WBSS決勝まであと2か月!ちょっと気が早いですが、戦力を徹底比較してみました 井上尚弥VSノニト・ドネア

(出典:フジテレビ)

WBSSバンタム級決勝(2019年11月7日)IN(埼玉スーパーアリーナ)

井上尚弥(大橋)VSノニト・ドネア(フィリピン)

ある程度予想はされていましたが、ボクシングファンにとっては願ってもない日本開催となりましたね。ちなみに、一番高い席は何と10万円だそうです。

まずはデータ比較から

戦績

井上は、18戦全勝16KO、26歳。

現在、8連続KO勝ちプロでのダウン経験はありません。

ドネアは、45戦40勝26KO5敗、36歳。

5敗のうち、KO負けは1度だけです。(2014年10月、ニコラス・ウォータースに6RKO負け)

戦績では文句なく井上に軍配が上がりますね。ドネアは、WBSSに参加する前の5試合の戦績は、3勝1KO2敗。バンタム級の実績(2010年~2011年)は、3戦全勝2KO。この時、オマール・ナルバエスとも対戦し、判定勝ちでWBC・WBOバンタム級タイトルを防衛しています。

井上は、2014年12月にそのナルバエスと対戦し、2RKO勝ちでWBOスーパーフライ級のタイトルを獲得しています。

体格

    井上       ドネア

身長  165㎝     168㎝

リーチ 171㎝     173㎝

体格は、ほぼ同じと言っていいですね。ロドリゲスがドネアと同じ168㎝でしたから、体格負けすることはないでしょう。むしろ、フィジカル面では井上の方がパワーがあるように思います。おそらく、井上が前に出てプレッシャーをかけ、ドネアが下がりながら、左フックを狙う展開になるでしょう。

WBSSの実績

井上

一回戦 ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)1R1分10秒KO勝ち

準決勝 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ) 2R1分19秒TKO勝ち

ドネア

一回戦 ライアン・バーネット(イギリス)     4R終了  TKO勝ち

準決勝 ステフォン・ヤング(アメリカ)      6R2分37秒KO勝ち

ドネアには、ツキがありますね。久しぶりのバンタム級での試合でしたが、バーネットが自分でパンチを放って、勝手に腰を押さえてダウンしています。諸説あるようですが、「腰椎すべり症」で右わき腹の激痛に耐えかねてマットに膝をついたようです。ほぼドネアの不戦勝と言えなくもありません。

準決勝も本来なら、ゾラニ・テテ(南アフリカ)と対戦する予定でしたが、テテの負傷により、リザーブ選手のヤングと対戦。格の違いを見せ、得意の左フックでKOしています。テテが相手なら負けていたかもしれません。

一方の井上は、強豪を相手に順当に決勝まで駒を進めています。いずれも、まさに圧巻の勝利でしたね。

そして根拠に乏しい戦力比較

パンチ力

井上は左右のパンチ、どちらも一級品の破壊力を持っています。ガードの上から日としても、ダウンを奪えるパワーがあります。ドネアの左フックだけ気を付ければ、大丈夫でしょう。

スピード

パンチ、フットワークの速さでは、井上に軍配が上がりますね。ただ、ドネアの全く力みのない左フックは、結構スピードがあります。

テクニック

いかに自分の距離を先につかむか、が、勝負の分かれ目になるでしょう。井上にはその「距離感」では天性の才能がありますね。もちろん、キャリア45戦のドネアの百戦錬磨のテクニックも決して侮れません。

スタミナ+打たれ強さ

井上は、早い回で相手を倒していますが、長丁場のスタミナでも問題はないと思います。問題は打たれ強さですが、なにせ打たれていませんからね。集中力を欠いたときに、不用意にドネアの左フックをもらったら、ひょっとしたら倒れるかもしれませんね。しかし、井上のパンチがヒットしたら、ドネアは間違いなくマットに這いつくばるはずです。

アグレッシブ+パワー

間違いなく早い回から、井上が積極的に仕掛けていくと思います。ドネアは下がりながら、左フックを狙うでしょうが、井上のパワーに押されて、恐らくそのチャンスが来る前に倒されてしまうでしょうね。アグレッシブとパワーでは、圧倒的に井上が優っています。

気になるのは、テレビ放映ですね。フジテレビ、WOWOW、まさかDAZNはないでしょうね。時間帯も気なりますね。

No tags for this post.

8 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。
楽しみですね〜。私の中のイメージではドネアの左フックを外した後に打ち込んだニコラス・ウォータースの右のようなショット、あるいはドネアの左フックに合わせて左を相打ちしスピードの差で井上選手のパンチが当たる、の二つです。
いずれにしても後2ヶ月、待ち遠しいです。

返信する
わしボク

相変わらず団長さんの分析は、細かいですね。
戦力を分析した結果、「わしボク」は、井上が圧勝すると確信しているので、
ホントに楽しみです。

返信する
わしボク

とおりすがりさん、ご指摘ありがとございます。
恥ずかしながら、その点については全く無頓着でした。
全角で統一するように、変換する際に注意します。

返信する
さすらい

筆者様はDAZNではないと踏んでいらっしゃましたが、一応米DAZNでの中継は決まっていますね。
日本での配信権がどこになるのかは決まっていませんが、現状DAZNでもやる可能性はありそうですよ、とお伝えしておきます。

返信する
わしボク

さすらいさん、貴重な情報ありがとうございます。
DAZN独占生配信、なんてことになったら大変ですね。
でも、「1カ月お試し」というのがありますから、無料見ることはできますね。
恐らく、フジテレビが何とかして配信権を獲得すると思いますよ。
しかし、DAZNが絡んでくると、放送時間帯も午後8時とか9時というのは、難しかもしれませんね。

返信する

井上はKOパンチが出るまでの時間が異常に短い。
分析能力が優れてる為ですかね?
対してドネアは後半にKOパンチが炸裂する。
勝負の時間が長くなれば、ドネアにも勝機が訪れるような気がします。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
今の井上とドネアとでは、力量差が相当あるように思います。
井上の体調万全なら、序盤から圧倒してあっさり倒すんじゃないでしょうか。
ドネアには左フックしかないですからね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)