速報)永野祐樹が日本ウェルター級タイトルを2RTKOで初防衛成功 VS川崎真琴

永野祐樹(帝拳)VS川崎真琴(RK蒲田)

(出典:日テレG+)

日本ウェルター級タイトルマッチ(2019年9月7日)

永野は、18戦16勝12KO2敗、30歳nサウスポー。

川崎は、19戦11勝2KO7敗1分け、35歳。日本9位。

試合経過)

1R)

腰を少し落として、永野が前に出ます。派手な頭の川崎は右ストレートを返します。永野は右ジャブを突いて、得意の左ストレートを放ちます。終盤、川崎の右ストレートが永野の顎をとらえました。

2R)

永野はまだエンジンが、かかっていませんね。しかし、ラウンド開始1分、永野の左ストレートがヒットし、川崎をロープに詰めて、左ストレート、フックを連打します。その後も永野は左を上下に打ち分け、川崎を追いつめます。

そして、終盤、永野が左ボディで川崎をロープに詰め、連打を浴びせます。防戦一方になった川崎を見て、レフリーが試合をストップしました。

ちょっとストップが早い感じでしたね。2R2分41秒、TKO勝ちで永野が初防衛に成功しました。最後の連打の回転は、さすがでした。

しかし、この階級では、やはりクドゥラ・金子が一番怖い相手でしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)