速報)アンソニー・ジョシュアがアウトボクシングに徹し、大差判定でリベンジ! VSアンディ・ルイス・ジュニア(12月8日WOWOWで生中継)

アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)VSアンソニー・ジョシュア(イギリス)

(出典:WOWOW)

WBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級タイトルマッチ(2019年12月7日・サウジアラビア)

ルイスは、34戦33勝22KO1敗、30歳。188㎝。

ジョシュアは、23戦22勝21KO1敗、30歳。198㎝。

リベンジなるか

朝の4時は、きついですね~「わしボク」には無理です。ネットニュースを一切見ないで、WOWOWの録画を再生しようと思っています。

ルイスVSジョシュアの第一戦は、「今年ナンバーワンの番狂わせ」と言って間違いないと思います。今回の焦点は何と言っても、ジョシュアのリベンジなるか!ということに尽きるでしょうね。

今度は油断しない

ジョシュアは、ヘビー級ナンバーワンと言われていましたが、ウラジミール・クリチコにダウンを奪われ、ジョセフ・パーカーに判定まで粘られ、やや評価を落としていました。

しかし、代役の「愛嬌のある体型をした」ルイスに負けるとは、誰も予想しなかったでしょうね。ジョシュアに油断があったことは、間違いありません。2003年にウラジミール・クリチコが、コーリー・サンダース戦で自滅して、TKO負けした試合によく似ていると思います。ダウンを奪った後、強引に倒しに行って、ガス欠を起こして逆転負けしてしまいました。

恐らく、ジョシュアは左ジャブを突いて距離をとり、ポイントアウトする作戦を取るでしょうね。スタミナ配分に細心の注意を払い、ジョセフ・パーカー戦のような試合展開にしようと思っているはずです。さて、ルイスはどうするのでしょうか。

ルイスのスピードは侮れない

ルイスは体型に似合わず、パンチにスピードがあります。ジャブの突き合いでも、それ程引けをとらないような気がします。中盤辺りから乱戦に持ち込んで、ジョシュアのスタミナ切れを待ち、一気に勝負に出ることが出来るか、が勝敗のカギになるでしょう。

実際、ルイス有利とコメントするボクシング関係者は、少なくありません。脆さを露呈したジョシュアが、冷静なボクシングをすれば、リベンジも可能ですが、パワーともろ刃の剣の脆さをどう克服するか、かなり疑問ですね。

試合経過)

両選手の前日計量は、ルイスが前回から7キロ増えて、128、68キロ、ジョシュアは5キロ減って、107、5キロでした。その差なんと21キロ。

1R)ルイスが左目をカット

ジョシュアは左ジャブを突いて距離をとります。もはやボクサーの体型を逸脱しているように見えるルイスが、前に出てプレッシャーをかけます。

ラウンド終盤、ジョシュアの右ストレートで、ルイスが左目をカットしました。

2R)ジョシュアもカット

ジョシュアは慎重に距離をとります。ルイスの左ジャブは速いですね。ルイスがさらにプレッシャーを強めました。しかし、ジョシュアの右ストレートで、ルイスの目から出血。どうやらジョシュアも左目をカットしたようです。

3R)ジョシュアの距離

ルイスがガンガン前に出ます。ジョシュアは慎重に距離をとります。しかし、ルイスも距離が遠いため、手数は少ないですね。ジョシュアは、自分のパンチだけが当たる距離をキープしています。

4R)ルイスのパンチがなかなか届かない

予想通り、ジョシュアが距離をとって、安全に戦っています。ジョシュアの左ジャブはヒットしますが、ルイスのパンチは届きません。このラウンドもお互いに手数が少ないですね。終盤、ルイスの右フックがヒットし、ジョシュアの動きが止まりました。

5R)ルイスがプレッシャーを強める

ルイスがプレッシャーを強めてきました。やや距離が近くなってきた感じがします。ジョシュアはルイスの打ち終わりに、右ストレートを放ちます。ルイスはなかなか射程圏内に入れません。

6R)ジョシュアの力みが取れてきた

前に出るルイスに対して、ジョシュアもシャープな右ストレートを放ちます。やや力みが取れてきた感じがします。左ジャブもスムーズです。2分過ぎ、ジョシュアの左フックがルイスの顎をとらえました。

7R)ジョシュアがクリンチ逃げる

ルイスはもう前に出るしかありません。ジョシュアは下がりながら、軽いワンツーで距離をキープします。

2分過ぎ、少し距離が少し近くなり、お互いのパンチが交錯します。しかし、危険を回避するため、ジョシュアはクリンチで逃げます。

8R)やや距離が近くなったが

やや足が止まり出したジョシュアは、クリンチで逃げるシーンが多くなってきました。距離は近くなってきましたね。ルイスが左右のパンチを放って、ジョシュアを追いつめます。徐々にルイスのパンチがヒットし出しましたよ。

9R)打ち合いを避けるジョシュア

打ち合ったら、ルイスのパンチの方が破壊力がありそうです。ジョシュアはやや押され気味になってきました。ジョシュアは、明らかに打ち合を避けていますね。終盤、ジョシュアが軽いワンツーをヒットしましたが、ルイスも応戦。最後のオーバーハンドのパンチは、ヒットしませんでしたが、危ないシーンでした。

10R)ルイスが必死で追いかける

ルイスのパンチは、まだスピードがありますね。ジョシュアは逃切り体制に入った感じです。軽い左ジャブを突いて、とにかく距離をとります。ルイスは必死で追いかけます。

11R)ジョシュアは逃切り体勢

さあ、ルイスが強引に前に出ます。ジョシュアは、とにかく距離をキープすることに専念しています。ロープに詰まれば、クリンチで逃げます。少しでも距離が詰まれば、ルイスのパンチが飛んできます。ジョシュアのこんなボクシングは見たくありませんね。

12R)逃げ回るジョシュア

ルイスが強引に前に出てパンチを放ちます。ジョシュアは左ジャブを突いいて、とにかく距離をとります。もうジョシュアは、完全に逃げ回っている感じですね。最後までかみ合わないボクシングに終始しました。

判定は、3-0(118-110、118-110、119-109)の大差で、ジョシュアがリベンジに成功しました。しかし、残念な展開でした。

No tags for this post.

4 Comments

チャンピオンになり金が入って弱くなる人、逆にスパーリングパートナーにお金を使って強くなる人、アンディーがどっちなのかは分かりませんが、試合の行方はアンディー次第だと思います。

距離を取る展開はつまらないので止めてほしい。やっぱりヘビーは打ち合わないと!

One Night: Joshua vs. Ruiz
https://www.youtube.com/watch?v=k9ZcXVnmWxQ
見ました? タイソン、スタローンなどの解説有りで結構面白いです

返信する
わしボク

jさん、One Night: Joshua vs. Ruizは、英語の苦手な私にも楽しめました。
ルイスは、ジェームス・ダグラスの二の舞にならないように、十分注意していると思いますよ。

返信する

アンディー7キロ増しw
駄目だ、このメキシカンwww
今日勝てばfighter of the yearも受賞できたかもしれないのに、何やってんだがw
前日にアンディーのKO負けした夢を見て、ワクワクしながら試合を見ましたが、わしボクさんの予想通りの距離を取る残念な展開。そしてそのまま終了。
この試合に勝者はいないと思います。

返信する
わしボク

jさん、ジョシュアが勝つにはこの方法しかありません。それにしてもルイスは無策でしたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)