速報)京口紘人VSカルロス・ブイトラゴ IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 8RTKO勝ちで初防衛成功!

京口紘人(ワタナベ)VSカルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20180101143852j:plain

(出典:TBS)

京口はタイトルを獲得した試合以上に、厳しい戦いを強いられそうですね。

8戦全勝6KO、24歳。京口の強打も、世界戦レベルではそう簡単に通用しないでしょう。とにかく、執拗なボディ攻撃が勝負の決め手になると思われます。

ブイトラゴは33戦30勝17KO2敗1分け、26歳。IBF3位。

ただ、この試合は生中継されない可能性が高いでしょうね。

 

試合経過)

どうやら、すでに始まっていたみたいですね。

経過は分かりませんが、もうYahoo!に出ています。

8RTKOで、初防衛に成功したようです。

とにかく良かったですね。

この試合は、他の2試合の経過次第で、10時過ぎに録画で舗装されるかもしれません。

 

(ダイジェストの放送より)

初回の京口の動きがいいですね。硬さは見られません。

f:id:stonemeintothegroove:20180101143950j:plain

(京口は前回よりかなりいい動きをしていました)

6Rに京口の強いパンチがヒットし、ラッシュします。しかし、相手もしぶといですね。簡単には倒れません。

f:id:stonemeintothegroove:20180101144022j:plain

(6ラウンドにラッシュしましたが、相手もしぶとい)

8Rも京口の左ジャブが的確にヒットします。

f:id:stonemeintothegroove:20180101144151j:plain

(京口の勝因はこの左ジャブが良かったことでしょう)

そして、京口がブイトラゴをロープに詰めて、右ストレートを連打したところで、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180101144244j:plain

京口が8RTKO勝ちで、難関の初防衛に成功しました。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)