ヒルベルト・ラミレスがようやく世界戦でTKO勝ち VSハビブ・アメド

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSハビブ・アメド(ガーナ)

WBO世界S・ミドル級タイトルマッチ(2018年2月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20180228121549j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180228121555j:plain

(出典:WOWOW)

ラミレスは36戦全勝24KO、26歳のサウスポー。

ジョー小泉さん曰く「スーパースター候補」です。

しかし、これが3度目の防衛戦ですが、世界戦では持ち前の強打を発揮できず、いずれも判定決着に終わっています。

今日は、圧倒的なKO勝ちで「スーパースター候補」をアピールしたいところです。

 

アメドは26戦25勝17KO1敗、27歳。WBO4位。海外での試合はこれが初めてとなります。

 

なかなかスピードがあり敏捷な動きのアメド

ラミレスが11㎝も大きいので、リング上で対峙した両者は、2階級は違うのでは思うほどの体格差があります。実に恵まれた体格をしています。

一方のアメドは4位とはいえ、他も団体ではランキングに名前はなく、しかも無敗ですが、これははいじめての海外の試合となれば、かなりの実力差があろと思われます。

 

しかし、その動きはかなり敏捷で、パンチのスピードもラミレスを凌ぐものがあります。

前に出てプレッシャーをかけるのは長身のラミレスで、アメドは下がりながら右ストレートのカウンターを狙っています。

ラミレスがロープに詰めてパンチを放ちますが、アメドはディフェンスも良く、スピードのあるパンチでこれに対抗します。

ラミレスはガードを堅め、長い右ジャブでアメドにプレッシャーをかけます。

左ストレートをボディに、右を顔面にと、上下の打ち分けもも良く、パンチが多彩ですね。

ただ、アメドも鋭いパンチで、ロープに詰まっても負けずに反撃してきます。なかなか手強い相手ですよ。

 

中盤にプレスを強めるラミレス

3ラウンドあたりからラミレスのパワーに、アメドがやや押され気味になります。

ラミレスの手数が増えて、逆にアメドの手数が減ってきます。

やはりラミレスのプレッシャーは、見た目以上に強いのでしょうね。

4ラウンドからは完全にラミレスの攻勢に、アメドは防戦一方に追いやられます。

ラミレスは少しガードを下げ気味にして、攻撃重視のボクシングを展開。かなり大振りの強いパンチを放ってきます。

そしてリング上は、ネズミを追いかけるネコのような状況になっていきます。

 

6ラウンドにゴーサイン

6ラウンド。もはや反撃する力がアメドにないと判断し、ラミレスのコーナーからゴーサインが出たようです。

ラミレスが猛攻をかけます。アメドは逃げるの必死で、背中を向けて逃げるシーンが何度かありました。

まるで鬼ごっこ状態です。こうなったらストップは時間の問題でしょうね。

何度もコーナーやロープに詰まって、アメドはラミレスの連打にさらされます。

f:id:stonemeintothegroove:20180228124721j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180228124726j:plain

(もうラミレスのやりたい放題。何とかダウンを免れようとアメドは逃げ回ります)

いつ止められてもおかしくない状態が続きましたが、アメドの足が衰えることなく、ラミレスの強打をあびてもダウンしません。ただ、もう試合の決着はついています。

そしてようやく、コーナーのストップ要請の動きを見て、ついにレフリーが試合を止めました。

f:id:stonemeintothegroove:20180228125038j:plain

(セコンドがリングに上がろうとしているの見て、レフリーが試合をストップ)

世界戦4戦目にして、ようやくTKOで勝利をものにしましたが、ダウンを1度も奪えなかったラミレスに課題が残ったような気がします。

私はS・ミドル級では、WBCのデビッド・べナビデスの方が「スーパースター候補」だと思っています。

 

www.boxing-blog.com

 

イギリス勢ではカラム・スミス(イギリス)が一番でしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)