ボクシング観戦記(日本人編)

レジス・プログレイスが6RTKO勝ちで、WBSSスーパーライト級の決勝進出 VSキリル・レリク

レジス・プログレイス(アメリカ)VSキリル・レリク(ベラルーシ)

(出典:WOWOW)

WBCダイヤモンド・WBA世界S・ライト級統一王座決定戦(2019年4月27日)

プログレイスは、23戦全勝19KO、30歳のサウスポー。WBCダイヤモンド世界S・ライト級王者

WBCダイヤモンド王座の定義があいまいで、「わしボク」にはこのタイトルの意味が理解できません。ちなみに、プログレイスはWBAでは5位にランクされています。ダイヤモンドとかスーパーとか暫定とか、とにかく訳の分からないタイトルはいい加減、整理したらどうですか。

レリクは、25戦23勝19KO2敗、29歳。WBA王者。

この試合は、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の準決勝として行われます。ちなみに、もう一つの準決勝は、井上尚弥の試合と同じ、5月18日、グラスゴーで行われます。

イワン・バランチク(ベラルーシ)VSジョシュ・テイラー(イギリス)

初回のボディブローがすべて

前に出てプレッシャーをかけるのは、意外にもレリクの方です。プログレイスは、下がりながらまだ様子を見ている感じです。

しかし、1ラウンドの終盤に、プログレイスの左フックがレリクのボディにヒットすると、レリクは背を向けてロープに下がります。そして、プログレイスがロープに詰めて連打を浴びせると、レリクが膝をついてダウン。

(プログレイスの左フックがレリクのわき腹をえぐります)

連打よりも、明らかに最初のボディブローが効いていますね。

この回はゴングに救われました。

しかし、2ラウンド以降も、レリクは右のボディのダメージを引きずり、右腕はしっかりボディをカバーするため、ガードが下がり、右のパンチは伸びを欠いて威力は半減します。

こうなると、プログレイスは思い通りのボクシングを展開できますね。ボディブローを中心に攻め立て、ガードが下がれば、顔面へパンチをヒット。さらに2ラウンドにレリクは眉間をカットし、出血にも悩まされます。

下がらないレリク

レリクは、3ランド以降も前に出て、プレッシャーをかけ、パンチを放ちます。しかし、腰が引けて伸びを欠くパンチは、プログレイスの巧みなボディワークに阻まれ、空を切るばかりで、ほとんどヒットしません。ここで下がれば一気にプログレイスの連打にさらされるのは、明らかですから、レリクは必死に前に出て手を出します。

余裕の出たプログレイスは、ボディブローを中心に、じっくりレリクの戦力を削っていきます。レリクは回を追うごとに「なすすべなし」状態に追い込まれます。

(レフリーが割って入りますが、その後のジェスチャーが分かりにくかったですね)

ほぼ一方的な展開になってきた6ラウンド中盤。プログレイスが連打を畳みかけると、レフリーが割って入って、試合を中断しました。最初は、眉間の傷のチェックかと思われましたが、レフリーストップによる、プログレイスのTKO勝ちでした。

結局、初回のボディブローのダメージを最後まで引きずって、レリクは何もできずに終わってしまいましたね。これで、WBSS決勝へコマを進めたプログレイス。パンチ力があって、ディフェンスもしっかりしており、巧みなボディワークでほぼレリクのパンチは空を切っていました。ただ、初回にダウンを奪ってからの攻めが、あまりにも慎重で、「わしボク」にはそこが大いに不満ですね。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)