わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)WBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉大吾VSモイセス・フェンテス なんと1RKO勝ち!

▼最新記事

比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)VSモイセス・フェンテス(メキシコ)

WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20180204122015j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

f:id:stonemeintothegroove:20180205143845j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180205143901j:plain

(出典:フジテレビ)

比嘉はこれが2度目の防衛戦です。そして、沖縄での凱旋しとなります。

しかし、過去、会長の具志堅用高さんを最後に、沖縄での世界戦は3戦3敗と、日本人がいずれも苦杯をなめています。

比嘉は、14戦全勝14KO、22歳。パーフェクトレコードホルダーです。

 

フェンテスは、WBC9位。30戦25勝14KO4敗1分け、30歳。

2016年の大晦日、田中恒成とのWBOライトフライ級王座決定戦で、5RTKOを喫しています。

その後、フライ級に階級を上げ、1勝(1KO)1敗。同じ相手と2度戦い、最初は判定負け、再戦ではTKOで雪辱しているものの、なんとその時のウエイトはS・バンタム級でした。

 

とりあえず、前日計量では両選手とも1回でパスしています。

 

問題は、減量に相当苦しんでいた比嘉の仕上がり具合ですね。体調さえ万全なら、37年ぶりの沖縄での世界戦で、初勝利をあげることが出来るでしょう。

 

試合経過)

 リング上、 何となくフェンテスが自信ありそうで、嫌な感じがいします。

それにしてもメキシコ国歌は長いですね。

比嘉はかなり緊張していますよ。

 1R)

比嘉の動きはいいですね。

左ボディがいいです。

おっと、いきなりフェンテスの右オーバーハンドが比嘉をとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20180205144433j:plain

(かなり強いパンチでしたが、比嘉は顔色一つ変えません)

恐いパンチですね。フェンテス、なかなか好戦的に攻めてきます。

比嘉の打ち終わりを狙っているようです。

フェンテスのボディブローもかなりパワーがあります。

 f:id:stonemeintothegroove:20180205144550j:plain

(フェンテスのボディブローはなかなかパワフルです)

比嘉の右がカウンターでヒットしました。フェンテスが大きくぐらつきました。かなりダメージがありそうですよ。

f:id:stonemeintothegroove:20180205144701j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180205144713j:plain

(この右カウンターはかなりダメージがありました)

比嘉がロープに詰めて連打します。

左ボディがわき腹にヒットし、さらに左のアッパーでフェンテスがコーナーに詰まります。そしてまた右ボディストレートがヒット!

f:id:stonemeintothegroove:20180205144836j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180205144914j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20180205144930j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180205144942j:plain

(左ボディから左アッパーでフェンテスの上体を起こし、右ストレートをボディに叩き込みます)

フェンテスがダウンしました。

カウント8、でなんとか立ってきましたが、レフリーがストップしました!

何と、1ラウンドKO勝ちです。

 

37年ぶりに、ついに沖縄での世界戦に勝利をもたらしました。

 

そして15連続KO勝ちです。浜田剛史さんのレコードに並びました。

しかも、デビューからすべてKOです。すごい男ですね。

これでは、井岡一翔も逃げますね~。