わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

レオ・サンタ・クルスが得意の弱いものいじめにも関わらず倒し切れず VSクリス・アバロス

レオ・サンタ・クルス(メキシコ)VSクリス・アバロス(アメリカ)

WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171122120142j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171122120155j:plain

(出典:WOWOW)

サンタ・クルスは35戦34勝18KO1敗、29歳。

アバロスは32戦27勝22KO5敗、27歳。

 

サンタ・クルスは決して危険な相手を選びません。唯一1敗したカール・フランプトンも強敵ではありますが、決して危険な相手ではありませんでした。

この日のアバロス戦は、タイトルマッチとはいえ、完全にチューンアップ試合という感じですね。これに勝って、アブネル・マレスとの再戦というのが、青写真です。

 

アバロスといえば、2014年にマカオで、石本康隆をTKOで下し、石本のIBF世界S・バンタム級への挑戦権を奪っています。まあ、この頃が全盛期だったような気がします。

WBA11位ですが、タイトル戦成立のために、無理やりランキング入りしたような気がします。

ちなみに、2015年にはWBOのフェザー級王者、オスカル・バルデスには5RKO負けしています。

 

続きを読む

見事なまでにパンチ力がないですね~ アブネル・マレスVSアンドレス・グティエレス

アブネル・マレス(メキシコ)VSアンドレス・グティエレス(メキシコ)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171121105621j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171121105639j:plain

(出典:WOWOW)

マレスは33戦30勝15KO2敗1分け、31歳。

私は、マレスのベストファイトは、2013年のジョニー・ゴンザレス戦だと思います。ダニエル・ポンセレオンを珍しくTKOで破り、獲得したWBC世界フェザー級タイトルの初防衛戦で、アッと驚く1R負け。

ジョニゴンのパンチ力を改めて見直しましたが、とにかく手堅いマレスがKO負けして、ホントにスカッとしました。

もちろん、マレスは嫌いです。ホントにつまらないボクシングをします。

 

グティエレスは37戦35勝25KO1敗1分、24歳。WBA12位。

唯一の1敗は、これも大嫌いなクリスチャン・ミハレスに喫したものです。

グティエレスはこういう堅実なボクサーに弱いのかな。だとしたら、マレスも苦手かもしれません。

 

続きを読む

ちょっと気が早いですか?大みそかの話 井上尚弥&拳四朗&田口良一&京口紘人

井上尚弥(大橋)VSヨアン・ボアイヨ(フランス)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20171119143856j:plain

相手探しに苦労している井上に、やっと相手が見つかりました。

ランキング7位のボアイヨは、無効試合を挟んで31連勝中の29歳、フランス人です。

まあ、井上の仕上がりさえ問題なければ、このフランス人に負けることはないでしょうね。

井上の唯一の敵は「油断」だけです。

続きを読む

エリスランディ・ララが堅実なボクシングで長期政権を守る VSテレル・ゲシェイ

エリスランディ・ララ(アメリカ)VSテレル・ゲシェイ(アメリカ)

WBA世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171116111228j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171116111245j:plain

(出典:WOWOW)

ララは28戦24勝14KO2敗2分け、34歳のサウスポー。これが7度目の防衛戦になります。

ゲシェイは20戦全勝9KO、30歳。村田諒太が金メダルを獲得したロンドンオリンピックでは同じミドル級で出場し、ベスト16で敗退しました。

現在WBA6位。

続きを読む

メダリスト2人が揃ってKO勝ち  ロブソン・コンセイサオ(リオ金メダル)&マイケル・コンラン(ロンドン銅メダル)

ロブソン・コンセイサオ(ブラジル)VSカルロス・オソリオ(ニカラグア)

S・フェザー級8回戦(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171115114657j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171115114712j:plain

(出典:WOWOW)

コンセイサオは4戦全勝3KO、リオオリンピックのライト級金メダリストです。

長身でしなるようなパンチで相手を倒します。

オソリオは21戦13勝5KO7敗1分け。ニカラグアの中堅選手です。

続きを読む

2017年東日本新人王決勝 飯見嵐(MVP)&薮崎賢人(技能賞)&ジロリアン陸(敢闘賞)

東日本新人王決勝 2017年11月3日

12階級中、7試合がKO決着となり、なかなか白熱した大会でした。

 各階級の結果は以下の通りです。

 

続きを読む

遅くなりました(詳報)拳四朗VSペドロ・ゲバラ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

拳四朗(BMB)VSペドロ・ゲバラ(メキシコ)

 

 

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年10月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20171111130650j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171111130657j:plain

(出典:BSフジ)

拳四朗は10戦全勝5KO、25歳。これが初防衛戦です。

ゲバラは33戦30勝17KO2敗1分け、28歳。これが3度目の来日で、日本のボクシングファンにもおなじみのボクサーです。八重樫を一発で倒した必殺のボディブローは要注意です。

拳四朗のこれまで対戦相手の中では、最強の相手でしょう。

 

続きを読む

井岡一翔が引退?一方で、山中慎介が再起してネリと再戦 対照的な二人のびっくりニュースを検証

井岡一翔がタイトルを返上

f:id:stonemeintothegroove:20171110124103j:plain

WBA世界フライ級チャンピオン、井岡一翔。少し前から嫌なうわさが流れていましたね。

防衛戦が決まらない、練習に顔を出さない、そしてこのまま引退する、なんていう憶測も浮上しましたが、まさか本当にタイトルを返上するとはびっくりです。

今年の5月にタレントの谷村奈南さんと結婚し、恒例の年末ファイトに向けて、モチベーションも最高潮に達しているのでは、と思いきや、まさかまさかの大逆転劇。

続きを読む

衝撃の1R一発KO!倒し屋に進化?チャーロ弟 ジャーメル・チャーロVSエリクソン・ルビン

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSエリクソン・ルビン(アメリカ)

WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171109110248j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171109110259j:plain

(出典:WOWOW)

チャーロ弟は29戦全勝14KO、27歳。戦績からもわかりますが、元々はテクニック重視の堅実なボクシングで勝ってきた選手です。

倒し屋の兄、ジャーマルとは対照的なボクサーという印象でした。

しかし、最近3試合はすべてKO勝ちと、少しずつハードヒッターへと進化しつつあります。

 

www.boxing-blog.com

 

ルビンは18戦全勝13KO、22歳のサウスポー。まだ、22歳ですが、完成度の高いボクシングでついに1位まで上り詰めました。

 

www.boxing-blog.com

 

 非常に楽しみな対戦です。試合前のかけ率も13-11と拮抗しています。

ルビンの評価の高さがうかがえますね。

パワーアップしてきたジャーメルも、この相手を倒すのは容易ではないでしょう。

続きを読む

ジャレット・ハードが一級品のテクニックをパワーでねじ伏せる VSオースティン・トラウト

ジャレット・ハード(アメリカ)VSオースティン・トラウト(アメリカ)

IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171108125923j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171108125939j:plain

(出典:WOWOW)

 ハードは20戦全勝14KO、27歳。トニー・ハリソンから逆転TKOで獲得したタイトルの初防衛戦です。

圧倒的なパワーの持ち主ですが、テクニックやスピードは今一つという気がします。

続きを読む