速報)テレンス・クロフォードが最後は力でねじ伏せる(9RTKO勝ち) VSエギディウス・カバラウスカス(WOWOWで生中継)

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSエギディウス・カバラウスカス(リトアニア)

(出典:WOWOW)

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2019年12月14日)

クロフォードは、35戦全勝26KO、32歳のスイッチヒッター。173㎝。

PFPランキングで常に上位に顔を出している3階級制覇王者。相手によって、右から左へ自在にスイッチします。最近は、サウスポーで戦うことが多くなっていますね。

カバラウスカスは、22戦21勝17KO1分け、31歳。WBO1位。175㎝。

2018年11月に、豪快なKOで全勝をキープしましたが、今年の3月に無名のレイ・ロビンソンと引き分けています。ロベルト・アリアザ戦→https://www.boxing-blog.com/entry/20190110

試合経過)

身長は、カバラウスカスの方が2㎝高いんですが、リーチはクロフォードが8cm上回っていますね(クロフォード188cm、カバラウスカス180cm)。

1R)クロフォードはサウスポースタイル

クロフォードはサウスポースタイルで構えます。クロフォードが右ジャブを突いて距離をとります。カバラウスカスがじわじわと前に詰めます。カバラウスカスは、クロフォードの右ジャブの打ち終わりを狙っているようです。

2R)カバラウスカスの右がヒット

お互いフェイントの掛け合いです。クロフォードが右ジャブで距離をキープしています。カバラウスカスはほとんどパンチを出しませんね。でも、不気味です。

ラウンド終盤、クロフォードが接近した時に、カバラウスカスが狙っていた右を打ち込んできました。何とかクロフォードはボディワークでパンチを殺しましたが、危なかったですね。

3R)カバラウスカスの右がクロフォードの顎をかすめる

クロフォードの右ジャブに、カバラウスカスが速い左ジャブをかぶせてきます。カバラウスカスのパンチは、予想以上に速いですね。

ラウンド中盤、またカバラウスカスの右がクロフォードの顎をかすめ、もみ合になって、クロフォードがスリップダウン。ちょっと効いたか?

クロフォードが距離を詰めて、打ち合いに出ます。いつもよりクロフォードはパンチをもらっている感じです。そして、カバラウスカスの右のタイミングがあってきたように思います。

4R)クロフォードが前に出る

クロフォードがジャブを突いて前に出ます。右を誘っているのでしょうか。お互いの距離が詰まってきました。クロフォードはリスクを覚悟で、左を狙っています。最後、クロフォードの左カウンターがヒットしました。

5R)クロフォードが打ち合いに出る

お互いのパンチが当たるスリリングな距離です。クロフォードは長いリーチを生かして、左のボディを放ちます。クロフォードが打ち合いに出ます。上下にパンチを打ち分けて、カバラウスカスを追いつめます。カバラウスカスも大振りのパンチで応戦します。

6R)クロフォードが前に出てプレッシャーをかける

クロフォードがジャブを突いて、じわじわと前に出てプレッシャーをかけます。クロフォードの長い左ストレートから左フックがヒット。カバラウスカスの打ち終わりを狙っていますね。

7R)右クロスカウンターでカバラウスカスがダウン

クロフォードがジャブを突いて前に出ます。左のボディブローが効果的です。接近戦で、クロフォードが右フックを打ち下ろします。

2分過ぎ、クロフォードの左右の連打で、カバラウスカスが下がり出します。いつの間にやら、クロフォードは右構えに変えています。そして、カバラウスカスの左フックに合わせて、クロスカウンターの右フックがカバラウスカスの側頭部をとらえます。カバラウスカスはたまらず、しゃがみ込むようにダウンしました。

(見事なクロスカウンター)

立ち上がったカバラウスカスのダメージは深刻です。クロフォードが連打を畳みかけますが、カバラウスカスは何とかゴングに救われます。

8R)クロフォードは左右にスイッチ

クロフォードが右構えになって、仕留めにきました。接近戦で連打を畳みかけます。右ボディがカバラウスカスのわき腹にヒットしました。

2分過ぎ、クロフォードがまた左にスイッチしました。ラウンド終盤は、また右構えで連打を畳みかけます。

9R)やはり強かったクロフォード

サウスポーのクロフォードが、いきなり連打を畳みかけます。そして、ロープに詰めて、強烈な左アッパーを打つ抜くと、カバラウスカスが膝をついてダウン。

しかし、カバラウスカスもしぶといですね。立ってきました。

とびかかるようにクロフォードが右フックを叩き込むと、カバラウスカスが3度目のダウンを喫したところで、レフリーが試合を止めました。

序盤は、どうなるかと思いましたが、やっぱりクロフォードは強かったですね。

2 Comments

クロフォードやロマチェンコってスーパースターには成れないほどに強いですよねw
パッキャオには強者を引き付ける力がある。と言ってもパッキャオに隙があるから、倒せるかもと思わせる不安定な部分がある。だから強い相手に恵まれる。
クロやロマにはそれがない。そして強すぎるがゆえに対戦者が強者であっても軽くあしらわれるので、強者が実は対戦に恵まれてただけでたいしたこと無いと評価されてしまう。

クロフォードとロマチェンコはスーパースターを通り越して、ブラックホールなんじゃないかと

返信する
わしボク

jさん、クロフォードはホントに魅力的なボクサーです。前半のピンチに逃げずに倒しに行ったのには、感動しました。手堅くアウトボクシングに徹することも出来ましたからね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)