エロール・スペンスが全勝の挑戦者を瞬殺「もうちょっと見せてよ~」VSカルロス・オカンポ

エロール・スペンス(アメリカ)VSカルロス・オカンポ(メキシコ)

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2018年6月16日)

スペンスは、23戦全勝20KO、28歳のサウスポー。

中量級のスーパースター候補として注目され、PFP(パウンドフォーパウンド)でも、常にランキングに名を連ねるようになりました。

オカンポは、22戦全勝13KO、22歳。IBF3位。こちらも全勝です。ただ、名のあるボクサーとの対戦は皆無です。

一応、全勝対決ですが、その中身には大きな隔たりがありそうですね。

あっけない幕切れ

リーチの長いオカンポは、かなり懐が深そうです。

スペンスは、右ジャブで距離を図り、徐々にその間合いを詰めていきます。

まずはボディから攻略にかかります。

ただ、強引にボディブローを放つ際に、オカンポのパンチを不用意に被弾するのが、どうも気になります。

しかし、そんなことはお構いなく、スペンスは距離を詰め、ボディを攻め立てます。

そして、ラウンド終了間際に、ややローブロー気味のボディアッパーがオカンポをとらえ、ロープに詰まったところで右ボディアッパーがみぞおちにヒット。返しの右ボディブローでオカンポはあっさりダウンします。

(このボディアッパーはちょっと低いですね)

(ロープに詰めての左ボディアッパーは見事にみぞおちをとらえ、返しの右フックがオカンポのわき腹にヒット)

(しゃがみ込むように前のめりにダウン。カエルのようにもがきながらも立ち上がれません)

カエルのようにしゃがみ込んだオカンポは、そのままカウントアウトされました。

みぞおちをえぐったボディアッパーは、かなり強烈だったとは思いますが、仮にも全勝の世界3位ですから、もう少しボディブローへの対策がほしかったと思います。

とにかく、もうちょっとスペンスのパフォーマンスを見たかったですね。3分はあまりにも短すぎますよ。

 

余談ですが、ボクシングマガジン誌8月号の杉浦大介さんの記事で、

”オカンポはあまりにも「役不足」であると指摘する声は戦前から多かった”

という記述がありましたが、この場合の「役不足」という言葉の使い方は間違いですね。

”役不足とは……力量に比べて、役目が不相応に軽いこと。”
 
という意味が正解ですので、この使い方は全く逆になります。
この場合は、素直に「力不足」でいいと思います。
7月号の藤本京太郎の記事でも、丸山幸一さんが同様の間違いをしています。
 
 
話が逸れましたが、確かにオカンポはスペンスの相手としては、あまりにも「力不足」でしたね。
 
ウェルター級のチャンピオンの中でも、もっとも攻撃型のスペンスは、不用意なパンチをもらう危険性をはらんでいますが、ボクサーとしての魅力はピカイチだと思います。

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)