速報)ノニト・ドネアが左フック一発で決勝進出 VSステフォン・ヤング WBSSバンタム級準決勝(WOWOWオンデマンド先行ライブ配信)

ノニト・ドネア(フィリピン)VSステフォン・ヤング(アメリカ)

(出典:WOWOW)

WBAスーパー・WBO世界バンタム級タイトルマッチ(2019年4月28日)IN アメリカ

ドネアは、44戦39勝25KO5敗、36歳。

ヤングは、 22戦18勝7KO敗3分け、WBA5位。30歳のサウスポー。

まさかのゾラニ・テテの欠場で、リザーブ選手のヤングがドネアと戦うことになりました。

この試合、ドネアの仕上がり具合がすべてだと思います。万全なら、あっさりヤングを倒すでしょうね。

試合経過)

1R)

ドネアの方が大きいですね。ドネアは別人のようにスマートです。ドネアが前に出てプレッシャーをかけます。ヤングは下がりながら、ドネアの打ち終わりを狙っています。ヤングはドネアの左フックを警戒しています。

2R)

ドネアが前出てプレッシャーをかけます。ヤングの動きが速いので、なかんか捕まえられません。ヤングは足を使って、ドネアの攻撃をかわしながら、速い踏み込みで、ワンツーをヒット。

3R)

ドネアが少し強めにプレッシャーをかけます。ヤングは隙をついて、速いパンチを打ちこみます。ドネアは前に詰めながらも、ヤングに先にパンチを打たれています。ヤングのボクシングにリズムが出てきましたね。ドネアの右ストレートがヒット。ヤングが少し体勢を崩しました。

4R)

この回もドネアが前に出てプレッシャーをかけます。右ストレートを多用するようになりました。軽い左もヤングをとらえるようになってきました。ドネアは軽めのパンチで、ヤングを追いつめます。

5R)

ドネアの手数が増えてきました。前の回より少し強めにパンチを放っています。ドネアがコンパクトなパンチでペースをつかみかけていましたが、ヤングも速い踏み込みでパンチを返してきます。終盤、ドネアのパンチがまた大振りになってきた感じです。

6R)

ヤングの動きにまたリズムが戻ってきました。ヤングの手数が増え、ドネアの手数が減ってきました。流れがまたヤングに傾きかけたラウンド終盤、ドネアが左フックでヤングからダウンを奪いました。これは立てない!

(この左フックは速かったですね)
(全く力みのないスムーズなパンチでした)

ドネアが左フック一発で、試合を決めました。力みのないスムーズなパンチでしたね。ヤングが少し調子に乗って油断したところに、ドネアのコンパクトな左フックが顎を打ち抜きました。

決勝は井上尚弥VSノニト・ドネア?

まさかこんなに鮮やかに倒すとは思いませんでした。まだまだ、ドネアの左フックは健在です。

さあ、次は、井上VSロドリゲス(5/18)の勝者と対戦することになりました。まあ、多くのファンは、井上VSドネアでしょう。ドネアの左は要注意ですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)