拳四朗が指名挑戦者に4RTKO勝ちでV6達成!VSジョナサン・タコニン

拳四朗(BMB)VSジョナサン・タコニン(フィリピン)

(出典:フジテレビ)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年7月12日)

拳四朗は、15戦全勝8KO、27歳。

すでに6度目の防衛戦となります。スカッとKOしたいところですが、今日の相手は強豪です。

タコニンは、32戦28勝22KO3敗1分け、32歳のサウスポー。

KO率68%のハードパンチャーです。2016年にカニガン・ロペスのWBC世界ライトフライ級タイトルに挑戦し、判定負け。その後、6連勝(4KO)して、指名挑戦者の権利を獲得しています。

試合経過)

両選手とも前日計量を一発でパスしています。計量後、対峙した両選手を見ると、身長はやはり拳四朗の方が高そうですね。

1R)

拳四朗は距離をとって間合いを図っていますが、タコニンの左はなかなか怖いタイミングで放ってきます。

2R)

拳四朗は左ジャブ。タコニンは怖い左を放ってきます。拳四朗の左のボディブローがヒット。拳四朗の左ジャブがいいですね。そして、拳四朗の右のタイミングが合ってきましたね。

3R)

タコニンが距離を詰めて出てきます。しかし、拳四朗の右が当たり出しました。拳四朗が間合いを見切った感じで前に出ます。上下の打ち分けもいいですね。ここで、偶然のバッティングでタコニンがカット。拳四朗に減点1が与えられました。

試合再開後、拳四朗の右がヒットし、前に出てプレッシャーをかけます。

4R)

タコニンが左を振って前に出ますが、ここは拳四朗は冷静に対処。そして、タコニンの左をかわし拳四朗の右のカウンターがヒットし、タコニンがダウンしました。

かなり効いていますよ!立ってきましたが、レフリーが試合をストップしました。

4RTKO勝ちで、6度目の防衛に成功しました。

「わしボク」は、拳四朗がこのクラス(ライトフライ級)最強だと思います。安定感抜群です。

ちなみに、リングアナウンサーは、あのジミー・レノン。ジュニアです。

No tags for this post.

2 Comments

オサリバン

村田の予想はお互い相反しましたが、
拳四朗に関してはわしボクさんと全く同じ意見です。
パンチの強弱も確りしているし何しろ当て勘が素晴らしい。

このクラス最強は間違いないと思います。

返信する
わしボク

オサリバンさん、コメントありがとうございます。
村田はやっぱりスター的な魅力がありますね。でもボクシングのレベルでは拳四朗がはるかに上だと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)