読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

小原佳太をリング外にたたき出したエドゥアルド・トロヤノフスキーが秒殺される VSジュリウス・インドンゴ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)VS ジュリウス・インドンゴ(ナミビア)

IBF世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20170110100207j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170110100214j:plain

(出典:WOWOW)

トロヤノフスキーは昨年9月に、小原圭太をリング外にたたき出し、衝撃的な2RTKOで3度目の防衛を果たしています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

25戦全勝22KO、36歳。

浜田さん曰く「今が一番強いときです」。

 

インドンゴは20戦全勝10KO、33歳のサウスポーです。

解説の浜田さんは「インドンゴ、やりにくい選手ですよ」と評しています。

 

とはいえ、インドンゴは名のある選手との対戦もなく、KO率もさほど高くありません。175cmのトロヤノフスキーに対して、179㎝の長身でサウスポーということぐらいで、まともなら、トロヤノフスキーがあっさり勝つと、誰もが予想していたと思います。

 

まるで内山高志のKO負けを彷彿させる衝撃の結末

リング上で、自信なさげな顔をしているインドンゴに対し、トロヤノフスキーは「私が負けるわけがない」と自信満々の表情です。

 

これは生でみたかったですね~

 

開始30秒辺りで、トロヤノフスキーが何気なく軽い左をインドンゴにヒットししましたが、そこへ大きく振りかぶったインドンゴの左ストレートが飛んできました。

トロヤノフスキーは見えていなかったようですね。

トロヤノフスキーの顔面にまともにヒットし、なんとトロヤノフスキーがダウン。しかも後頭部をマットに痛打。

もうだれもが立てないと、瞬時に判断できるほどの衝撃的なダウンシーンでした。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170110102345j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170110102321j:plain

(軽い左を放ったトロヤノフスキーに対して、ための効いた左ストレートをヒットさせたインドンゴ)

f:id:stonemeintothegroove:20170110102406j:plain

(全く見えていなかったようです。まともに喰いました)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170110102624j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170110102630j:plain

(倒れたときに後頭部をマットにしたたか痛打。これは立てませんね)

 

 

この試合を見て、内山高志のKO負けを思い浮かべた人は少なくないと思います。

さほどKO率も高くなく、前日計量を辛うじてクリアしたジェスリル・コラレスに対して、体調万全の内山高志。彼にとってはビッグマッチへの通過点でしかなかったと思います。

そこに落とし穴が待っていましたね。何気なく放った内山の左ジャブに合わせて、コラレスの速い左ストレートが飛んできて、まさかのダウンを喫しています。全く見えていなかった、という点も酷似していますね。

しかも、コラレスもサウスポーで、KO率もさほど高くありませんでした。

 

見えないパンチは効きます。

 

しかし、トロヤノフスキーは再戦すればきっとリベンジできるでしょう。

トロヤノフスキーのディフェンスが若干甘いですのは気になりますが、勝っても負けても衝撃的なトロヤノフスキーは、魅力的です。

是非、インドンゴと再戦してほしいと思います。