読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

今、最も熱い階級はSフェザー級かも 超新星ゲルボンタ・デービス&最強ワシル・ロマチェンコ&ミゲール・ベルチェルト&三浦隆司&ジェスリル・コラレス&ジェイソン・ソーサそして内山高志

ボクシングよもやま話

まずは超新星、ゲルボンタ・デービス(アメリカ)(IBF)

f:id:stonemeintothegroove:20170218130755j:plain

1月14日にIBF全勝の王者、ホセ・ペドロサ(プエルトリコ)をTKOで倒し、センセーショナルに王座を獲得したのがデービスです。

ペドロサは22戦全勝12KOでしたが、デービスも17戦全勝16KO。しかし、名のある対戦相手はありません。

「まだ早い」の声もある中、このフロイド・メイウェザーの秘蔵子は、ペドロサを圧倒しました。まさに、超新星の誕生です。ワシル・ロマチェンコにとっては、一番危険な相手かもしれません。

ロマチェンコはライト級に上げる前に、この超新星と対戦してほしいですね。

 

続きを読む

スーパースター候補、ジャーマル・チャーロが無敗の世界1位を5回KO VSジュリアン・ウィリアムス

ボクシング観戦記(海外編)

ジャーマル・チャーロ(アメリカ)VSジュリアン・ウィリアムス(アメリカ)

IBF世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170216141249j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170216141324j:plain

(出典:WOWOW)

ジャーマル・チャーロは双子の兄弟の兄。24戦全勝18KO、26歳。

ウィリアムスは24戦22勝14KO1分け1NC、同じく26歳。

ウィリアムスは3月にマルチェロ・マタノ(イタリア)にKO勝ちして挑戦権を獲得しています。

 

続きを読む

まだ引退してなかった?アブネル・マレスが判定でタイトル獲得 VSヘスス・クェジャル

ボクシング観戦記(海外編)

ヘスス・クェジャル(アルゼンチン)VSアブネル・マレス(メキシコ)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170215104609j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170215104647j:plain

(出典:WOWOW)

クェジャルは29戦28勝21KO1敗、30歳。これが2度目の防衛戦です。実は暫定王者の時を含めると6度目の防衛戦となりますが、リング上では2度目と紹介されていました。

WBAの暫定王者なんて、ただの1位というだけで、王座でもなんでのないのですから、この紹介には賛成ですね。

WBAはいつになったら、この暫定王者をなくすのでしょうか。まだ、10人近くもいますよ。

 

それと、前回にも触れましたが、カリフォルニア州では、レフリーストップでもTKOではなくKOと裁定します。

私も、10カウントするかしないかでKOとTKOに分類するのは、全く意味がないと思います。

私のいい加減な記憶ですが、昔は負傷によるストップ以外はKOと裁定されていたような気がします。

 

マレスは32戦29勝15KO2敗1分け、31歳。WBA6位にランクされています。

私は、マレスのベストファイトは、峠を過ぎたジョニー・ゴンザレスにまさかのKO負けをした試合だと思います。

退屈な試合が多いマレスにとっては、唯一、衝撃的なファイトでしたね。

続きを読む

クルーザー級のロマチェンコ オレクサンダー・ウシクはKO勝ちしても地味やね~ VSタビソ・エムチュヌ

ボクシング観戦記(海外編)

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)VSタビソ・エムチュヌ(南アフリカ)

WBO世界クルーザー級タイトルマッチ(2016年12月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20170214111854j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170214111901j:plain

(出典:WOWOW)

ウシクは10戦全勝9KO。3か月前にクシシュトフ・グロワツキ(ポーランド)に勝ってタイトルを獲得し、早くも防衛戦を迎えます。

 

www.boxing-blog.com

 タビソ・エムチュヌは、19戦17勝11KO2敗。WBO11位。

 

ウシクは前回、敵地ポーランドで戦い、今回がアメリカ初登場です。

派手なKOで衝撃的なデビューを果たしたいところですが、すべてが中途半端で、ロマチェンコのようにはいきませんでした。

続きを読む

テレンス・クロフォードのワンマンショー! VS 4ポンドオーバーで失格のジョン・モリナ

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSジョン・モリナ(アメリカ)

WBC・WBO世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170208113003j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170208113009j:plain

(出典:WOWOW)

クロフォードは、リング誌のPFP(パウンド・フォー・パウンド)でも5位にランクしているスーパースター候補です。2014年にユリオキス・ガンボアにKO勝ちして、一躍スターダムにのし上がってきました。

29戦全勝20KO、29歳。WBCとWBOの世界タイトルを保持し、Sライト級では抜きんでた存在です。

 

モリナはWBO2位にランクしていますが、前日計量で4ポンドもオーバーして、失格。罰金を払ってこの試合に挑みます。

もちろん、仮に勝ってもタイトル獲得は出来ません。

35戦29勝23KO6敗、33歳。

浜田さんは「昔は死ぬ気で減量したものですよ」と言ってましたが、同感です。

モリナはこれでランキングから姿を消すでしょう。

 

続きを読む

リング外に転落!バーナード・ホプキンスらしいラストファイト VSジョー・スミス &メキシコのホープ、ホセリオ・ベラスケスのデビュー戦

ボクシング観戦記(海外編)

バーナード・ホプキンス(アメリカ)VSジョー・スミス(アメリカ)

WBCインタナショナルLヘビー級タイトルマッチ(2016年12月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20170207135616j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170207135624j:plain

(出典:WOWOW)

ホプキンスはこの試合を最後に引退を表明しています。

66戦56勝32KO7敗2敗2NC、なんと51歳。

 

ジョー・スミスは23戦22勝18KO1敗、27歳。インタナショナルチャンピオンです。

WBC5位、WBA5位、WBO14位にランクしており、引退の花道を飾るにしては、とても危険な相手と言えるでしょう。

しかも、ホプキンスはセルゲイ・コバレフに判定負けしてから、2年ぶりの試合となります。

 

続きを読む

田中繊大トレーナー!タオル投入が早すぎませんか? 石本康隆TKO負けでタイトル失う VS久我勇作

ボクシング観戦記(日本人編)

石本康隆(帝拳)VS久我勇作(ワタナベ)

日本Sバンタム級タイトルマッチ(2017年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170206144518j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206144526j:plain

(出典:日テレG+)

石本は37戦29勝8KO8敗、35歳。これが3度目の防衛戦になります。

久我は16戦13勝9KO2敗1分け、26歳。石本とは1年前に王座決定戦で対戦し、判定負けを喫しています。

続きを読む

末吉大が無敗のフィリピン王者を一発で沈める VSアラン・バレスピン

ボクシング観戦記(日本人編)

末吉大VSアラン・バレスピン(フィリピン)

Sフェザー級10回戦(2017年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170206094939j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170206094946j:plain

(出典:日テレG+)

末吉は14戦13勝8KO1敗、26歳。これが初の10回戦です。

日本Sフェザー級5位ですが、今日の相手はおそらく今までで一番の強敵でしょうね。

 

バレスピンはフィリピンSフェザー級チャンピオンで、9戦全勝8KOの驚異的戦績を引っ提げてやってきました。

しかも、まだ22歳。アマチェアでも100戦のキャリアを誇り、数字だけを見ると、まさにスーパースター候補ですよ。

帝拳ジムもえらい相手を呼んだものですね。

10連勝中の末吉でも、この相手はちょっと荷が重いでしょう。

 

続きを読む

比嘉大吾が世界前哨戦をTKOで飾るも、具志堅会長は超不機嫌? VSディオネル・ディオコス

比嘉大吾VSディオネル・ディオコス(フィリピン)

Sフライ級10回戦(2017年2月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20170205121835j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170205121845j:plain

(出典:日テレG+)

比嘉大吾は11戦11勝11KO、21歳。OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオンで、WBC3位にランクしています。

この試合が世界前哨戦となります。

WBCの王座は、ローマン・ゴンザレスの返上により、現在空位になっています。

3月に、1位のナワポーン・ポーチョークチャイ(タイ)と2位のファン・エルナンデス(メキシコ)とで王座決定戦を行い、比嘉がその勝者に挑戦することになっています。

 

ディオコスは13戦9勝3KO1敗3分け、23歳。フィリピンフライ級8位。

比嘉の世界ランクを狙っています。

 

続きを読む

現役最強ボクサーは誰だ!「Number」に対抗して「わしボク」のPFP

  井上尚弥、井上拓真   井岡一翔   山中慎介 最強のボクサー論

スポーツ雑誌の「Number」はご覧になりましたか。

 

 

久しぶりにボクシングの特集号がでましたね。実に22年ぶりらしいですよ。

しかもサブタイトルが「最強は誰だ。」

これは、「わしボク」としても黙っていられませんね。

 

さすがに現役を退いた、歴代のボクサーの最強を決めるのは無謀ですし、ほとんどそれは好き嫌いの世界になってしまいそうなので、「わしボク」では、現役ボクサーに限定し、ベスト10を例によって独断と偏見で選んでみたいと思います。

ちなみに、以前、私が歴代最強に選んだのは、シュガー・レイ・レナードです。

 

続きを読む