ボクシング観戦記(日本人編)

速報)伊藤雅雪(伴流)VSイフゲニー・チュブラコフ(ロシア) WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ 伊藤がTKOで初防衛成功!

伊藤雅雪(伴流)VSイフゲニー・チュプラコフ(ロシア) 

(出典:フジテレビ)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2018年12月30日)

伊藤は、26戦24勝12KO1敗1分け、27歳

チュプラコフは、20戦全勝10KO、28歳。WBO1位。

午後7時からフジテレビ系列で、アンダーカードの井上拓真の世界戦があります。メインは伊藤の初防衛戦です。恐らく午後8時過ぎに試合開始でしょうね。

正統派スタイルの伊藤が、チュブラコフのやや変則的なボクシングにペースを乱されると、てこずるかもしれません。チュプラコフはそれほど怖いパンチがありませんので、序盤からやや強引にペースを奪いに行けば、危なげなく初防衛に成功すると思います。

試合経過)

1R)

距離を詰めるチュプラコフ。伊藤もこれにつきあいますね。やはり伊藤はやりにくそうです。伊藤のボディブローが効果的です。

2R)

伊藤はなかなか、自分の距離で戦えません。もみ合いの多い戦いです。それでも伊藤は、少しの間合いでクリーンヒットを放っています。

3R)

伊藤は相変わらず、相手の距離でもみ合っています。左ジャブが少ないですね。伊藤の左目がカットしました。やりづらい相手ですね。右は出ますが、左が少ない。

4R)

伊藤は、やはりチュプラコフのかく乱戦法に、巻き込まれているようですね。しかし、伊藤もこの回からようやく自分の距離を作り出しました。

5R)

ようやくボクシングらしい間合いになってきた感じです。チュプラコフも左目をカットしました。伊藤らしいワンツーがヒット。チュプラコフは今度は、トリッキーなボクシングに変化しましたよ。

6R)

伊藤の得意の右ストレートが決まり出しました。それにしてもやりにくい相手ですね。

7R)

伊藤の距離で、プレッシャーをかけています。伊藤がコーナーに詰めて連打を浴びせ、チュプラコフがマウスピースを吐きだします。そして伊藤の連打の中、チュプラコフ陣営がタオルを投入しましたが、レフリーがこれを拒否。結果的に、セコンドのギブアップが認められて、試合がストップしました。

なんと、伊藤がTKOで初防衛に成功しました!「わしボク」もTKOは予想していませんでしたね。伊藤の右ストレートは、かなり進化しています。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    伊藤選手、スタイリッシュでかつ切れ味が良く好きなタイプです。今後のビッグマッチが楽しみです。ただ今回の相手が、これでランキング1位かよ、と思えるようなレベルの選手だった事が唯一残念でした。とは言え臨機応変に対応してちゃんと仕留めた伊藤選手はナイスジョブでしたね。

    • わしボク より:

      団長さん、コメントありがとうございます。確かに、全勝の1位にしては、手応えのない選手でしたね。
      過去の試合のビデオを確認した時も、パンチ力もスピードもなく、ただやりにくそうな感じだけのボクサーでしたが、その通りでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)