モテモテの井上尚弥。次の対戦相手は誰だ!ネリ?テテ?リゴンドー?バンタム級の激戦区に比嘉大吾も参戦するぞ!

(出典:フジテレビ)

アメリカのトップランク社と契約

WBSSで優勝した井上尚弥が、ボクシング界最大手のトップランク社とプロモート契約を締結しました。予定では、来年は、アメリカで2試合、日本で1試合行うことになっているようです。

問題は、目と鼻の2か所の骨折が判明したことです。この完治が遅れると、予定されていたスケジュールも大幅に変更になるでしょうね。

それはともかく、ドネアと大熱戦を演じたおかげで、対戦オファーが殺到しています。モテモテの尚弥です。おそらく、「ドネア戦で井上の弱点が見えた」と思ったのでしょうね。

バンタム級は超激戦区

もっとも強敵?ルイス・ネリ

悪童ルイス・ネリの次戦が気になりますね。11月23日、井上尚弥に準決勝で敗れたエマヌエル・ロドリゲスと対戦します。この勝者がWBC王者のノルディーヌ・ウバーリに挑戦することになっています。

ネリVSロドリゲスは、なかなか興味深い対戦ですね。「わしボク」には全く展開が読めません。しかし、ロドリゲスにとっては、世界戦線に残れるかどうかの、正念場となりますね。おそらくネリが勝つでしょう。

ウバーリVSネリもぜひ見たいカードですし、これでWBCの頂点が決まります。「わしボク」おそらくネリが勝つと思っています。体重超過と薬物疑惑があったとはいえ、あの山中慎介さんを2度も倒した悪童ですからね。

次の相手で一番可能性が高いのは、ゾラニ・テテ

WBO王者のゾラニ・テテは、WBSSの準決勝にけがで出場できませんでした。世界最短KO記録(11秒)をもつテテは、井上にとって一番やり難い相手でしょうね。基本的には、長いリーチを使って距離をとり、自分を安全圏に置いて、無難に判定勝ちするボクシングスタイルですが、28勝のうち21KOと、パンチ力もある厄介な相手です。

ウバーリテテネリも、井上との対戦を熱望しています。三人とも、「井上の弱点を見つけた。私なら勝てる」と自信満々です。しかし、ウバーリはWBCの防衛戦があります。

開催地は、ウバーリが相手なら、恐らく日本で行われることになるでしょうね。テテやネリならアメリカが濃厚です。

ギジェルモ・リゴンドーも対戦を希望

ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が体重をバンタム級(2位)に落として、WBA1位のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と、WBA王座決定戦を行います。

リゴンドーも井上との対戦を熱望しています。リゴンドーが好戦的なボクシングスタイルで対戦するなら、井上の勝利は濃厚ですが、マイペースボクシングを貫かれると、ちょっと厄介ですね。

比嘉大吾が帰ってくるぞ

体重超過の処分が解けた比嘉大吾が、最新のWBCのランキングでバンタム級7位にランクインしています。ずっとフライ級で戦ってきた比嘉が、バンタム級でどこまで通用するのかは、未知数ですが、楽しみな選手が帰ってきました。復帰戦が、待ち遠しいですね。

バンタム級のトップボクサー

激戦区のバンタム級のトップボクサーを、改めてご紹介しておきましょう。「わしボク」の勝手な選択です。

井上尚弥(大橋)19戦全勝16KO、26歳。165㎝ WBAスーパー・IBF王者

ルイス・ネリ(メキシコ)30戦全勝24KO、24歳。165㎝ WBC1位

ゾラニ・テテ(南アフリカ) 31戦28勝21KO3敗、31歳。172㎝ WBO王者

ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)21戦19勝13KO1敗1NC、39歳。162㎝ WBA2位

ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)17戦全勝12KO、33歳。163㎝ WBC王者

ノニト・ドネア(フィリピン)46戦40勝26KO6敗、36歳。171㎝ WBC4位

エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)20戦19勝12KO1敗、27歳。168㎝ WBC3位

リボリオ・ソリス(ベネズエラ)32戦25勝11KO5敗1分け1NC、37歳。163㎝ WBA1位

ジョンリール・カシメロ(フィリピン)31戦27勝18KO4敗、30歳。163㎝ WBO暫定王者

井上拓真(大橋)14戦13勝3KO、23歳。164㎝ WBC5位

比嘉大吾(白井・具志堅)16戦15勝15KO1敗、24歳。161㎝ WBC7位

栗原慶太(一力)19戦14勝12KO5敗、26歳。172㎝ IBF9位

No tags for this post.

6 Comments

テテはドネアとやるべき。これでテテが勝てば幻の決勝戦。ドネアが勝てばまた統一戦で盛り上がる。ネリとウバーリも井上戦の前に見たいカード。どちらもフィジカルが素晴らしく、きっと接戦になると思います。
井上にとって一番厄介なのはリゴンドーだと思います。パンチ力もテクニックも井上と同等。年齢だけがリゴンドーの不安要素。しかしこのカードもまた、井上が勝っても年齢が理由であまり評価されない恐れもあり。

結局、誰と戦っても面白いので、早くけがを治して来年の4月ごろには試合を見たいですね

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
ホントに楽しみなカードが一杯でワクワクしますね。

返信する
匿名

質問ですがルイス・ネリの「悪童」は正式なニックネームなんですか?

反則すれすれも辞さないダーティなパヤノ
公開練習で井上パパを突き飛ばしたロドリゲス陣営
イメージではこの二人のほうが悪童っぽい気がします

体重超過やドーピングの件でいうのなら
尾川や比嘉も悪童になってしまいますが、彼らは悪童じゃないですよね
ネリもベルトを剥奪され制裁も受けていますし、がんばってほしいです

返信する
わしボク

匿名さん、ご指摘ありがとうございます。
「悪童」という冠は、ネリのファンにとっては、不愉快極まりないですよね。
何も考えずに安易に使っていたことは、恥ずかしい限りです。

返信する

井上拓真vs比嘉大悟の日本人バンダム級NO.2決定戦
出来れば比嘉の復帰戦でこのカードならメインもはれて、話題性もあって面白いかと

返信する
わしボク

jさん、いいアイデアですね。
出来れば、「わしボク」注目のハードヒッター、栗原慶太もぜひ参加させてください。
さらに、ようやくスランプから脱出した感じの赤穂亮も加えて、JBSSを開催したらどうでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)