ボクシング観戦記(海外編)

手が付けられない破壊力だが、私生活でも破壊力を発揮 ジャーボンテイ・デービス VSウーゴ・ルイス

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSウーゴ・ルイス(メキシコ)

(出典:WOWOW)

WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年2月9日)

デービスは、20戦全勝19KO、24歳。

フロイド・メィウエザーの秘蔵っ子として有名です。しかし、この男、悪童エイドリアン・ブローナーより危険かもしれません。今回も前日計量をクリアするのにかなり苦労したようですし、リング外でも大あばれで、昨年9月にまたも喧嘩で逮捕されていました。

ルイスは、43戦39勝33KO4敗、32歳。WBA9位。

亀田興毅さんや長谷川穂積さんと対戦し、日本でもおなじみの選手です。

この試合、本来はデービスVSアブネル・マレスの予定でしたが、マレスのけがのため、急きょルイスに白羽の矢が立ちました。しかし、ルイスは、1月19日に試合をしたばっかりで、わずか3週間のインターバルで、しかも1階級上げて戦うことになった次第です。ちょっとルイスには気の毒なマッチメイクですね。

ルイスは蛇に睨まれた蛙

ルイスは、バンタム級から上がってきた選手ですが、体格はむしろデービスよりガッチリしているように見えます。身長も約10㎝高いですね。

しかし、開始早々、小柄な方のデービスが右ジャブを突いて前に出て、プレッシャーをかけます。ルイスは下がりながら、何とか距離をとろうとしますが、デービスのプレッシャーが強くて、ほとんど手が出せません。

デービスの打ち終わりのパンチが速いので、ルイスはうかつにパンチを放てず、すぐにロープに詰まってしまいます。そしてそこへ、デービスの強烈なパンチが飛んできます。

ルイスはまるで「蛇に睨まれた蛙」状態で、全く何もできないままですが、それでも何とか初回を乗り切るかと思われました。

デービスの強烈な右フック

しかし、1ラウンド終了間際に、デービスの左がヒットし、ルイスはコーナーに詰まります。続くデービスの左は何とかディフェンスしたものの、返しの右フックがルイスのガードの隙間をこじ開け、顔面を打ち抜きます。この右フックは強烈でしたね。

(デービスの左ストレートでルイスはコーナーに詰まります)
(続く左は何とかガードしましたが)
(返しの右フックがガードをこじ開け、ルイスの顔面を打ち抜きます)
(少し間があってから、ルイスが自ら膝をつきダウン)

やや間があって、ルイスは自ら膝をつきダウン。鼻からの出血がひどく、立ってきたもののカウントの途中でレフリーが試合をストップしました。

ルイスの調整不足もあるでしょうが、力量差が歴然としていましたね。長谷川穂積さんを苦しめたルイスが、まったく何もできずに倒されてしまいました。

実況アナウンサーの「デービスがこれからさらに飛躍するには」の質問に、解説の浜田剛史さんが一言「私生活」

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)