速報)デオンテイ・ワイルダーVSタイソン・フューリー WBC世界ヘビー級タイトルマッチ ワイルダーが2度ダウンを奪いながらも、大苦戦の引き分け防衛

デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSタイソン・フューリー(イギリス)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2018年12月2日)

(出典:WOWOW)

WOWOWの放送は、12時からですがアンダーカードが2試合ほどあり、ひょっとすると試合開始は午後2時ぐらいになるかもしれませんね。

アンダーカード

ルイス・オルティスが、試合をしています。オルティスがリードしているようですが、オルティスの発汗がすごいですね。なんだかオルティスが攻めあぐねているような感じです。

6ラウンドにワンツーでやっとダウンを奪いました。相手のコーフマンはそれほどダメージはなさそうです。

これは、判定までいきそうですね。

8ラウンドにオルティスのオーバーハンドの左がヒットし、2度目のダウンを奪っています。しかし、コーフマンはタフです。最終ラウンドにダウンを追加。そして、連打を畳みかけると、レフリーが試合をストップしました。

この後、もう一試合、アンダーカード(ジャレット・ハードの防衛戦)があって、その次がメインです。午後1時半ぐらいに始まるかな。

WBA・IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチ

ジャレット・ハード(アメリカ)VSジェイソン・ウェルボーン(イギリス)

こちらの試合経過は、後ほど別のブログでご紹介します。ウェルボーンは、ロマチェンコに似ていますね。

プロフィール

ワイルダーは、40戦全勝39KO、33歳。

前回の防衛戦では、ルイス・オルティスにストップ寸前まで追い込まれ、薄氷を踏む防衛戦となりました。

フューリーは、27戦全勝18KO、30歳。WBC3位。

2015年11月にウラジミール・クリチコを判定に下し、長年続いたクリチコ時代に終止符を打ちましたが、その後がいただけません。

病気や薬物などで、もう完全に引退状態になっていましたが、今年の6月に、2年7か月ぶりに復帰戦を行い、8月にも試合を行い2連勝で世界戦線に返り咲いています。

直近の試合でのサイズを比較。

       身長   リーチ   体重

ワイルダー  201㎝  211㎝   97,5キロ

フューリー  206㎝  216㎝   117キロ

試合経過)

前日計量では、フューリーが、116、3キロ、ワイルダーは、96,3キロ。やはり20キロの差があります。

さあ、いよいよ両選手が入場するようですよ。

フューリーは、余裕の表情をしてますね。

アメリカにしては珍しく、チャンピオンから先に紹介しました。

1R)

早くもワイルダーが仕掛けます。フューリーの動きはスピードがありますね。

前に出るのはワイルダー。フューリーも強いパンチを返してきます。

2R)

ガードを下げて前に出るワイルダー。フューリーは両腕を小刻みに動かします。ワイルダーは思い切って打ち込みます。

フューリーの左ジャブは長くて速いですね。

3R)

前に出るのはワイルダーです。それにしても巨漢フューリーの左ジャブはシャープです。ワイルダーの右がなかなか当たりませんね。まだ、距離が掴めていないようです。

4R)

今度はフューリーが少し前に出ます。ワイルダーのパンチがなかなヒットしません。フューリーは少し手数が減りましたが、ディフェンス勘はいいですね。

5R)

先に仕掛けるのはワイルダーです。フューリーは受けに回っています。序盤に比べると、お互い、手数が減りましたね。

ワイルダーの右のタイミングが合ってきた感じです。フューリーは間一髪でかわしています。

6R)

お互いフェイントの掛け合い。フューリーの手数が少し増えてきました。

ワイルダーはこの回、手数が少ないですね。

7R)

早いですね。もう半分が過ぎましたよ。

やはり20キロ差は大きいようです。ワイルダーが攻めあぐねています。フューリーのパンチがヒット。ワイルダーは少し効いた感じです。ワイルダーの攻撃はほとんど外されています。

8R)

ペースがフューリーに移りつつあります。ワイルダーの右は完全に読まれています。それにしてもフューリーの避け勘は素晴らしいですね。ワイルダーは右を狙いすぎです。フューリーのワンツーがヒット。ワイルダー、ピンチですよ。

9R)

巨漢フューリーの動きは変わりません。リズムがいいですね。

ワイルダーの右がついに当たった!テンプルにヒットしました。フューリーがついにダウン。

(フューリーはちょっとディフェンスが雑でしたね。テンプルに右フックがヒット)

立って来たフューリーにワイルダーが襲い掛かりますが、追撃のパンチを許しません。

ワイルダーは結構スタミナを使いましたよ。

10R)

フューリーが反撃に転じます。ワイルダーはかなり消耗しています。フューリーにダメージは見られません。

フューリーのワンツーがヒット。終盤、ワイルダーが攻め込みますが、ほとんど外されています。

11R)

フューリーはペース配分がいいですね。ワイルダーの動きがぎこちなくなってきました。手数も減りました。

ワイルダーのパンチは空を切るばかりです。フューリーは最終ラウンドに行くのかな。

12R)

さあ、最終ラウンドまで来ましたよ。

残された力は、フューリーが上でしょう。

フューリーがプレッシャーをかけます。

ワイルダーの右から返しの左がヒットしました。フューリーがダウン!これは効いたぞ。立ってこないでしょう。

(このダウンで立ってくるとは、驚きです)

いあや、立ってきました。すごい回復力です。

ワイルダーが襲い掛かりますが、フューリーは追撃を許しません。

今度はワイルダーがカウンターをもらいピンチに陥ります。ワイルダーにはもうスタミナがほとんど残っていないようです。

お互い攻め切れません。ここで、ゴング。

 

採点は微妙ですよ。

判定は1-1(115-111、110-114、113-113)。

ワイルダーは苦しい苦しい防衛戦でした。

 

No tags for this post.

4 Comments

宮田

海外の動画のコメントでは、フューリーの勝ちだ というコメントであふれかえってましたね。でもワイルダーはダウンを取ったラウンドを除くと3ラウンド取ればイーブンなので公平なジャッジだと思いました〜

返信する
わしボク

宮田さん、コメントありがとございます。
私も同感ですね。たしかにワイルダーのパンチはほとんど空を切っていましたが、なんといっても2度もダウンを奪ってるんですからね。
前半で3ポイントぐらいは獲っていたような気がします。
それにしても、最終ラウンドのダウンは、「決まった」と思いました。まさか、立ってくるとはネ。20キロの差を痛感しました。

返信する
NAZ

すごい試合でした。Tフューリーが今や円熟期になりつつあるワイルダーをあそこまで追い詰めたというのにまず脱帽です。
というかTフューリーのスタミナと回復力が異常です。120kg近い体重で自分のペーストはいえ12R動き続けて最終Rはダウンして大の字に寝っ転がった後、ピンピンして相手を追い詰めるなんて初めてみました。
(正直判定後のインタビューでも全然収まらないハイテンションな感じと体力にドーピングを疑いたくなるくらいです)

対比ですが昨日のワイルダーにも少し残念な感じが残りました。大ぶりの空振りしまくったとはいえフューリーに比べて無さ過ぎるスタミナ、後半の勝敗が傾いたのははっきりスタミナの差です。
また今までの成長を捨てたかのような遠距離からの大砲に固執しすぎた感もします。それは見せパンチで本命はオルティスを倒したショートとかもっと引き出しがあるはずなのに、まあ実際対峙したフューリーの底知れなさがそうさせたのかも、実際ワイルダーはホームとはおもえないほど初回から硬かった。
言えるのはオルティスを倒した時、これだけ豪快な中に引き出しが増えたワイルダーならジョシュアと頂上決戦するに申し分ないだろうと思ってましたが
昨日の戦い方ならジョシュアにも勝てないだろうなでした。

返信する
わしボク

NAZさん、コメントありがとございます。
フューリーは、巨漢にもかかわらず、ボディワークが巧みで、パンチにもスピードがあり、驚きました。
テクニックでは完全にワイルダーを凌いでいましたね。
一方のワイルダーは、とにかく攻めが単調で、完全にフューリーの読まれていました。
「当たれば倒れる」でしょうが、倒れてもダメージを与えられなかったら、自分がスタミナを消耗するだけでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)