⇒井上尚弥の特別番組が3/29放送決定!

ジェスレル・コラレスがダウンを奪われ判定負け。王座返り咲きに失敗 VSクリス・コルバート(WBA暫定S・フェザー級王座決定戦)

クリス・コルバート(アメリカ)VSジェスレル・コラレス(パナマ)

(出典:WOWOW)

WBA暫定S・フェザー級王座決定戦(2020年1月18日)

コルバートは、13戦全勝5KO、21歳。WBA3位。172cm。

コルバートの詳細については「ボクシングマガジン3月号」の62ページに紹介されています。

コラレスは、27戦23勝9KO3敗1NC、28歳のスイッチヒッター。WBA10位。168cm。

2016年に内山高志さんからタイトルを奪い、2017年にアルベルト・マチャドにTKO負けして、王座から陥落しています。

試合経過)

(出典:WOWOW)

スピードVS変則

変則ボクサーのコラレスは、サウスポーに構えています。両選手ともスピードがありますね。ディフェンスの勘も抜群です。コルバートも時折、スイッチしますが、基本的には右構えです。

序盤はけん制し合って手数も少なく、クリーンヒットがほとんどありません。4ラウンド辺りから、コルバートが積極的に手を出し、徐々にペースを支配し始めます。それにしても、コラレスの変則スタイルはやり難そうです。

中盤からコルバートがテンポアップ

積極的に前に出て、パンチを放つのはコルバート。コラレスはそのうち終わりを狙ってます。しかし、コルバートもパンチを見切られ、クリーンヒットはほとんどありません。

時折、コラレスがいきなりの左を打ち込みますが、これもヒットしません。退屈なラウンドが続きます。ジョー小泉さんなら、「余談ですが…」なんて言いながら、面白い話をしてくれるかもしれません。

コルバートはテンポアップしてきていますが、コラレスも変則的なタイミングでパンチを打ち込んでくるので、なかなかリズムに乗れません。ジャッジ泣かせのラウンドが続きます。

見た目の派手さはコルバートですが

コルバートが先手先手でパンチを放ち、やや後手に回っている感じのコラレスですが、クリーンヒットでは上回っているかもしれません。しかし、手数が少なすぎて、印象は悪いですね。

コラレスはホントにやり難そうな選手ですが、コルバートもなかなかの曲者ですね。とにかく、二人ともディフェンス勘が良すぎて、お互いクリーンヒットがほとんどありません。

10ラウンドにコラレスがダウン

10ラウンド、1分過ぎ、もみ合ってコラレスの足がそろったところへ、タイミングよくコルバートの左フックが当たり、スリップ気味ですが、ダウンを奪いました。コラレスにダメージは全くなさそうです。

このあたりから、かなり距離が近くなり、お互いのパンチが交錯するようになってきます。前に出てパンチを放つコルバートの方が、見映えはいいですね。ダウンを奪ったコルバートに、余裕が出てきました。

コラレスは最後まで流れを変えることが出来ず、12ラウンドを消化しました。

判定は3-0(117,110、117-110、116-112)でコルバートがタイトルを獲得しました。

「わしボク」の節穴の「目」

「わしボク」が一番嫌いなタイプ

負けた変則ボクサーのコラレスはもちろんですが、コルバートも実に詰まらないボクシングをしますね。これから挑戦する選手も、噛み合わないと思いますよ。

退屈極まりない12ラウンドでしたね。コルバートはそう簡単に負けることはないでしょうが、人気はでないでしょうね。こういうのを「玄人好み」というのでしょうが、「わしボク」は、素人好みのボクサーが好物です。

コラレスは世界戦線から脱落

これで、大嫌いなコラレスは世界戦線から大きく後退することになります。脱落といっていいでしょう。この選手とやりたいと思うボクサーは少ないでしょうから、再浮上のチャンスはほとんどないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)