わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

サンダースがレミューの強打を完封。レミューのパンチは12ランウド空転を続ける ビリー・ジョー・サンダースVSデビッド・レミュー

ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)VSデビッド・レミュー(カナダ)

WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2017年12月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20180214142221j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180214142229j:plain

(出典:WOWOW)

サンダースは25戦全勝12KO、28歳。タイトルを獲得してからの防衛戦は凡戦が続き、評価を大きく下げています。私は、以前から「村田諒太なら楽勝」ねらい目のチャンピオンと思っていました。

レミューはゴロフキンに負けるまでは、世界のミドル級のトップボクサーでした。

ゴロフキン戦では、スキルのなさを露呈して、評価を大きく下げしまいましたが、ようやく、また世界戦線に戻ってきました。

41戦38勝33KO3敗、28歳。WBO3位。

 

続きを読む

パッキャオに勝って、一躍有名人になったジェフ・ホーンだけど、やっぱりつまらんボクサーだった Vゲイリー・コーコラン

ジェブ・ホーン(オーストラリア)VSゲイリー・コーコラン(イギリス)

 

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年12月13日)

f:id:stonemeintothegroove:20180213203836j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180213203847j:plain

(出典:WOWOW)

ジェフ・ホーンは、落ち目のマニー・パッキャオに勝って、一躍有名人になったボクサーだけど、私にはたまたまロートルのパッキャオとの対戦という、ラッキーチャンスに恵まれただけだと思っています。

こいつは、全くボクサーとしては魅力がないと、断言できます。

18戦17勝11KO1分け、29歳。ダメ押しで、テクニックもパンチ力もないつまらんボクサーと紹介しておきましよう。

コーコランは18戦17勝7KO1敗、27歳。戦績から察するに、たぶん典型的なつまらんイギリス人ボクサーでしょう。

続きを読む

世界は広いですね。こんな恐いボクサーがまだWBC世界S・ライト級28位 マルセリーノ・ロペスVSブレイディス・ブレスコット

マルセリーノ・ロペス(アルゼンチン)VSブレイディス・ブレスコット(コロンビア)

S・ライト級8回戦(2018年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20180207115713j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180207115740j:plain

(出典:WOWOW)

ホルヘ・リナレスの防衛戦のアンダーカードに、すごい選手が登場しました。

 

ロペスは、36戦33勝18KO2敗1分け、31歳。WBC28位。

31歳でこの戦績で、まだWBC28位なんですね。このクラスはホントに選手層が厚い。

ブレスコットは、41戦30勝22KO11敗、33歳。

ブレスコットは、アミール・カーンをKOしたことで有名ですが、11敗の中にはかなり強豪との対戦があります。

 

続きを読む

速報)WBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉大吾VSモイセス・フェンテス なんと1RKO勝ち!

比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)VSモイセス・フェンテス(メキシコ)

WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20180204122015j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

f:id:stonemeintothegroove:20180205143845j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180205143901j:plain

(出典:フジテレビ)

比嘉はこれが2度目の防衛戦です。そして、沖縄での凱旋しとなります。

しかし、過去、会長の具志堅用高さんを最後に、沖縄での世界戦は3戦3敗と、日本人がいずれも苦杯をなめています。

比嘉は、14戦全勝14KO、22歳。パーフェクトレコードホルダーです。

 

フェンテスは、WBC9位。30戦25勝14KO4敗1分け、30歳。

2016年の大晦日、田中恒成とのWBOライトフライ級王座決定戦で、5RTKOを喫しています。

その後、フライ級に階級を上げ、1勝(1KO)1敗。同じ相手と2度戦い、最初は判定負け、再戦ではTKOで雪辱しているものの、なんとその時のウエイトはS・バンタム級でした。

 

とりあえず、前日計量では両選手とも1回でパスしています。

 

問題は、減量に相当苦しんでいた比嘉の仕上がり具合ですね。体調さえ万全なら、37年ぶりの沖縄での世界戦で、初勝利をあげることが出来るでしょう。

続きを読む

速報)日本S・フェザー級タイトルマッチ 末吉大VS大里拳 カットによるTKOで初防衛成功

末吉大(帝拳)VS大里拳(大鵬)

日本S/フェザー級タイトルマッチ(2018年2月3日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180204114042j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180204114050j:plain

(出典:日テレG+)

 

*  *  *

 

先日は、当サイトの記事に誤りがあり、大変失礼致しました。

当該記事を削除するとともに、お詫び申し上げます。

当ブログでは引き続き、ボクシング界の更なる飛躍を願い、引用の範囲でテレビ等から情報を収集し、皆様にお届けしていく所存です。微力ではありますがよろしくお願い申し上げます。

 

*  *  *

 

さて、末吉はこれが初防衛戦。前回の試合はちょっと不甲斐ない試合でしたね。

17戦16勝10KO1敗、27歳。

大里は14戦13勝4KO1敗1分け、23歳。

末吉はタイトルを獲得した試合が不完全燃焼でしたから、世界を目指すなら、今度が正念場だと思います。

続きを読む

速報)WOWOWエキサイトマッチ ルーカス・マティセが8RKOで王座獲得 VSテワ・キラム WBA世界ウエルター級王座決定戦

ルーカス・マティセ(アルゼンチン)VSテワ・キラム(ティーラチャイ・クラティンデーンジム)(タイ)

WBA世界ウェルター級王座決定戦(2018年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20180129110106j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180129110119j:plain

(出典:WOWOW)

レイモンド・ピーターソンの王座返上に伴い、決定戦が行われることになりました。

マティセは42戦38勝35KO4敗1無効試合、35歳。WBA3位。

2015年にビクトル・ポストルにKO負けした時は、もう世界戦線から完全に離脱した思いましたが、昨年5月に剛腕マティセが、KOで見事に復活しました。

 

www.boxing-blog.com

 

テワ・キラムは38戦全勝28KO、25歳。一応WBA1位ですが、名のある選手との対戦がなく、実力は未知数です。

続きを読む

速報)WOWOWエキサイトマッチ ホルヘ・リナレスが判定で3度目の防衛に成功 VSメルシト・へスタ WBA世界ライト級タイトルマッチ

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSメルシト・へスタ(フィリピン)

WBA世界ライト級タイトルマッチ(2018年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20180129111223j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180129111233j:plain

(出典:WOWOW)

リナレスは46戦43勝27KO3敗、32歳。これが3度目の防衛戦となります。

へスタは34戦31勝17KO1敗2分け、30歳。WBA15位のサウスポーです。

へスタは、これが2度目の世界挑戦。2012年に当時のチャンピオン、ミゲル・バスケスに挑戦し大差の判定で敗れています。

序盤にフィリピン人特有の大振りのパンチを、不用意にもらうことがなければ、後半にリナレスのKOチャンスが訪れるような気がします。

しかし、へスタの右フックは要注意ですね。

続きを読む

村田諒太の初防衛戦が決まりましたね VSエマヌエーレ・ブランダムラ ㏌横浜アリーナ(4月15日)

村田諒太(帝拳)VSエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2018年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20180126105253j:plain

(出典:フジテレビ)

村田は14戦13勝10KO1敗、32歳。アッサン・エンダムから奪ったミドル級のタイトルの初防衛戦となります。

ブランダムラは29戦27勝5KO2敗、38歳。WBA10位ですが、IBFとWBCでも7位ランクされています。

わずか5KOというのが、逆に不気味ですね。

しかし、2敗はいずれもKO負け。2014年にビリー・ジョー・サンダースに8R右フックのカウンターで倒されています。

f:id:stonemeintothegroove:20180126105704j:plain

 (出典:WOWOW)

続きを読む

ミゲール・コット ラストファイトで有終の美を飾れず VSサダム・アリ

ミゲール・コット(プエルトリコ)VSサダム・アリ(アメリカ)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年12月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20180124145025j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180124145033j:plain

(出典:WOWOW)

ミゲール・コットは勝っても負けても、これがラストファイトになります。

46戦41勝33KO5敗、37歳。四階級制覇の偉大なチャンピオンです。

 

サダム・アリはこれが2度目の世界挑戦。2016年3月にジェシー・バルガスにTKO負けして、王座獲得に失敗しています。

26戦25勝14KO1敗、29歳。WBO7位。

イエメン出身で、ジョー小泉さん曰く「イエメンのイケメン」。

コットにとってアリはそれほど危険なパンチがなく、打たれもろさもあるので、あわよくばKOで有終の美を飾れる相手だったのでしょう。

続きを読む

アンヘル・アコスタが、田中恒成が返上したWBOライトフライ級タイトルを獲得 VSフアン・アレホ

アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)VSフアン・アレホ(メキシコ)

 WBO世界ライトフライ級王座決定戦(2017年12月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20180123144618j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180123144627j:plain

(出典:WOWOW)

アコスタは17戦16勝16KO1敗、27歳。WBO6位。

アレホは30戦25勝15KO4敗1分け、33歳。WBO4位。

田中恒成がタイトルを返上したため、王座決定戦が行われました。

アコスタの1敗は、田中に挑戦し判定負けでタイトル獲得に失敗した時のものです。

 

www.boxing-blog.com

 

続きを読む