世界は遠い~中谷正義・・・VSアクセル住吉

◆アクセル住吉は不思議な選手

OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
中谷正義VSアクセル住吉

アクセル住吉はタイトル戦のときOPBF東洋太平洋ライト級8位と紹介されていましたが、ボクシングマガジン5月号を見る限り、OPBFどころか日本ランキングにも入っていません。どういうことなのでしょうね。

どんな相手と対戦しているのかわかりませんが、戦績8戦4勝1KO3敗1分はお粗末です。
おそらく、アマチュア実績があるので、6回戦あたりからデビューしているのでしょうが、それにしても不思議です。

◆Sフライ級の石田匠タイプ

中谷は、石田によく似ていますね。同じ井岡ジムで背が高いボクサーなので、似てくるのは仕方がないというかむしろ自然なのかもしれません。残念ながら二人とも線が細く、とても世界では通用しそうにないと思いました。石田はSフライ級なのでまだチャンスがわずかでも残っていそうですが、中谷は絶対無理ですね。

◆ガードが甘い

序盤こそ、左ジャブをついて、住吉を中に入らせず、右のカードもしっかりしていました。そして、中盤に攻勢に出て、住吉に連打を浴びせましたが、残念ながらパンチが非力で相手にダメージを与えることができず、逆に自分が打ち疲れてしまいました。

 

6回にはガードが甘くなったところに住吉のパンチをもらい、結構効いてしまったようです。体が硬いのかとにかく柔らかい身のこなしができず、打たれ弱さを露呈してしまった感じです。この程度の相手に苦戦するようでは話にならないですね。

◆ボディブローで立て直すが

後半からボディブローを多用するようになりました。特にボディアッパーは効果があったようですね。
完全に住吉の手数が少なくなり、スタミナ切れのチャンピオンを追い込むことができません。

スタミナ計算機 ?タイマー付き?

スタミナ計算機 ?タイマー付き?

 

 

中谷もKOを狙って攻めますが、いかんせん手数が少なく、パンチも非力で相手に深刻なダメージを与えることができず12ラウンドのゴングが鳴りました。
中谷は、WBC世界ライト級チャンピオンのホルヘ・リナレスとやったら秒殺されるでしょうね。

◆ライト級最新情報

ところで、アメリカで5月1日(日本時間5月2日)にWBOの世界ライト級王座決定戦をやる粟生隆寛の相手、レイムンド・ベルトラン

 

前日計量をパスできず、失格になったそうです。

 

試合は予定通り行われますが、粟生が勝てばもちろんチャンピオン、しかしベルトランが勝っても王座は空位のままになります。

粟生にほんの少し光明が差しましたね。

 

・・・2015年5月2日追記・・・

粟生は結局負けてしまいました↓

ボクシングファン最良の日! 村田諒太、三浦隆司、八重樫東の3連続KO! 粟生隆寛は残念… – わしはボクシングマニア

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)