パッキャオの後継者候補がアメリカでKOデビュー!4度目の防衛に成功 ジェルウィン・アンカハスVSイスラエル・ゴンザレス

ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)VSイスラエル・ゴンザレス(メキシコ)

IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2018年2月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20180227115004j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180227115021j:plain

(出典:WOWOW)

アンカハスは30戦28勝19KO1敗1分け、26歳。

井上との対戦相手の最有力候補にも挙がっていましたが、最後の最後で逃げられましたね。

昨年11月にイギリスで3度目の防衛戦を行ったばかりで、わずか3か月足らずのインタバルで4度目の防衛戦を行います。そして、これがアメリカデビュー戦となります。

パッキャオの秘蔵子であり、その後継者候補として期待されているアンカハスとしては、強烈なKO防衛でアメリカのファンにアピールしたいところです。

 

ゴンザレスはランキングは11位ですが、22戦21勝8KO1敗。

まだ21歳のメキシコのホープです。

 

いきなりアンカハスがダウンを奪う

解説の飯田覚士さんが「今、ゴンザレスもなかなかいい選手ですよ」と言おうと思ったところで、アンカハスの左フックがヒットし、早くもゴンザレスがダウンを喫しました。

f:id:stonemeintothegroove:20180227115451j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180227115501j:plain

(左右のパンチを放ったゴンザレスの足が揃ったところへ、タイミングよくアンカハスの左がヒット)

足が揃ってタイミングよくもらったパンチでしたので、立ってきたゴンザレスにダメージはなさそうです。しかし、精神的なダメージは大きかったでしょうね。

2ラウンドからはゴンザレスも持ち直し、積極的にパンチを打って前に出ます。

しかし、アンカハスはうまいですね。

接近すると厄介だと判断したアンカハスが、自分の距離をキープし、右ジャブ、左ストレートを的確にヒットします。

しかも、連打はせず、パンチを放つとすぐにガードポジションに戻り、堅いガードでゴンザレスにパンチをヒットさせません。しかも、接近してもディフェンスが巧みで、なかなかゴンザレスにクリーンヒットを許しません。

 

パッキャオというより井岡一翔

パッキャオの後継者候補と言われていますが、パッキャオほどフットワークは使いませんし、踏み込みの速さより、自分の射程距離をキープし、ゴンザレスのパンチを最小のバックステップで空転させます。

そして、長い右ジャブと、ワンツー、そしてノーモーションの左ストレートを的確にヒットさせ、少しずつ相手を弱らせていきます。

ボクシングスタイルは違いますが、この戦略的なボクシングは井岡一翔を彷彿させます。実に堅実なボクシングです。

ゴンザレスも飯田さんが褒めるように、なかなかきびきびしたシャープなボクシングをしますが、パンチの当て勘、威力でアンカハスが一枚上手という感じです。

 

8ラウンドから倒しにかかるアンカハス

前のラウンドの終盤にアンカハスの右フックがヒットし、手応えを感じたのでしょう。

8ラウンドからアンカハスがやや強めに出てきました。

9ラウンドはもう完全に、アンカハスの攻勢にゴンザレスが押され気味。

そして、10ラウンド。

まず、アンカハスの右フックがゴンザレスの顎をとらえ、ゴンザレスがロープに詰まります。この右フックはかなりダメージがあったと思います。

そして、強引に反撃に出たゴンザレスの左右のパンチをかわし、アンカハスの左ストレートがカウンター気味にヒットし、ついにゴンザレスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180227123646j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180227123659j:plain

(会心の左フックでした。このパンチでゴンザレスの心を折ったようです)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180227123920j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180227123926j:plain

(最後は強引な左フックでなぎ倒した感じです)

このダウンでレフリーはすぐに試合をストップしました。

10RTKO勝ちで、4度目の防衛に成功するとともに、アメリカデビューもまずは大成功と言えるでしょう。

 

この日のアンカハスはほぼ完ぺきなボクシングをしましたね。

 

WBC王者のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)と比べると、アンカハスは堅実で隙の無いボクサーですね。パンチ力は互角かな。体幹というかフィジカルなパワーはシーサケットの方が上でしょう。

アンカハスはどちらかというと、フランシスコ・エストラーダのボクシングと似ている気がします。ただ、アンカハスは単発型で、私はコンビネーションのうまいエストラーダの方が好きですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です