速報)粟生隆寛が因縁の相手と2年10か月ぶりに復帰戦 VSガマリエル・ディアス ダウンを奪って何とか判定勝ち

粟生隆寛(帝拳)VSガマリエル・ディアス(メキシコ)

 S・ライト級(62キロ)契約ウエイト8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20180302105245j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180302105252j:plain

(出典:日テレG+)

粟生は2015年にレイムンド・ベルトランとの無効試合(実際には2RKO負け)以来、2年10か月ぶりの再起戦となります。

32戦27勝12KO3敗1分け1NC、33歳のサウスポー。

 

ディアスは2012年、粟生に勝ってWBC世界S・フェザー級タイトルを獲得しています。因縁の再戦と言いたいところですが、ディアスはその後2勝9敗1分けと散々な戦績です。

53戦38勝17KO12敗3分け、37歳。

 

粟生の仕上がり具合がすべてでしょうね。しかし、62キロは重すぎるでしょう。

 

試合経過)

この試合は日テレG+で生中継されます。

両者、5年半ぶりの再戦です。

1R)

ディアスの左がヒット。粟生はほとんど手が出てませんね。

ディアスの右にまだ反応していません。

2R)

粟生少し動きが良くなってきました。

しかし、粟生は手数が少ないですね。

この回、ディアスは何度もマウスピースを落としします。

終盤、粟生の左がヒットしました。

3R)

ようやく粟生は、ディアスの動きが見えてきた感じです。

ただ、もう少し粟生に手数がほしいですね。

終盤、粟生の左ストレートでディアスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180302105342j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180302105356j:plain

(粟生の左ストレートがきれいにヒットしました)

ディアスに、それほどダメージはなさそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20180302105455j:plain

4R)

パワーはディアスの方があります。

粟生もまだそれほどそ積極的に行きませんね。

ディアスの方が攻勢をかけてきます。粟生はやや押されていますね。

5R)

粟生はまだまだ本来の動きではありません。

ディアスのパワーが優っている感じです。

粟生の手数が少ないですね。ディフェンスも全盛期に比べるとかなり甘いです。

6R)

どうも粟生は、距離感がまだつかめていない感じですね。

ディアスのパワーに、てこずっています。

7R)

粟生はまだペースをつかんでいません。

コーナーに詰めてからの決め手がありません。

8R)

ディアスがもみ合いに持ち込みます。

最後まで、粟生は思うようなボクシングが全くできませんでした。

 

まあ、ダウンを奪った分、判定は有利でしょうね。

 

3-0(78-76、79-74、79-74)で粟生が判定で勝利を得ました。

しかし、これでは今後は難しいでしょう。

それと、ディアスは、ネリと違って好感が持てますね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です