キース・サーマン22か月ぶりに復活?VSホセシト・ロペス &「わしボク」ウェルター級世界ランキング

キース・サーマン(アメリカ)VSホセシト・ロペス(アメリカ)

WBAスーパー世界ウェルター級タイトルマッチ(2019年1月26日)

サーマンは、29戦28勝22KO1NC、30歳。

右ひじの故障で、22か月ぶりの試合です。通算8度目の防衛戦となりますが、直近5試合でTKO勝ちは1試合のみ。それも2015年7月のことです。強打も最近はすっかり湿りがちですね。

ロペスは、44戦36勝19KO7敗1NC、34歳。WBA7位。

7敗していますが、対戦相手はなかなかのものです。サウル・アルバレス、マルコス・マイダナ、ジェシー・バルカス、アンドレ・ベルト。まあ、いずれも負けていますが、現在3連勝中です。

2ラウンドのダウンで終わったと

22か月ぶりのサーマンですが、動きは機敏で、ブランクを感じさせません。

試合は、ロペスが前に出てプレッシャーをかけ、サーマンが下がりながらロペスの打ち終わりにワンツーのコンビネーションを放つという展開です。そして、2ラウンド終盤に、やや前のめりに左フックを放ったロペスにサーマンの左フックがカウンターで決まり、ロペスがダウンします。かなりダメージがありもう少し時間があれば、ここで終わっていたでしょうね。

(左フックのカウンターはかなりダメージがありました)

いつものサーマンなら、3ラウンドにフィニッシュしていたでしょうが、前に出てプレッシャーをかけてきたのはロペスです。大振りのパンチでほとんどサーマンのボディワークにかわされ、ヒットしませんが、構わず前に出てきます。

このままサーマンのペースが続くかと思いきや

その後も試合展開は同じです。ロペスが前に出てプレッシャーをかけながら、強引にパンチを放ち、サーマンがボディワークでパンチをかわしながら、打ち終わりにワンツーやカウンターの右、アッパーと多彩な攻撃を見せます。ただ、ロペスのプレッシャーはラウンドを追うごとに強くなり、サーマンのパンチをもらっても構わず前に出て、パンチを放ってきます。

ややサーマンが押され気味の展開になってきた7ラウンド。ロペスの強引な攻撃に圧倒され、右フックをまともにもらってしまいます。足に来たサーマンにロペスが襲い掛かり、サーマンが連打にさらされます。あわやストップ負けか、と思うほどダメージを負ったサーマンですが、ロペスの打ち疲れに助けられ、何とかこの大ピンチを凌ぎます。恐らくすべてのジャッジがこのラウンドは10-8をつけたと思います。

サーマンがコンパクトなパンチで逃げ切る

常に前に出てプレッシャーをかけ続けるロペスですが、なかなかサーマンはクリーンヒットを許しません。パワーに押されながらも、要所要所でコンパクトなパンチを決めるのはサーマンです。ただ、見た目はかなりサーマンが追い込まれている感じですね。中盤以降は、サーマンのパンチはロペスにほとんどダメージを与えることが出ていないようです。

以前から思っていたことですが、サーマンはウェルター級としてはパワー不足ですね。クリーンヒットでははるかに上回っていますが、終始、ロペスのパワーに押され、劣勢に立たされているようにも見えます。

そんなわけで、判定は2-0(113-113、115-111、117-109)。いくら何でも113-113はないでしょう。一方で117-109の大差。ニューヨークのジャッジはどうなっているのでしょうね。まあ、とにかく、サーマンは復帰戦を勝利で飾り、通算8度目の防衛に成功しましたが、評価は大きく下げました。

「わしボク」ウェルター級世界ランキング

各階級の「わしボク」世界ランキングを作っていこうと思いまして、まずは、手始めに群雄割拠のウェルター級から。

1位 テレンス・クロフォード(アメリカ) WBO王者

2位 エロール・スペンス・JR(アメリカ) IBF王者

3位 ショーン・ポーター(アメリカ)   WBC王者

4位 エギディウス・カバラウスカス(リトアニア) WBO1位、WBC4位、WBA4位、IBF11位

5位 ダニー・ガルシア(アメリカ) WBC1位

6位 キース・サーマン(アメリカ) WBAスーパー王者

7位 マニー・パッキャオ(フィリピン) WBA王者

8位 ホセ・べナビデス(アメリカ)

9位 オマール・フィゲロア(アメリカ)

10位 マイキー・ガルシア(アメリカ) WBCライト級王者

10位のガルシアは、エロール・スペンスに挑戦するいうことだけの、ランクインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)