噂の正規戦のリマッチは4・7に決定
勝者とウスカテギとの正暫戦は 夏以降でしょうね
いくら事情とはいえ 正規暫定両方がリマッチはねえ・・・   スパンが短めなのは救いですね

返信する
stonemeintothegroove

g1j2p5i5さん、コメントありがとうございます。正規戦のリマッチより正規VS暫定が先でしょう。
優先順位を間違えていますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)