わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)田口良一VSロベルト・バレラ WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 田口のボディブローでレフリーストップ!TKO勝ち。

田口良一(ワタナベ)VSロベルト・バレラ(コロンビア)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170724113018j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170724113024j:plain

(出典:テレビ東京)

田口はこれがもう6度目の防衛戦となります。

私のイメージとしては、強い!と思わせる試合はほとんどなかったと思いますが、何となくここまで来たというのが正直な印象です。

唯一評価できるのは、井上尚弥にKOされなかった打たれ強さですね。

29戦25勝11KO2敗2分け、30歳。

 

ロベルト・バレラは19戦18勝12KO1敗、24歳。WWBA1位の指名挑戦者です。

唯一の1敗は、田口が前回苦戦して引き分けたカルロス・カニザレスです。

スカッと勝つのは難しいでしょうね。

間違いなく苦しい戦いとなるでしょうが、とにかく勝って、田中恒成と、ぜひとも統一戦を実現してほしいと思います。

 

続きを読む

速報)ホセ・アルグメドVS京口紘人 IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 京口がダウンを奪い判定でタイトル獲得

ホセ・アルグメド(メキシコ)VS京口紘人(ワタナベ)

 IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170724111156j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170724111208j:plain

(出典:テレビ東京)

アルグメドは、高山勝成から負傷判定でタイトルを奪い、これが4度目の防衛戦となります。

24戦20勝12KO3敗1分け、28歳。これといった怖いパンチはないですが、しぶといファイターです。

京口は7戦全勝6KO、23歳。まだIBF9位ですが、思わぬチャンスが巡ってきました。

決して勝てない相手ではないですが、時期尚早という声もありますね。しかし、このチャンスは逃すべきではありません。

辰吉丈一郎さんのボディブローで充分KOチャンスも考えられます。

 しかし、2試合とも生中継とはすばらしいですね!

続きを読む

末吉大、左ボディ一発でフィリピンランカーを沈める VSネルソン・ティナンパイ &梶颯の剛腕パンチさく裂

末吉大(帝拳)VSネルソン・ティナンパイ(フィリピン)

 S・フェザー級10回戦(2017年7月18日)

 f:id:stonemeintothegroove:20170719153625j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170719153718j:plain

(出典:日テレG+)

末吉は15戦14勝9KO1敗、26歳。

日本S・フェザー級2位、WBO世界フェザー級12位にもランクされています。

唯一の1敗は4回戦時代に、東洋太平洋S/フェザー級王者、伊藤雅雪に喫したもです。

 

ティナンパイは17戦12勝5KO4敗1分け、24歳。フィリピンフェザー級6位。

 

末吉はこの日初めて、メインイベントを努めます。

 

初回から末吉の速いジャブがネルソンの顔面にヒットします。

相変わらず左ジャブは多彩です。終盤には右ストレートがヒットし、早くも距離が合ってきた感じです。

自分のパンチが当たり、相手のパンチをバックステップでかわす抜群の距離感です。

 

3ラウンドに入ると右ストレートを多用し出します。タイミングがあってきました。

ティナンパイは左ジャブに阻まれ、ほとんどパンチをヒットすることが出来ません。

 

そして末吉がえぐるような左ボディを放つと、一瞬遅れてティナンパイんがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170719161332j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170719161347j:plain

(ティナンパイの腹をえぐるようなボディブロー)

f:id:stonemeintothegroove:20170719161755j:plain

(ティナンパイはしばらく立ち上がることが出来ませんでした)

見事なボディショットでした。

さて問題は今後の予定です。

今の日本チャンピオンは尾川堅一、同じ帝拳ジムですので、尾川の動向が気になりますね。世界を狙ってタイトルを返上すれば、1位の金子大樹と王座決定戦。これは魅力的なカードです。

もしくは、唯一の黒星をつけられた、東洋太平洋チャンピオンの伊藤雅雪に挑戦するという選択肢もあります。

そろそろ上を狙いましょう。

 

梶颯(帝拳)VSレナン・ポルテス(フィリピン)

 

S・フライ級8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170719163401j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170719163425j:plain

(出典:日テレG+)

梶は、2015年の新人王です。

7戦全勝6KO。まだ19歳です。日本S・フライ級11位。

 

www.boxing-blog.com

 今日の相手は、4月のタイの観光ボクサーよりはまだ骨がありそうですね。

ポルテスは13戦9勝5KO4敗、25歳。フィリピンS・フライ級6位です。

 

しかし、結果はほぼ同じでした。

2ラウンドに、梶がポルテスをコーナーに詰めて見事な左のボディを打ち込むと、ポルテスはあっさりダウンし、テンカウントされました。

f:id:stonemeintothegroove:20170719165527j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170719165543j:plain

(これもなかなか見事なボディブローでした)

このボディブローは見事なパンチでしたね。きれいにポルテスのストマックをとらえています。これは立てないでしょう。

そろそろ、ランキング上位の相手と対戦してほしいですね。

なかなか受けてくれないでしょうけど。

ジョー・スミスVSサリバン・バレラ WBCインターナショナルL・ヘビー級タイトルマッチ なんと試合途中で12回戦から10回戦に変更

ジョー・スミス(アメリカ)VSサリバン・バレラ(キューバ)

 

WBCインターナショナルライトヘビー級タイトルマッチ(2017年7月16日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170718095714j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170718095741j:plain

(出典:WOWOW)

スミスはあのバーナード・ホプキンスをリング外にたたき出し、引導を渡した男です。

24戦23勝19KO1敗。パンチ力はあります。

 

www.boxing-blog.com

 

バレラは20戦18勝14KO1敗。WBC3位です。

バレラの1敗はアンドレ・ウォードに喫したものです。

 

www.boxing-blog.com

 

続きを読む

速報)ミゲール・ベルチェルトVS三浦隆司 WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ 初回ダウンを喫する苦しい立ち上がり。後半ボディを攻めるが大差判定負け。

ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)VS三浦隆司(帝拳)

 WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20170718120231j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170718120245j:plain

(出典:WOWOW)

 まさかフランシスコ・バルガスが負けるとは思いませんでした。

このミゲール・ベルチェルトはWBOの暫定チャンピオンでしたが、WBO正規王者のロマチェンコとの対戦を避け、WBCのバルガスに挑戦してきた経緯があるだけに、下馬評ではバルガス有利でしたが、このベルチェルトは予想以上に強豪でした。

激闘王バルガスと真っ向から勝負し、打ち勝ちました。フィジカルの強さを感じます。

32戦31勝28KO1敗。25歳。右構え。

 

相手がバルガスからベルチェルトに変わりましたが、ひょっとしたらバルガスより難敵かもしれません。

私は、バルガスなら再戦すれば勝てるチャンスは十分あると思っていましたが、今の正直な気持ちを申しますと、三浦はベルチェルトに勝てないでしょう。三浦が倒されるシーンしか浮かんできません。

36戦31勝24KO3敗2分け、33歳。サウスポー。

余談ですが、三浦にKOされたミゲル・ローマンは6月24日に再起戦をTKOで飾り、WBCライト級インターナショナル王座を獲得したようです。

続きを読む

速報)ジェスリル・コラレスVSロビンソン・カステジャノス WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ なんとコラレスが2度ダウンして大苦戦の末負傷判定勝ち

ジェスリル・コラレス(パナマ)VSロビンソン・カステジャノス(メキシコ)

WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170718110755j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170718110804j:plain

(出典:WOWOW)

メインの三浦の試合のアンダーカードです。

 

やはり、11時からは先に、ジョージ・スミス・ジュニア(アメリカ)VSサリバン・バレラ(キューバ)のライトヘビー級12回戦が行われていましたね。

この試合の模様は明日、詳しくご報告します。

 

コラレスは、内山高志からタイトルを奪い、再戦では逃げまくって防衛に成功しています。決して強いとは思いませんが、とてもやりにくいサウスポーです。

ボクサーとしての魅力には欠けますが、内山に2度も勝っているだけに、ちょっと気になる選手ではあります。

23戦21勝8KO1分け1無効試合。26歳。

相手のカステジャノスは、もともとフェザー級の選手です。

昨年、オスカル・エスカンドンとのWBC世界フェザー級暫定王座決定戦で、まさかの逆転KO負けを喫しています。

はっきり言って、もう世界を狙うような選手ではないと思います。

36戦24勝(14KO)12敗、35歳。WBA11位の選手です。12敗の内7つがKO負けですから、決して打たれ強くはありません。特にボディが弱そうですね。

 

カウンターボクサーのコラレスは、カステジャノスが出てこないと試合にならないでしょうね。まあ、凡戦の末、コラレスの判定勝ちと予想します。

スリリングな場面はないと思いますので、のんびり観戦しましょう。

続きを読む

やっと決まりましたね。小國以載VS岩佐亮佑の結果予想 9月13日が待ち遠しい!

小國以載(角海老宝石)VS岩佐亮佑(セレス)

IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ(9月13日)

f:id:stonemeintothegroove:20170714115926j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170714115937j:plain

(小國のボディブロー)          (岩佐の左ストレート)

小國は圧倒的に不利な予想を覆し、見事タイトルを奪取し、ボクシングファンをあっと言わせました。キャラクターも面白いですね。

 

www.boxing-blog.com

 

21戦19勝7KO1敗1分け、29歳のオーソドックススタイル。

ジョナタン・グスマン戦で負傷したため、試合が伸びていました。

これが初防衛戦です。

 

続きを読む

ちょっと気になる7月の海外ファイト ジェスリル・コラレス&アルツール・ベテルビエフ&マイキー・ガルシア

 

ジェスリル・コラレス(パナマ)VSロビンソン・カステジャノス(メキシコ)

WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170712123336j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170712123353j:plain

(出典:テレビ東京、WOWOW)

もちろん、一番気になるのはこの日のメインに登場するミゲル・ベルチェルトVS三浦隆司ですが、ここでは「ちょっと気になる」ファイトをピックアップしました。

 

コラレスは、内山高志からタイトルを奪い、再戦では逃げまくって防衛に成功しています。決して強いとは思いませんが、とてもやりにくいサウスポーです。

ボクサーとしての魅力には欠けますが、内山に2度も勝っているだけに、ちょっと気になる選手ではあります。

23戦21勝8KO1分け1無効試合。

しかし、相手はなんとカスティジャノス。

もともとフェザー級の選手です。昨年、オスカル・エスカンドンとのWBC世界フェザー級暫定王座決定戦で、まさかの逆転KO負けを喫しています。

はっきり言って、もう世界を狙うような選手ではないと思います。

36戦24勝(14KO)12敗、34歳。WBA11位の選手です。12敗の内7つがKO負けですから、決して打たれ強くはありません。特にボディが弱そうですね。

 

続きを読む

5度目の防衛戦は、2RTKO。世界への弾みをつけた日本王者 尾川堅一 VS山元浩嗣

尾川堅一(帝拳)VS山元浩嗣(ワタナベ)

日本S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月1日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170707120531j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170707120545j:plain

(出典:日テレG+)

尾川は22戦21勝18KO1敗、29歳。

これが日本タイトル5度目の防衛戦となります。

そろそろ世界を狙ってもいいのではないでしょうか。

挑戦者の山元は36戦20勝4kO13敗3分け、33歳のベテランサウスポーです。ランキングは13位。

はっきり言って、力の差はかなりあると思います。

2試合判定が続く尾川としては、ここはスカッと倒して、世界への弾みをつけたいところです。

 

続きを読む

速報)マニー・パッキャオVSジェフ・ホーン WBO世界ウェルター級タイトルマッチ なんと無名のホーンが判定勝ちでタイトル奪取

マニー・パッキャオ(フィリピン)ジェフ・ホーン(オーストラリア)

 WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年7月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20170703142632j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170703142641j:plain

(出典:WOWOW)

パッキャオはいつまで現役生活を続けるのでしょうか。今や全盛期のパッキャオとは別人のように、全くスリルも魅力もないボクサーになり果てました。

 

ミゲール・コットをKOして以来8年もKO勝ちから遠ざかっています。この頃が彼のピークでした。その後、9勝0KO3敗。上院議員に専念してほしいですね。

 

ジェフ・ホーンはランキングこそ1位ですが、世界的に全く無名です。

17戦16勝11KO1分け、29歳。まあ、一応無敗でそこそこの戦績を残していますが、実力には?がつきます。

ホーンは、少しボクシングが雑で、ガードに甘さがありそうなので、この試合の見どころは、「パッキャオの久しぶりのKOが見られるかどうか」だけでしょう。

でも、私の本音は、「パッキャオのKO負けが見たい」

続きを読む