梶颯が百戦錬磨のムエタイ戦士を2ラウンドに粉砕 VSサハパープ・ブンオップ

梶颯(帝拳)VSサハパープ・ブンオップ(タイ)

S・フライ級8回戦(2018年9月1日)

(出典:日テレG+)

梶は、10戦全勝8KO、21歳。日本S・フライ級10位。

2015年度の全日本S・フライ級新人王です。その後も6連勝(5KO)と、日本タイトルに向かって順調に勝利を重ねています。ただ、残念なのは、そのほとんどが実力未知数の外国人ボクサーで、昨年12月のOPBFランカーとの試合では、手を焼いて連続KOがストップしています。

「剛腕」梶颯 OPBFランカーに手を焼き連続KOストップ VSジュン・ブラゾ

サハパープは、4戦3勝2KO1敗、22歳。ムエタイでは100戦以上のキャリアがあるということですが、「わしボク」にはタイの観光ボクサーとしか思えません。

梶はいつものように初回から積極的

梶は初回から、相手の様子を見ることもなく、積極的に打って出ます。

梶の左右のパンチは、キレがありますね。ただ、ロープに詰めて連打を放つときに、ややガードが甘くなるのは気になります。

サハパープは、梶の連打にさらされながらも、予想以上に耐えています。

梶は、冷静に試合を進め、2ラウンドは、左ジャブで試合を組み立てます。

そして、2ラウンド中盤に、梶の右フックから返しの左フックでサハパープの顎が跳ね上がり、コーナーに詰めて一気にパンチを畳みかけると、サハパープはたまらずダウン。

(右から返しの左フックでサハパープの顎が跳ね上がります)

(コーナーに詰めて連打を畳みかけるとたまらずダウン)

立ってきたサハパープは、しぶとく応戦してきますが、梶がロープに追いつめ、連打を畳みかけると、レフリーが割って入り、試合をストップしました。

ムエタイ戦士をあっさり2ラウンドで粉砕。

そろそろ、日本の上位ランカーと対戦し、来年には日本タイトルに挑戦してほしいですね。

しかし、こんな試合を見せられたら、なかなかマッチメイクが難しいかもしれません。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)