「わしボク」大注目の年末世界戦 ジャーボンテイ・デービスVSユリオキス・ガンボア(12月28日)

(出典:WOWOW)

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSユリオキス・ガンボア(キューバ)

WBA世界ライト級王座決定戦(2019年12月28日)

デービスは、22戦全勝21KO、25歳。WBA1位。166cm。

フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子。2019年9月にWBA世界S・フェザー級王座を返上し、ライト級に階級を上げてきました。ワシル・ロマチェンコにとって、一番危険な相手でしょうね。

ガンボアは、32戦30勝18KO2敗、37歳。WBA2位。166cm。

2014年にテレンス・クロフォードにTKO負けしたからは、やや低迷していた感じですが、今年の7月にローマン・マルチネスに2RKO勝ちして、久しぶりに世界戦のチャンスをつかみました。

展開予想

デービスが序盤から倒しに行くでしょうね。最近のガンボアはガードがルーズで、結構パンチを被弾するようになっていますから、早い回で終わってしまう可能性は十分あります。

しかし、 ガンボアもまだまだ世界を狙える力を持っていますから、結構スリリングなパンチの応酬が見られるはずです 。ガンボアの経験とスキルでどこまで、デービスの暴走を食い止めることが出来るか。中身の濃い、見ごたえのある試合になることは、間違いないでしょう。

この試合は、恐らく来年、WOWOWエキサイトマッチで放送されるでしょうが、生で見たいですね~

ライト級ビッグ5

強豪ひしめくライト級で、「わしボク」が独断と偏見で、ビッグ5を選びました。

ライト級といえば、3団体王者(WBC・WBA・WBO)のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が間違いなく筆頭ですね。

残る4人は、リチャード・コミ―を一発で沈めたIBF王者のテオフィモ・ロペス(メキシコ)。そして、恐らくガンボアに圧勝すると思われる、ジャーボンテイ・デービス。ロメロ・デュノを1Rで沈めたライアン・ガルシア(アメリカ)も外せませんね。最後は「わしボク」がロペスより将来戦があると思ったデビン・ヘイニー(アメリカ)

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) 3団体王者 15戦14勝10KO1敗 31歳

テオフィモ・ロペス(メキシコ) IBF王者 15戦全勝12KO 22歳

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ) WBA1位 22戦全勝21KO 25歳

ライアン・ガルシア(アメリカ)19戦全勝16KO WBA4位 21歳

デビン・ヘイニー(アメリカ) WBC王者  23戦全勝15KO 21歳

2 Comments

タンクとガルシアならタンクが勝ちそうですけど、ロマに勝てそうなのはガルシアじゃないかと考えてます。リーチも背丈もあってスピードもある。でもロマは階級を下げるみたいなので、このカードは実現しないと思います。同様にタンクvsロマも見れないと思います。タンク・ガルシア陣営は用心深いですから、今すぐにロマとはやらせないとも思います。

ガンボアがタンクのパンチにビビらずに打ち合ってくれれば、私好みの試合になりそうなんですが、どうなるか楽しみです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)