速報)因縁のリマッチ! タイソン・フューリーが7RTKO勝ちでタイトルを獲得。VSデオンテイ・ワイルダー(WBC世界ヘビー級タイトルマッチ)WOWOWで生中継 

デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSタイソン・フューリー(イギリス)

(出典:WOWOW)
(出典:WOWOW)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2020年2月23日)

ワイルダーは、43戦42勝41KO1分け、34歳。201cm。

フューリーは、30戦29勝20KO1分け、31歳。206cm。

因縁の巨人が再び対決します。オッズはフューリーがやや有利?専門家の予想は五分五分。「わしボク」はフューリーの判定勝ちと予想します。

試合経過)

アンダーカードが2試合組まれていますが、放送では、ナバレッテの試合から行われています。ヘビー級10回戦がセミファイナルですね。

ヘビー級12回戦

チャールズ・マーティン(アメリカ)VSジェラルド・ワシントン(アメリカ)

WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ

エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)VSジェオ・サンティシマ(フィリピン)

1R)フューリーがプレッシャーをかける

前に出るのはフューリー、ワイルダーは下がりながら左ジャブを突きます。ワイルダーの右が浅くヒットしました。フューリーの右もヒット。フューリーがずっとプッシャーをかけています。終盤にフューリーの左がヒットしました。

2R)フューリーの右ストレートをヒット

このラウンドもフューリーがプレッシャーをかけて前に出ます。フューリーの左が結構ヒットしています。ワイルダーは右を狙っています。フューリーが積極的に左ジャブを打って出ます。終盤、フューリーの右がヒットしました。

3R)ワイルダーがダウン!

フューリーが前に出ます。フューリーの左がヒットしています。そして、大きな右を放ちます。フューリーも右を狙っていますね。ワイルダーはやや押され気味です。

そして、終盤、フューリーのいきなりの右がワイルダーの肩口あたりにヒットし、ワイルダーがダウン!

ワイルダーの足取りがおかしいですね。かなり効いているようです。

4R)ワイルダーのピンチは続くが

ダメージの残るワイルダーが、反撃に転じますが、フューリーも大きな右を返してきます。ワイルダー苦しいですね。フューリーの動きがやや鈍くなってきました。チャンスに右を狙いすぎて、攻めきれませんでした。

5R)ワイルダーが2度目のダウン

フューリーが右のダブルを放ちますが、ワイルダーは、何とかボディワークでパンチを殺しています。前の回から左が出ないフューリーでしたが、なんと左フックをボディに叩き込み、ワイルダーが2度目のダウンを喫します。

立ってきたワイルダーに、フューリーが襲い掛かります。ワイルダーは足ががくがくです。フューリーもワンツーを放ちますが、ワイルダーは辛うじて、パンチをかわしています。

6R)ワイルダーよれよれ

フューリーが倒しに来ました。ロープに詰められ、フューリーがパンチを叩き込みますが、ワイルダーも紙一重のところで、パンチをかわしています。フューリーもかなりスタミナを消耗していますね。右一発を狙いすぎています。ワイルダーはよれよれになりながらも、なんとか耐えています。

7R)ついにレフリーがストップ

フューリーの左フックがヒットし、ワイルダーが大きくのけぞります。ワイルダーの足取りはよれよれです。

そして、コーナーに詰めて、右ストレートを2発叩き込むと、レフリーが試合をストップしました。どうやら、コーナーからリクエストがあったようです。

フューリーが7RTKO勝ちで、タイトルを獲得しました。ワイルダーは初黒星を喫しました。

「わしボク」の節穴の「目」

体重を増やしたフューリーの作戦勝ち

フューリーは、序盤からプレッシャーをかけ、体力差を生かしてパワーで押し切りました。ワイルダーは初回からフューリーのパワーに押され、後手に回って、最後までペースを変えることが出来ませんでした。

まさか、フューリーが倒しに来るとは思いませんでしたね。ワイルダーの右に対抗して、重い右を打ち込んできました。

3Rのダメージが最後まで響く

このダウンで、ワイルダーの足の運びがおかしくなり、平衡感覚を失ったようなよれよれのフットワーク。結局ロープを背にして、カウンターを狙うしかなかったようですが、フューリーも相手をよく見て、それを許しませんでした。

ここまでダメージを背負ってしまったら、さすがに逆転の一発も無理ですね。でも、最後まであきらめずに、フューリーの右を紙一重でかわしていたワイルダーの反射神経もさすがでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)