アレックス・サウセドが流血戦を制しましたが、世界を獲るには問題点がありますね VSレニー・ザッパビーニャ

アレックス・サウセド(アメリカ)VSレニー・ザッパビーニャ(オーストラリア)

WBOインターナショナルS・ライト級王座決定戦(2018年6月30日)

サウセドは、27戦全勝17KO、24歳。WBO1位。

S・ライト級の全勝ホープです。↓

S・ライト級の全勝ホープ、アレクス・サウセドが世界ランカー対決で圧勝 VSグスタボ・ビットリ

ザッパビーニャは、40戦37勝27KO3敗、30歳。WBO7位。

世界戦に敗れて一度引退を表明しましたが、現役復帰し、2連勝中です。

2014年には、土屋修平にTKO勝ちしていますね。

はっきり言ってピークを過ぎた感じはしますが、パンチ力はサウセドより上かもしれません。

スピードも手数もサウセドが圧倒

身長で7㎝上回るサウセドが、左ジャブで距離を取り、スピードのあるワンツーでザッパビーニャを下がらせます。

サウセドは、左の使い方が多彩で、右のストレートの当て勘がいいですね。

ただ、時折ザッパビーニャの大振りのパンチを無造作にもらい、ガードの甘さが気になります。

3ラウンドにペースを変えようと、ザッパビーニャが手数を増やしプレッシャーを強めてきます。

しかし、強引に大振りのパンチを振り回したときに、サウセドの右フックがカウンターでヒットし、ザッパビーニャがダウン。

最初は、ザッパビーニャがパンチを強振しすぎて、バランスを崩して倒れたように見え、スリップかと思いましたが、サウセドがタイミングよく右フックを合わせていました。

(強振するザッパビーニャの右フックに合わせて、サウセドが右フックをカウンターでヒット)

立ってきたザッパビーニャは、かなりダメージがあるようです。

サウセドが連打で追撃しますが、ザッパビーニャも必死応戦してきます。

ラウンド終盤は、ザッパビーニャがサウセドをロープに詰めて、連打を浴びせます。

ザッパビーニャが猛反撃

4ラウンドに、ザッパビーニャの右フックがサウセドの顎をとらえ、さらに返しの左フックでサウセドが大きく体勢を崩して、ロープ際まで下がります。

(ザッパビーニャの、この右フックは効きましたね。さらに返しの左フックもヒット)

ここから、ザッパビーニャの猛攻が始まります。

サウセドも必死の応戦しますが、ザッパビーニャのパンチを何度ももらい、腰を落とします。

サウセドはかなり効いているようです。身体がぐらぐらしていますよ。全勝ホープが大ピンチです。

ザッパビーニャの手数は止まりません。

ただ、お互いのパンチで顔面が血だらけ。特にザッパビーニャの出血がひどいですね。左目の腫れもひどい。

激しい流血戦の模様を呈していましたね。

とにかく、サウセドはこの回を何とかしのぎ切りました。

ザッパビーニャが失速

4ラウンドはほぼ3分間休まずパンチを放ったザッパビーニャ。さすがに5ラウンドは失速します。

一方のサウセドは、左ジャブを突いて、立て直しを図ります。

そして、手数の減ったザッパビーニャにワンツーを打ち込みます。

激しい出血のザッパビーニャは、ひたすらスタミナの回復に努めます。

 

ザッパビーニャの出血がひどく、6ラウンド開始と7ラウンド開始に、ドクターのチェックが入りました。

サウセドも、右目じりからの出血は止まっていません。

サウセドは、距離をキープし、ワンツーをヒット。コーナーに詰めて連打を浴びせますが、ザッパビーニャの打ち終わりの大きなパンチを経過し、深追いはしません。

7ラウンドは、もういつ止められてもおかしくないほど、ザッパビーニャの出血がひどくなってきます。

そして、ザッパビーニャのセコンドからギブアップのサインが出て、流血戦に終止符が打たれました。

7ラウンドTKO勝ちで、サウセドが全勝をキープし、WBOインナーナショナルタイトルを獲得しました。

 

ザッパビーニャは、勝負に出た4ラウンドにダウン寸前まで追いつめながら、倒し切れなかったのが痛かったですね。

勝ったサウセドは、WBO王者のモーリス・フッカーに挑戦するようです。

しかし、この日のサウセドはガードの甘さが目につきました。これは世界を狙う上では、致命傷となるかもしれません。ボディワークでパンチを殺す技術がないですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)