WBSS優勝候補の筆頭?ゾラニ・テテがオマール・ナルバエスを完封

ゾラニ・テテ(南アフリカ)VSオマール・ナルバエス(アルゼンチン)

WBO世界バンタム級タイトルマッチ(2018年4月21日)

(出典:WOWOW)

ゾラニ・テテは29戦26勝21KO3敗、30歳のサウスポー。

昨年の初防衛戦で、わずか11秒の世界最速KO記録を樹立しています。

ナルバエスは、52戦48勝25KO2敗1分け、42歳のサウスポー。

井上尚弥に何もできずに倒されたナルバエスですが、今回はバンタム級に階級を上げて、3階級制覇を狙います。

しかし、多くのファンの興味は、全盛期を過ぎたナルバエスを、テテが何ラウンドで倒すか、というところでしょうね。

淡々と過ぎていく12ラウンド

身長で10㎝上回るテテが、長い右ジャブを突いて、ナルバエスを中に入らせません。

ナルバエスも、両腕はガードに専念させ、ほとんどパンチを打つことはありません。

中盤になってようやく、テテが堅いガードのナルバエスを攻略するため、ボディブローを狙いだします。

しかし、後半はまた右ジャブで距離を取り、マイペースのボクシングに戻ります。

見どころを強いて挙げるなら8ラウンド

判で押したようなラウンドが続くなか、ちょっと盛り上がった感じがあったのは8ラウンドだけです。

この回はテテも少し強めにパンチを打ちだしました。一方のナルバエスもセコンドからはっぱをかけられたのか、強引に前に出てパンチを繰り出します。

しかし、テテのアッパーがヒットすると、ナルバエスの動きが止まりました。やや、ダメージがあったようです。

テテの攻撃もここまでで、また、右ジャブで距離を取り、時折右ストレートを放つだけの堅実なボクシングに戻ります。

手を痛めたわけでもなさそう

テテが右ばかり打ち、左はガードの上からしか打たないので、解説の飯田覚士さんが「テテは左手を痛めたかもしれませんね」と。

でもどうやらそうでもなさそうで、ただ単に、これがテテの本来のボクシングなんでしょう。

常に自分の距離で戦い、ナルバエスが出てくれば、素早くバックステップし、ナルバエスになにもさせません。

テテは、危ないシーンが全くなく、ただ勝つための完璧なボクシングを見せ付けました。

12ラウンド、ナルバエスに何もさせず、右ジャブで完璧にコントロールして見せましたね。

まるで、格の違うボクサーのスパーリングを見ているような試合でした。

採点はもちろん3-0(三者とも120-108)。

これは誰が採点しても120-108でしょうね。

さて注目のWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)

この試合で、テテが評価を落としたという話も聞きますが、私はむしろ要注意だと思います。

このボクシングをされると、井上のパワーをもってしても、かなり厄介な気がします。

ジェイミー・マグドネルよりも、中に入るのはるかに難しそうです。しかもサウスポーなので、余計に距離が長く感じられるでしょう。しかも、パンチ力があります。不用意に中に入ると、左ストレートのカウンターが待っています。

まあ、それでも優勝候補の本命は、井上だと思います。

やはり不気味なのはエマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)ですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)