わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

メイウェザーの秘蔵っ子デービスが全勝のイギリス人に圧勝! ジャーボンテイ・デービスVSリアム・ウォルシュ

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSリアム・ウォルシュ(イギリス)

IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170627095304j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627095314j:plain

(出典:WOWOW)

デービスはフロイド・メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子です。

17戦全勝16kO、まだ22歳のホープです。

身長は168㎝と小柄ですが、デービスの身体能力の高さと踏み込みの速さであれば、ライト級でも十分戦えると思います。

リアム・ウォルシュも21戦全勝14KOとレコードでは負けていません。そしてランキング1位の指名挑戦者です。

 

スピードが違いすぎる

サウスポーのデービスに対して、ウォルシュはスイッチヒッターです。

スタートはお互いサウスポースタイルで対峙しました。

しかし、右ジャブのスピードが違いすぎましたね。

 

スピードについていけないウォルシュは右にスイッチしますが、今度はデービスの左ストレートが飛んできます。

2ラウンドの段階では、まだデービスは完全に左の距離があっていないようでしたが、ウォルシュの動きは完全に見切っているように見えました。

 

全勝の1位を叩き潰す

3ラウンドに入ると、早くもデービスはエンジン全開。

クリンチの離れ際に左フックを打ち下ろし、ウォルシュの膝が揺れます。これはかなり効いたようで、必死にウォルシュはクリンチで逃げようとしますが、容赦なく左を叩き込んでくるので、離れざるを得ません。

それを追いかけるようにデービスが、連打で襲い掛かってきます。

  f:id:stonemeintothegroove:20170627104013j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104001j:plain

そして、もう完全に距離をアジャストしたデービスの強烈な左フックで、叩き潰されるようにウォルシュがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170627104328j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104341j:plain

(左右の連打から左フックをたたきつけられ、ウォルシュは潰されるようにダウン)

ウォルシュのダメージは深刻でしたが、かろうじて立ってきました。

しかし、再開してすぐに、デービスの連打にさらされたウォルシュを、レフリーが救い出しました。

 f:id:stonemeintothegroove:20170627104212j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104840j:plain

全勝でランキング1位のウォルシュでしたが、メイウェザーの秘蔵っ子には全く歯が立ちませんでした。

 

メイウェザーと言えば、UFCのコナー・マクレガーという人とボクシングで対戦するそうですね。残念ながら私はUFCを全く知りませんので、コメントしようがありません。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170627104933j:plain

(やはりメイウェザーがリング上に上がると、デービスより目立っていました)

デービスはS・フェザー級がかなりきついようです。近いうちにライト級に上げるかもしれませんが、その前にワシル・ロマチェンコと対戦してほしいですね。

同じ階級の伊藤雅雪や尾川堅一には、このデービスはちょっと荷が重い相手でしょう。

 

ところで、9月9日のロマゴン&井上尚弥のダブル世界戦は、どうやらWOWOWでも放送するよな感じですね。

井上尚弥のアメリカデビュー戦が決まりましたね VSアントニオ・ニエベス戦結果予想(9月9日)

井上尚弥(大橋)VSアントニオ・ニエベス(アメリカ)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年9月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20170622103648p:plain

ついに井上尚弥のアメリカデビューが正式決定しましたね。

9月9日に、シーサケット・ルンビサイVSローマン・ゴンザレスのセミファイナルとして行われるようです。

この日は他に、カルロス・クアドラスとファン・フランシスコ・エストラーダもアンダーカードで登場します。

WBC世界S・フライ級挑戦者決定戦ということなので、勝者がロマゴンVSシーサケットの勝者に挑戦することになります。

S・フライ級のトップ選手が勢ぞろいすることになりますね。

アメリカのボクシングファンにとっては、それほど魅力的ではないかもしれませんが、日本のファンにとっては夢のようなイベントです。

とはいえ、米国の最大のケーブルTVネットワークである「HBO」で全米放映されることになっています。

 

続きを読む

ライトヘビー級に新たな新星 ドミトリー・ビボルVSセドリック・アグニュー

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSセドリック・アグニュー(アメリカ)

 

ライトヘビー級10回戦(2017年6月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20170622080549j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170622080558j:plain

(出典:WOWOW)

この日の(ウォードVSコバレフ)アンダーカードにもう一つアメリカVSロシア対決が組まれていました。

(この日のアメリカVSロシア対決カード)

〇アンドレ・ウォード(アメリカ)  VS ✖セルゲイ・コバレフ(ロシア)

〇ルイス・アリアス(アメリカ)   VS ✖アリフ・マゴメドフ(ロシア)

✖セドリック・アグニュー(アメリカ)VS 〇ドミトリー・ビボル(ロシア)

 

ノンタイトル10回戦でしたが、ビボルはWBAの暫定チャンピオンです。

10戦全勝8KO、26歳。

アグニューは31戦29勝15KO2敗。31歳。

3年前に26戦全勝でコバレフに挑戦し、7RKOで完敗しています。

元USBA全米ライトヘビー級チャンピオンですが、現在世界ランキングからは消えています。

 

私にとっては、この試合はビボルの「お手並み拝見」となりますね。

 

続きを読む

やっぱりボクシングはすっきりKO決着が一番ですね ルイス・アリアスVSアリフ・マゴメドフ

ルイス・アリアス(アメリカ)VSアリフ・マゴメドフ(ロシア)

USBA全米ミドル級タイトルマッチ(2017年6月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20170621095407j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170621095416j:plain

(出典:WOWOW)

メインの「アメリカVSロシア」対決のアンダーカードでも、「アメリカVSロシア」対決がありました。

チャンピオンのアリアスは18戦17勝11KO1無効試合。27歳。

ロシアの刺客、マゴメドフは19戦18勝11KO1敗。24歳。

IBFのミドル級ランキングでは、アリアスが11位に対して、マゴメドフは7位と、チャンピオンより上位にランクしています。

マゴメドフはWBCでも8位にランクしており、これだけで判断すると、マゴメドフがやや有利かなと思います。

ただ、両社ともKO率が50%ほどで、ミドル級としてはやや低いのが気になりますね。判定決着濃厚の世界ランカー対決です。

 

ちなみにUSBAはIBFの下部タイトルです。当然勝てばランキングは上昇するでしょうね。しかし、上位にジャーマル・チャーロ、デビッド・レミュー、ダニエル・ジェイコブスがいます。この中に割って入るの至難の業ですね。

 

続きを読む

KO宣言!の田中恒成の猛攻にも、最後まで挑戦者の心は折れず VSアンヘル・アコスタ

田中恒成(畑中)VSアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170619142636j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170619142651j:plain

(出典:TBSチャンネル)

田中恒成は8戦全勝5KO、21歳。これが初防衛戦です。

アンヘル・アコスタは、なんと16戦全勝16KOのパーフェクトレコードを持つ世界1位です。26歳。

田中にとっては過去最大の強敵でしょう。

身長は同じ163㎝、そしてどちらもオーソドックススタイルです。

続きを読む

拳四朗 予想以上にサウスポーにてこずり、僅差でタイトル奪取 VSガニガン・ロペス

ガニガン・ロペス(メキシコ)VS拳四朗(BMB)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170619083131j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170619083146j:plain

(出典:BSフジ)

ロペスは39戦33勝18KO6敗、35歳のサウスポーです。

木村悠さんから奪ったタイトルの2度目の防衛戦です。

拳四朗は9戦全勝5KO、25歳。右構えのオーソドックススタイルで、サウスポーとの対戦はこれが初めてです。

身長は全く同じ164.5㎝ですが、ロペスの方が大きく見えますね。

 

この試合、私は拳四朗が楽勝すると思っていました。

ロペスはサウスポーというだけで、ほかにこれといった武器はありません。テクニックもパンチ力もチャンピオンのレベルには達していないと思います。

拳四朗はこれが10戦目ですが、日本タイトルもOPBFタイトルも獲得し、満を持しての挑戦です。

続きを読む

速報)2試合とも後味の悪いKO決着。アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフ&ギジェルモ・リゴンドー防衛戦VSモイセス・フローレス 

 

アンドレ・ウォード(アメリカ)VSセルゲイ・コバレフ(ロシア)

WBAスーパー・IBF・WBO世界タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170623071218j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170623071227j:plain

(出典:WOWOW)

ウォードVSコバレフのダイレクトリマッチです。

 

 

ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)VSモイセス・フローレス(メキシコ)

WBAスーパー世界Sバンタム級タイトルマッチ

 

WOWOWオンデマンドで11時から生中継されました。

明日(6月19日)のエキサイトマッチで放送されますので、「結果を知りたくない」

という方は読まないでくださいね。

続きを読む

田口良一VSロベルト・バレラ(6度目の防衛戦)&京口紘人が世界初挑戦VSホセ・アルグメド W世界戦(7月23日)

田口良一(ワタナベ)VSロベルト・バレラ(コロンビア)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170615095657j:plain

7月23日ですか~ホントに個人的な話で恐縮ですが、この日は予定があって帰りが遅くなります。9時からの放送なら間に合うのですけど、7時からだと厳しいかな~

アッ、申し訳ありません。

閑話休題。

田口は29戦25勝11KO2敗2分け、30歳。これがなんと6度目の防衛戦になります。無尽蔵のスタミナと打たれ強さが持ち味です。

5度目の防衛戦で、カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に前半ポイントをリードされ、後半追い上げましたが、しぶといカニサレスに上手くかわされ、引き分けで辛くも防衛に成功しています。

挑戦者のロベルト・バレラは19戦18勝12KO1敗、24歳。WBA1位。

唯一の1敗は、カルロス・カニサレスに判定負けしたものです。

2015年12月に田口に挑戦した(9回棄権)、ルイス・デラローサにはKO勝ちしています。

最近5試合連続KO勝ちと、絶好調のようですよ。

 

田口はとにかくこの試合にスカッと勝って、田中恒成との統一戦を実現させてほしいと思います。

 

ホセ・アルグメド(メキシコ)VS京口紘人(ワタナベ)

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170615114505j:plain

アルグメドは23戦19勝11KO3敗1分け、28歳。これが3度目の防衛戦となります。

2015年12月に高山勝成に負傷判定でタイトルを獲得しています。

 

 高山VSアルグメド ↓(アグメドとアルグメドは同一人物です)

www.boxing-blog.com

 

続きを読む

最大の武器は第三のパンチ!なかなか頑固な石頭ですヨ ショーン・ポーターVSアンドレ・ベルト

ショーン・ポーター(アメリカ)VSアンドレ・ベルト(アメリカ)

ウェルター級12回戦(2017年4月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170614122857j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614123015j:plain

(出典:WOWOW)

ポーターはキース・サーマンに敗れたものの、その好戦的なファイトスタイルで、依然高い人気を誇っています。

29戦26勝16KO2敗1分け、29歳。WBC3位。

 

アンドレ・ベルトは私の中ではもう過去の選手です。あまりにも打たれもろすぎますね。まあ、勝っても負けてもKOですから、それなりに面白いとは思いますが、もう世界の第一戦では通用しないボクサーです。

35戦31勝24KO4敗、33歳。IBF3位、WBCでも4位にランクしています。

 

続きを読む

パワーアップしたチャーロ弟、右フック一発で挑戦者が失神 ジャーメル・チャーロVSチャールズ・ハトリ―

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSチャールズ・ハトリ―(アメリカ)

WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年4月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170613115828j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170613115838j:plain

(出典:WOWOW)

ジャーメル・チャーロは、ミドル級に転向したジャーマル・チャーロの双子の弟です。

28戦全勝13KO、26歳。ハードパンチャーの兄に対し、KO率からもわかるように、スピードとテクニックが持ち味です。

チャールズ・ハトリ―は28戦26勝18KO1敗1分け、31歳。WBC1位にランクしていますが、この挑戦が1年半ぶりの試合となります。

ジョー小泉さんが、「よくWBCが1位に置いといてくれましたね」と言ってましたが、同感です。

続きを読む