ダニー・ガルシアが無難に判定で、挑戦権を獲得 VSイバン・レドカッチ(WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦)

ダニー・ガルシア(アメリカ)VSイバン・レドカッチ(ウクライナ)

(出典:WOWOW)

WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦(2020年1月25日)

ガルシアは、37戦35勝21KO2敗、31歳。WBC2位。175cm(リーチ175cm)。

キース・サーマン、ショーン・ポーターと世界戦は連敗中です。この決定戦を確実に勝って、世界王座復帰を狙っています。

レドカッチは、29戦23勝18KO4敗1分け1NC、33歳のサウスポー。WBC25位。179cm。

3連勝中とはいえ、ガルシアの相手としては荷が重い感じがします。

試合経過)

序盤からガルシアが積極的に攻める

リング上で対峙した二人。あまり身長差は感じませんが、レドカッチの方がリーチは長く見えます。ガルシアは、手数で確実にポイントを取る作戦のようですね。ガルシアが前に出てプレッシャーをかけ、積極的にパンチを放ちます。レドカッチは、下がりながら右ジャブを突いて応戦します。

ガルシアは、右ストレートから左フックの返しを狙っています。少しずつガルシアのペースになっていますね。

4ラウンドは、ガルシアがかなり積極的に攻勢をかけます。上下にパンチを打ち分け、レドカッチはパワーで押され気味です。しかし、レドカッチもディフェンスはしっかりして、クリーンヒットをそれほどもらっていません。

上手くて堅実なガルシアが試合を支配

ガルシアは、位置取りが上手いですね。サウスポーに対して、実にうまく戦っています。中盤から、ガルシアはレドカッチの動きが、完全に読めてきた感じですね。ガルシアがペースをつかみ、やや一方的な展開になってきました。

だだ、解説の飯田さんが、「ガルシアは左を強振しなくなった」とコメント。そういえば、ボディへのパンチが増えてきたきがします。

7ラウンド辺りから、ガルシアは少しペース-スダウンしました。中盤ほど強いプレッシャーをかけなくなりましたね。それでも的確にパンチをヒットしているのはガルシアです。レドカッチのパンチは、空を切るかガードの上です。

ボクシングスキルは、ガルシアが一枚も二枚も上ですね。うまく休みながら、相手にペースを譲りません。

当たるのはガルシアのパンチだけ

9ラウンドは、ガルシアが倒しに行きましたね。かなり強いパンチを打ち込んでいます。レドカッチのパンチは、ほぼボディワークだけでかわしています。そして、ガルシアのパンチは、面白いようにヒットします。

10ラウンド以降は、ペース配分を考え、休みながら的確にパンチを放っています。レドカッチに攻めさせ、打ち終わりにパンチを放ちます。もう完全に勝利を確信した戦い方ですね。坦々とラウンドを消化し、12ラウンドが終了しました。

判定は3-0(118-110、117-111、117-111)でガルシアが挑戦権を獲得しました。

エロール・スペンスVSダニー・ガルシア

WBC王者のエロール・スペンスは、6月までに復帰すると、コメントしているようですので、スペンスVSガルシアは間違いなく実現するでしょう。

今日の試合を見る限り、ガルシアは、サウスポーを全く苦にしないようですから、スキルの高い攻防が見られると思います。スペンスがガルシアを倒すのは難しいでしょうね。「わしボク」の予想は、「ガルシアの判定勝ち」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)