令和元年5月の日本人世界戦の展望       船井龍一(5/4)&黒田雅之(5/13)&井上尚弥(5/18)&小西伶弥(5/19)伊藤雅雪(5/25)&久保隼(5/26)&福原辰弥(5/31)

ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)VS船井龍一(ワタナベ)

IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2019年5月4日)IN アメリカ)

アンカハスは、33戦30章20KO1敗2分け、27歳のサウスポー。

2016年にタイトルを獲得し、今回がなんと7度目の防衛戦となります。2017年に帝里木下に7RTKO勝ちしています。圧勝でしたね。

船井は、38戦31勝22KO7敗、34歳。IBF1位。

2016年に石田匠に判定で負けてから、7連勝(6KO)中です。昨年11月にビクトル・エマニュエル・オリボに2RTKO勝ちして、挑戦権を獲得しています。2009年に山中慎介さんと対戦し、7RTKO負けを喫しています。デビューが2005年ですから、キャリア14年ですか。いや~息の長いボクサーですね。

展望

船井の魅力は何と言ってもパンチ力です。年齢は34歳ですが、今が一番強いんじゃないでしょうか。しかし、安定した強さを誇るアンカハスが相手では分が悪いですね。序盤からKO狙いでガンガン行って必殺の右が当たれば…。アンカハスもパンチ力はありますが、船井のパンチを警戒し、無謀な打ち合いはしてこないでしょうね。

アンカハスの明確な判定勝ち、若しくは後半KO勝ちで7度目の防衛に成功するでしょう。

モルティ・ムラザネ(南アフリカ)VS黒田雅之(川崎新田)

IBF世界フライ級タイトルマッチ(2019年5月13日)IN 後楽園ホール

ムラザネは、39戦37勝25KO2敗、36歳。

昨年12月に、坂本真宏にTKO勝ちして、初防衛に成功しています。キャリア19年の超ベテランです。

黒田は、40戦30勝16KO7敗3分け、32歳。IBF4位。

2013年にファン・カルロス・レべコに挑戦し、判定でWBA世界フライ級タイトル獲得に失敗しています。その後はややスランプが続きましたが、6連勝でタイトル挑戦にこぎつけました。

展望

ムラザネは、ゾラニ・テテに勝った2010年から2014年ぐらいまでがピークで、今は往年の力はないでしょう。ベテラン対決、生き残るのはどっち?今のムラザネなら黒田にもチャンスはあると思いますが、恐らくムラザネの老獪なボクシングにごまかされ、判定でムラザネが勝つでしょうね。

井上尚弥(大橋)VSエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

この一戦については、こちらをご覧下さい。→https://www.boxing-blog.com/entry/20190427

フェリックス・アルバラード(ニカラグア)VS小西怜弥(真正)

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年5月19日)IN 神戸

アルバラードは、36戦34勝30KO2敗、30歳。

2013年12月に、井岡一翔のWBAタイトルに挑戦し、判定負けしています。昨年10月にランディ・べタルコリンとの王座決定戦で7RTKO勝ちし、タイトルを獲得しています。

小西は、18戦17勝7KO1敗、25歳。IBF3位。

昨年3月にカルロス・カニサレスとWBA世界ライトフライ級王座決定戦で判定負けし、タイトル獲得に失敗しています。

展望

アルバラードは、現在15連勝中でしかも9連続KO勝ち。前半で小西が倒される可能性大ですね。特にアルバラードのボディブローは強烈です。

伊藤雅雪(伴流)VSジャメル・へリング(アメリカ)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年5月25日)IN フロリダ

伊藤は、27戦25勝13KO1敗1分け、28歳。

アメリカでタイトルを獲得し、日本で初防衛に成功。再びアメリカで2度目の防衛戦に挑みます。

へリングは、21戦19勝10KO2敗。33歳のサウスポー。WBO11位。

IBF11位のデニス・シャフィコフ(ロシア)という選手に10RTKO負けを喫しています。

展望

へリングについての情報がほとんどないので、少ない材料を駆使して展望を空想してみたいと思います。

へリングはもともとライト級の選手で、178㎝の長身です(伊藤は174㎝)。 ガードも堅くサウスポーですから、身長差以上に距離は長く感じると思います。しかし、最近、好戦的なボクシングをするようになってきた伊藤が、この距離を詰めることが出来れば、中盤以降に倒せると思います。ただ、相手の距離で戦うと、思わぬ大苦戦を強いられるかもしれませんね。

シュー・ チャン(中国)VS久保隼(真正)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2019年5月26日)IN 中国

チャンは、18戦16勝2KO2敗、25歳。

今年の1月に、ヘスス・マヌエル・ロハスに挑戦し、判定でタイトルを獲得しています。

久保は、14戦13勝9KO1敗、29歳。WBA10位。

2017年にダニエル・ローマンに)RTKO負けを喫し、WBA世界S・バンタム級タイトルの初防衛に失敗しています。

展望

ヘスス・マヌエル・ロハスに挑戦した試合を見ましたが、予想通り、たいした山場もなく、見応えのあるパンチもない退屈な12ラウンドでしたね。チャンが非力なパンチながらも、的確性と手数が評価され、予想以上にポイント差をつけてタイトルを獲得したのには驚きました。「わしボク」はロハスが勝ったと思いましたからね。

打ち合えば、久保に十分チャンスはあると思いますが、チャンのペースで淡々とラウンドを重ねてしますと、いつの間にか大差をつけられてしまいますよ。

ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)VS福原辰弥(本田フィットネス)

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ(2019年5月31日)IN タイ

ワンヘンは、52戦全勝18KO、33歳。

福原は、33戦20勝7KO7敗6分け、29歳。WBC5位。

展望

2017年に福原がワンヘンのタイトルに挑戦し、判定負けしています。福原がワンヘンに53勝目の無敗記録をプレゼントすることになるでしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)