強烈な右! スコット・クイッグVSキコ・マルチネス

WBA世界Sバンタム級タイトルマッチ(2015年7月18日)
スコット・クイッグ(イギリス)VSキコ・マルチネス(スペイン)

WOWOWエキサイトマッチ観戦記・46

 

■日本に縁のある両選手

この二人、レンドール・ムンロー(イギリス)と2度戦っています。ムンローは2010年10月に西岡さんのWBC世界Sバンタム級タイトルに挑戦して、大差判定負けした選手です。

クイッグは、1度は引き分けていますが、2度目でKO勝ちし、2012年11月にWBAの暫定Sバンタム級タイトルを獲得しています。(後に正規王者に昇格)

山中慎介に挑戦してKO負けした(2014年4月)シュテファーヌ・シャモエ(ベルギー)にも3RKO勝ちしています。

その後日本の大竹秀典を大差の判定で退けています。

一方のマルチネスはムンローに2度とも判定負けしています。
しかし、日本で長谷川穂積をKOした強打はまだ記憶に新しいところです。(2014年4月、IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ)。

 

ところがこのマルチネス、よほどイギリス人と相性が悪いのか、長谷川戦のあと、イギリスでカール・フランプトン(イギリス)に大差の判定で敗れてタイトルを失っています。

 

■写真たっぷりでご覧ください

1ラウンドはマルチネスがどんどん前に出て、完全にペースを握ってとても調子のよい滑り出しでした。これが逆に油断を生んでしまったのでしょうね。

展開が一変したのは、クイッグの放った会心の右アッパーカット。

f:id:stonemeintothegroove:20150827145306j:plain

これでマルチネスの腰がガクッと落ち、あとの連打は付け足しでしたね。まず1回目のダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20150827145334j:plain

もうダメージは深刻でした。

そこからのクイッグの攻めは圧巻でした。

特にクイッグの右はかなり破壊力がありますね。まあマルチネスはかなり足にきていましたから、浜田剛史さんがいつも言っている「何処を打っても効いてしまう状態」だったと思います。

右フック、右アッパーは完全にクリーンヒット、そしてとどめは会心の右フック。

f:id:stonemeintothegroove:20150827145430j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20150827145442j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20150827145452j:plain

これは強烈でしたね。案の定、マルチネスはカウント8でストップされました。(なぜ外国のレフリーは最後までカウントしないんでしょうね? ジョー小泉さんも苦言を呈していました。)

大竹と対戦した時はこれほどの強打者というより、頑丈な大竹をもてあまし、判定決着に作戦変更したような気がしました。思わず大竹を見直してしまいました。

■さあ次は誰と

ノニト・ドネアとの対戦が計画されているようです。これは楽しみなカードです。
全盛期を過ぎたドネアには少し荷が重いような気がしますが、個人的にはドネアにぜひ勝ってほしいですね。

Sバンタム級ではWBAスーパーチャンピオンのギジェルモ・リゴンド―そしてIBFの同国人カール・フランプトンがいます。このあたりの無敗対決もぜひ見たいですね。

まだ26歳です。177㎝の長身ですから、フィジカル面でもフェザー級で十分対応できると思います。おそらく将来的には階級を上げてくるでしょう。

No tags for this post.

2 Comments

リゴンドーX

大竹との試合中にクイッグは拳を怪我したそうなのでそれもあったかと思います。
今回の出来が本来のクイッグなのかもしれませんね

返信する
stonemeintothegroove

コメントありがとうございます。
クイッグは本当に楽しみな選手ですね。
次の試合に期待です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です