WOWOWさん! ティモシー・ブラッドリーは放映しないでください!・・・VSジェシー・バルガス

■WOWOWエキサイトマッチ観戦記・45

WBO世界ウェルター級暫定王座決定戦(2015年6月27日)
ティモシー・ブラッドリー(アメリカ)VSジェシー・バルガス(アメリカ)

 

f:id:stonemeintothegroove:20150819172530j:plain

ブラッドリーはマニ―・パッキャオと1勝1敗の接戦(拙戦?)を演じた一応実力者。

バルガスはWBA世界Sライト級の無敗のチャンピオンです。

確かにブラッドリーは実力者かもしれませんが、スピーディで手数が多いけどクリーンヒットが意外と少なく、致命的なのはパンチ力がないことです。

しかも、ジョー小泉さんは「ブラッドリーのもうひとつの武器は頭です」

 

頭突き?

 

最低ですね。

 

一言で言うと「とてもつまらないボクサー」です。

早く引退したらいいのにな~と願っています。

バルガスは26戦全勝ですが9KOとこのクラスしては極端にKO率が低いですね。

■凡戦の予感

ブラッドリーは31勝12KO1敗1分で負けないしぶとさはあるものの、その勝利も僅差が多く、私の最も嫌いなタイプのボクサーです。相手もKO率が低いのですからWOWOWもこんな試合をなぜセレクトするか不思議でなりません。ファンをないがしろにしているとしか思えませんね。

ボクシングファンなら、ブラッドリーは誰とやっても退屈なボクサーであることぐらいはみんな知っていますよ!

そして、予想通り期待を裏切らない凡戦で、内容を説明するのも面倒なほど見るべきものはありません。

■また眠ってしまいました

6ラウンドまでは採点を付けていたのですが、そのあとが空白です。

 

あまりの退屈な試合に7ラウンドから記憶をなくしてしまいました

またやってしまいました。

目が覚めたのが問題の12ラウンド。アナウンサーの大きな声に思わずテレビ顔面をみると、ブラッドリーがふらふらになって逃げていました。

 

■これはもめるで、レフリーの不始末

バルガスの渾身の右ストレートがブラッドリーのガードの下がった顎を見事にとらえ、ダメージは甚大です。のこり22秒の大逆転か!

ラッシュをかけたバルガスをあと10秒のところでレフリーが止めたのです。

バルガスはもちろん、観客もみなバルガスの逆転KO、と思ったことでしょう。

レフリーは10秒前を知らせる拍子木を終了のゴング勘違いして、ストップしたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20150819172559j:plain

ジョー小泉さんも「これは大問題ですよ!」

f:id:stonemeintothegroove:20150819172629j:plain

普通の試合の残り10秒とは全く違うわけですからね。ひょっとしたら10秒でTKOになる可能性もあるわけですからね。

小泉さんは「やるべきは再戦です」と言ってましたが、私は…

 

 

もう結構です!

WOWOWさん!もうブラッドリーの試合は放送しないでください。
どうしても放送したいのなら、5分ぐらいのダイジェストで十分です。

No tags for this post.

2 Comments

ボクシングオタク

ボクシングマニアさんほど影響力のある方にだからこそ発言させてください。
この試合に関して言えば、両者のスピード、ジェシーバルガスのカウンター、ブラッドリーのポイントの取り方のうまさ、両者の自分の戦略の徹底具合など、自分にとっては見るべき点がたくさんあるとてもいい試合でした。
「ボクシング」とはとても色んな要素を含んだものだと思います。一部の要素だけを見て、良い悪いを決めるのは「ボクシング」に対しての狭い見方であるはずです。
ボクシングの一面だけを評価するボクシングマニアさんは、ボクシングへの愛が偏っているように感じます。

返信する
stonemeintothegroove

ご意見ありがとうございます!
今後の参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)